多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Ruth Fielding of the Red Mill; Or, Jasper Parloe's Secret
販売元: Hardpress Publishing
発売日: 2016-06-21
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 2,696円 [定価:¥ 2,690]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 174ページ

多読国民のレビュー

全件1 人読んだ1 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/12/11 By 905 (評価:-- / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:42,462)
その後、全30作にもなるロングランのRuth Fieldingシリーズの第1作。1913年発表。Alice B. Emersonの名のもと3人の著者が書き連ね、今も続くNancy Drewシリーズなど人気作品の範となったらしい。23作目以降をぼくの好きなMildred. A. Wirtが書いてると知って、(それが見つからなかったので)わざわざ1作目から読んでみたけど、この先しばらく楽しめそうな予感がする。

物語は、両親を失くした主人公Ruthが、見たこともない大叔父さんのもとにもらわれることになって一人列車に揺られるところから始まる。ケチで無愛想な変わり者として知られるおじさんとはとても上手くやっていけそうにないが、偶然できたわずかな友達や同居のおばあさんの優しさのおかげで、辛い思いをしつつも何とかやっていくRuth。物語が進むにつれ、鬼のように思っていたおじさんとも徐々に打ち解け、親友と同じ寄宿学校に行かせてもらえることに。以降、次作に続く。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ