多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Nate the Great, San Francisco Detective (English Edition)
販売元: Delacorte Books for Young Readers
発売日: 2013-09-25
種別: Kindle版
ページ数: 80ページ

多読国民のレビュー

全件70 人読んだ66 人読書中1 人興味2 人積読1 人
コメントなしも表示する
2018/11/24 By たいふ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:1.5 / 語数:2,295)
今作ではNateがサンフランシスコへ旅行。ついでに従姉妹のOliviaが手がけている事件を見事に解決します。
別シリーズの主人公との共演ですね。ただし、二人の交流はそれほど書かれていません。そこがちょっと残念ですね。
thanks機能は会員のみ
2018/11/24 By ぴよ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:0.0 / 語数:2,328)
いつも主人公の年齢を忘れがちですが、今回はサンフランシスコ…いくらいとこの家とはいえ少年1人でサンフランシスコかあ…と。
いつもの「ハードボイルドに決めてる愛らしい少年が事件とも言えないような些細なことを紆余曲折をへて解決する」あのローカルな?感じがなかってちょっと異質に感じました。同作者のコラボ作品なんですね。納得。
thanks機能は会員のみ
2018/05/25 By 雪うさぎ (評価:2点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:2,328)
本の造りが可愛らしい。英文は文字が視認しやすい割に本日マクラミンで読んだ本より意外に読みにくい。I,Nate the Greatという読者に向けた一人称が若干イラっとする。ミステリー本としては順当に探すべきところで見つかったよな~という感じがあって消化不良。キャラ読みするシリーズなのかしらん?ただ本の造りはいい。イラストの柔らかさと英語本にしては可愛い側に寄ってるところとか紙の厚さとかっ。
thanks機能は会員のみ
2017/05/23 By rachel (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:2,328)
図書館にあるものを借りているので、読んでいる順番はバラバラです。
ですがどこから読んでも楽しめます。
今回は事件の現場はサンフランスシスコですが、Nateがやるこをはいつも通り。ママに伝言を残して、パンケーキも食べていました。
thanks機能は会員のみ
2016/04/12 By kiyopom (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.0 / 語数:2,328)
Nate the Great の22作目です。
いとこのOliviaを訪ねてサンフランシスコにやってきました。
Oliviaの友人Duncanがなくした『Joke Stew』という本を探します。
『失くした本が見つからなければ世界は終わってしまう』とは、大袈裟な気もしますが。。。
thanks機能は会員のみ
2016/02/19 By Brin0404 (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.2 / 語数:2,328)
無くした本を探すケースで、リムジンで色々移動する、かっこいい感じがします。
thanks機能は会員のみ
2016/01/31 By おっさん (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:1.8 / 語数:2,328)
Nate the Great 3冊目
オトナになっていてびっくりした。
内容は変わらず優しく、楽しく、読みやすい。
結末で「あ、なるほどね」と思えるところが良いですね。
thanks機能は会員のみ
2015/11/18 By michina (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.5 / 語数:2,328)
Duncanくん、本を失くしたくらいで「世界の終わり」とは大袈裟な…
失くした本のタイトル「Joke Stew」が、解決のヒントになりましたね。 巻末にジョークシチューのレシピあり。
thanks機能は会員のみ
2014/12/27 By 茜ちゃん (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.1 / 語数:2,328)
サンフランシスコでリムジンにのるなんてnateくん大人〜!!
いとこのオリビアも探偵さん。いつもお抱え運転手つきリムジンに乗っているって何者?
とそこばかり気になり(笑)
肝心の事件は最後までわかりませんでした。言われたら単純なことなんですけどね。解決するNateくんはやっぱりかっこいい!
ぴよより thanks機能は会員のみ
2014/07/28 By Gray Cat (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:1.5 / 語数:0)
ハードボイルドの名探偵を気取る少年Nate君のシリーズ。
今回はNateと愛犬スラッジが、いとこで、やはり探偵のオリビアを訪ねて
サンフランシスコへ行く。
オリビアの外出中に、「みつけてくれなければ世界が終わる」という切迫した電話が入り、
Nateはオリビアを手伝ってこの時間を解決することにする。
事件の始まりは、サンフランシスコのパンケーキ店だった。
調査に行ったNate君が、事件にまだ起こっているウェイターの様子を見て、
こよなく愛するパンケーキの数々を
食べるのを諦めて店を出てくるのが、なんとも切ない。
初期のシリーズの方が好きだけれど、これはこれで楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2013/07/06 By zoefan1 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:2,228)
Nate the Great シリーズをはじめて読んだ。後半にゴールデンブリッジの説明や市内の名所の簡単な案内がある。優しく読める。
thanks機能は会員のみ
2013/02/04 By Florina (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:2.1 / 語数:2,328)
こちらはNATEも大人になっていてかっこよかったです☆
thanks機能は会員のみ
2013/02/03 By new_be (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:1.5 / 語数:2,328)
奥付にSPECIAL GUEST紹介があり、同作者の別シリーズとのコラボ作だとわかって読み始めた。本作はOlivia Sharpシリーズ1作目「The Pizza Monster」の後日談ともいえる内容なので、可能ならばそちらを先に読んでおくとより楽しめる。
サンフランシスコの空港に現れたNateとSludge。ここで探偵でいとこのOliviaに会う予定。だが彼女は現れず、彼女のお抱え運転手Willieがリムジンで迎えに来ていた。複数の事件を抱え忙しそうなOlivia。Nateはそのうちの一つを手伝うことにした。依頼主はDuncan。
「The Pizza Monster」を読んでいたこともあって楽しく読めた。Nateがいつものメンバー以外の新たな依頼主に振り回される。きっと、NateとOliviaはちょっと変わった依頼主の話で意気投合しているに違いない。今回は二人の絡みがほとんどなかったが、協力して事件解決するような話もこの先あるのだろうか?
thanks機能は会員のみ
2012/02/15 By icetea (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.4 / 語数:2,328)
リムジン、でサンフランなんてかっこいい!
thanks機能は会員のみ
2011/09/05 By 美桜 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:2,328)
いとこの住んでいるサンフランシスコが舞台です。
空港へのお迎えは運転手付リムジンで、捜査もリムで行います。
ネートくんにあんなお金持ちのいとこがいてびっくり。

内容はわかりやすかったのですが、今回は全く謎解きできませんでした。
最後「さすがネートくん 頭いい!!」と思わず言ってしまいました。
答えを聞いてしまえば簡単なコトだったですがゼンゼン気付かなかったです。
thanks機能は会員のみ
2011/02/19 By ran (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:2,328)
Nate the Greatシリーズ22冊目(全25作)

今回はリムジンに乗って行動するという、
ちょっと大人っぽい探偵な行動に出ます。

サンフランシスコのいとこもやっぱり探偵で忙しい様子。
そんな中、一つの案件を手伝うことになるがどうなるか?って感じです。
シリーズ読破したい作品ですね。
ぴよより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ