多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

ぶーさーさーさんのマイページ

ぶーさーさーさんの基本情報

国民No2509
称号 タドキング (サンクスメダル x 64)
多読開始日2014年01月20日 (開始日から2,676日経過)
サイト
読んだ冊数 840冊 (多読839冊+その他1冊

多読状況

総語数31,883,205語平均語数/1冊37,956.2語語数/1日11,914.5語
総ページ数150,665P平均ページ数/1冊179.4Pページ数/1日56.3P

ユーザ特性

平均評価3.4評価なし(2) | 評価1(9) | 評価2(120) | 評価3(342) | 評価4(258) | 評価5(109)
平均YL4.10(44) | 1(76) | 2(121) | 3(182) | 4(132) | 5(73) | 6(152) | 7(56) | 8(4) | 9(0)
ぶーさーさーさんの多読への意気込み
2021年1月で、英語多読を始めて満7年となります。「継続は力なり」を実感すると共に、はげみとなった多読王国に感謝。何かの参考になるかもと、読んだ本の感想は(5年前からは)必ず書く様にしています。(ボケ防止と言った方が・・。)

2014年1月、66歳の誕生日から英語多読を開始。
自由に出来る時間はいくらでも有るので、何か楽しい事をと考えた結果が、「好きな小説が英語原語で読める様になろう」でした。(年寄りで何を今更・・・、もし1年後に死んだら努力が無駄に・・、との不毛な思いが何度もよぎったのはさておいて。)
語彙力・英語力がないので、「多読」のサイトを参考に、レベル(YL)0から絵本・児童書・Bookworms 等を中心に少しずつレベルを上げていき、約2年間、総語数1000万語でようやくレベル6程度の本が読めるようになり、その後あまりレベルは気にしない様になってきました。(某大学図書館で、貸出不可のBookwormsを毎日毎日読んでいたのは私です。)

ーー良かった事ーー
○ペーパーバックを気軽に読めるようになった。翻訳者の技量・癖に左右される翻訳でなく、英書をそのまま読めるって素晴らしい。読みたい本が豊富にある英書・・、楽しみは際限なく続く。
○多読が「やりたいこと」に追加になったので、時間に余裕がなくなり、結果、おバカなTVは見なくなった。

ーー何が変わったか?ーー
○英語を意識せず英語のままで頭に入るようになった。又、文の途中で先が予測できる様になり、文全体をサ~と言うか、ズンズンズンズンと流す様に読めるようになった。
○ヒアリング力は、殆ど伸びてない・・と思う。
 「読んで判らないものは、聞いても判るはずがない」がまずは真理、では「読んで判るものは、聞いて判るか?」の答えは「聞く訓練をしないと只の雑音」。 その内、多聴に挑戦して見ようかとも思うが、当面は読書を楽しむことに専念。

ーー多読のやり方について思うこと。ーー
英語のままで頭に入るようにするには、「多読3原則」は有効だと思う。
 只、ある程度のレベル(4とか5)までくると、一番の問題はボキャブラリー!
「多読3原則」では、「辞書は引かない」とありますが、「多読を続けていて、辞書を引かずにボキャブラリーは増えるか?」については、(私の場合は)答えは「増えない!。」
又、読むレベルについては、1ページに未知語が5つまで位の本が多読に適していると言われますが、ボキャブラリーは増えていかないので、読むレベルをいつまでも上げれないというジレンマに陥ります。
ネットでは、多読を続けると自然とボキャブラリーは増えると言われる人もいますが、私の場合、これを一先ず信じて800万語くらいまで辞書を引かずに多読をやってみましたが、想像・予測で判る類の未知語は少なく、「辞書を引かずにボキャブラリーが増える」説は、私の中では崩壊しました。
増えるという人は多分多読と別の所で何かの努力をされてるのでは?と感じます。
もしくは、私が高齢で頭が柔軟でないのか、又は、「読む・聞く・喋る」を総合的にやっていないからなのか、・・・。(増えると言う方を疑っているわけではありません。でも何かおもてに現れていない要素がある気がします。)
で、「辞書は引かない」は、「英語のままで頭に入るようになる」段階になれば有効ではない気がします。「辞書」は手段であって「楽しく英書を読む」のが私の目的、手段は状況に合わせて変えればいい。

よって、今私の多読3原則は、以下となりました。
1,判らない単語・文脈及び発音は、片っ端から辞書引きまくる。
 (覚える努力はしない。何回もでてくれば、その内覚える・・・。きっと・・。多分・・。)
2,読むスピードは気にしない。現在、100語~160語/分程度(辞書引く時間込み)と遅いが、それでも楽しい。
3,面白くなければ止める。

なお、以下の理由により、読書は紙の本からkindleへ完全移行しました。
①本の字が小さい。kindleはフォント・サイズが可変(老眼対策)
②ブルーライト対策(ipad,PCで長く読むと頭が痛くなる)
③辞書引きまくりには、kindleはとてつもなく便利で早い。

ぶーさーさーさんの読書記録一覧(最新10件)

Noタイトル 分類YL語数読了日
840The Guest List: From the author of The Hunting Party, the No.1 Sunday Times bestseller and prize winning mystery thriller in 2021 (English Edition) 3CS7.3 92,0182021/05/11
839Life or Death (English Edition) 5CS7.2 110,5262021/05/06
838When Marnie Was There (Essential Modern Classics) 5HU6.0 58,1712021/05/03
837Dead Woman Walking (English Edition) 3CS6.5 99,1862021/04/29
836My Sister's Grave (Tracy Crosswhite Book 1) (English Edition) 5CS7.0 102,8372021/04/24
835An Air That Kills 5FI6.5 66,8902021/04/19
8341st to Die (Women's Murder Club) (English Edition) 3CS6.8 82,9362021/04/16
833How to Stop Time (English Edition) 3FI6.5 88,1842021/04/10
832The Black Book (A Black Book Thriller 1) (English Edition) 5CS6.5 99,3742021/01/31
831The Silver Linings Playbook (film tie-in) 4FI6.3 77,2462021/01/28

本棚 (最新6冊)

The Guest List: From the author of The Hunting Party, the No.1 Sunday Times bestseller and prize winning mystery thriller in 2021 (English Edition)
The Guest ...
1 users
Life or Death (English Edition)
Life or De...
1 users
When Marnie Was There (Essential Modern Classics)
When Marni...
10 users
Dead Woman Walking (English Edition)
Dead Woman...
1 users
My Sister's Grave (Tracy Crosswhite Book 1) (English Edition)
My Sister'...
9 users
An Air That Kills
An Air Tha...
1 users

読書中の本

読みたい本リスト

The Memory of Eva Ryker: A Novel (English Edition)
The Memory...
1 users
Through a Glass, Darkly: Dr. Basil Willing Investigates (Crime Classics)
Through a ...
1 users
The Keeper of Lost Causes: The First Department Q Novel (Department Q Series Book 1) (English Edition)
The Keeper...
1 users
Kindred
Kindred
11 users
I Still Dream About You: A Novel (English Edition)
I Still Dr...
1 users
Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe: A Novel
Fried Gree...
1 users
The Red Book (Black Book Series) (English Edition)
The Red Bo...
1 users
The Girl Who Played With Fire (Millennium Series)
The Girl W...
7 users
We Have Always Lived in the Castle (Penguin Modern Classics)
We Have Al...
2 users
The Crime Trade (Tina Boyd)
The Crime ...
1 users

積読中の本

このページの先頭へ