多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Brave New World (English Edition)
販売元: Green Light
発売日: 2014-01-02
種別: Kindle版
ページ数: 107ページ

多読国民のレビュー

全件5 人読んだ2 人読書中0 人興味0 人積読3 人
コメントなしも表示する
2018/02/12 By eradist (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:7.0 / 語数:77,600)
8hours5min×160words/min=77600words(Audibleでの概算)

1932年に発表された小説だが、現在もSFの小説やビジネス書に影響を与えていると思われる。未来の世界は徹底的な管理社会で宗教や本などの精神的な営みは制限されており消費社会を営むよう子供の時代から洗脳を受けている。それを象徴するように年号は西暦ではなく、フォード後7世紀の時代の話である。家族は卑しい物とされ、出産は人工的に行われる。階級社会だが、下階級は胎児の段階から知能が発達しないよう化学物質を用いて発達させられ単純労働しかできないことを認識せず、皆が幸せに暮らしている。ソーマという薬を飲めばだれでも嫌なことを忘れ快楽に浸れる。社会に疑問を持った物は社会から人知れず追放される。町の外には昔からの風習を保つ野蛮人が共存しており、事故によりもともとは街の人間である母親から出産したジョンは、街と前時代の風習に葛藤する。男女差などところどころ昔の小説であることを感じさせるところはあるが、1930年の頃から90年近く経った今でも内容が古びていたいのは驚愕。とてもおすすめの小説。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ