多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Eleanor Oliphant is Completely Fine: Debut Sunday Times Bestseller and Costa First Novel Book Award winner 2017
販売元: HarperCollins
発売日: 2017-05-18
種別: Kindle Edition with Audio/Video
ページ数: 383ページ

多読国民のレビュー

全件3 人読んだ1 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/06/15 By シュバババン (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.0 / 語数:102,300)
・難易度 一人称の視点なので読みやすい。主人公がクロスワード好きという設定なので難しい単語はパラパラあるが、構文は簡単なので読み飛ばしても理解できる。
・あらすじ 30歳、デザイン会社勤務のエレノアオリファントは幼少期に母親に虐待されて育った。10歳の時に母が関係する事件で顔に火傷をおって、母親とは離れ離れになり里子に出される。四角四面で他人の気持ちを推し量る能力に乏しいエレノアは、他人と深く関わることなく自立して生きている。そんな時会社の同僚レイモンドと偶然、帰宅途中で突然出くわした転倒した老人を介抱することになる。その後、レイモンド、老人との交流を通して、エレノアは他人との交流の大切さ、意義を発見していく。
・感想 これは名作。何年後かにはfault in our stars、me before youのような「多読のスタンダード」になっているかもしれない。主人公がある体験を通して成長するという正統派のストーリー、最後のどんでん返しなど掴まれる要素はたくさんあるが、何より主人公の性格が魅力的である。結構なコミュ障なのだが、卑屈ではなく、素直に他人の好意に感謝出来る、変わることを恐れず勇敢、たくさんの美点がありトリコになってしまった。野暮ったいがHeart of Goldを持つレイモンドも最高。文句なしにおすすめです。
ぜんだまより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ