多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Breakheart Hill (English Edition)
販売元: Quercus
発売日: 2014-08-14
種別: Kindle版
ページ数: 304ページ

多読国民のレビュー

全件1 人読んだ1 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/12/03 By ぶーさーさー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:6.5 / 語数:84,681)
アメリカ南部、アラバマ州の小さな街の医師として働くBen Wadeが、30年前の高校時代の悲惨な事件を回想する所から話は始まります。
Benの高校に美しい少女Kelli Troyが転校して来る。優等生だが恋には奥手のBen はKelliに恋心を抱くが、学校新聞の発行・編集を通じて友人としての付き合いはあるも、心の内では恋心は狂おしい程燃え上がって行く。
そしてある日、KelliがBreakheart Hillと呼ばれる場所で無残な姿で発見される。一体何が起きたのか・・・・?

話は、30年前と現在が行ったり来たりして、少しずつ何がおきたのかが語られます。ただ30年前と現在が、場所も登場人物も同じであるため(当然年を取り、結婚などもしているが)いまどっちなんだろうと何回か頭が混乱しました。
その間Benがウジウジと悩む心理描写が続き、推理小説というよりも、かなり良くできた青春小説かもと感じました。
英語は平易で読みやすく、若い時の甘酸っぱい思いをもう一度感じてみたい方に特にお薦めです。

あと、かなり終盤で驚くべきことが語られます。自分の眼を疑い何回もその部分・前後を読み返し、予期しない「やられた感」を楽しみました。(その部分がこの小説に必要かどうかは別として)
又、小説本筋とは全く関係無いのですが、「kudzu vines they found tangled around her legs were thick and green」 って場面があります。この kudzuってひょっとするとあの強烈に繁殖力の高い「葛」かなと調べたらその通りでした。1876年にアメリカの万国博覧会(独立百年祭博覧会)に日本から運ばれ、その後異常繁殖し、有害植物ならびに侵略的外来種として指定され、駆除が続けられているそう。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ