多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Tale of Johnny Town-Mouse (English Edition)
発売日: 2012-05-17
種別: Kindle版
ページ数: 27ページ

多読国民のレビュー

全件14 人読んだ12 人読書中1 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/12/27 By ぜんだま (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:0.0 / 語数:1,309)
The Tale of Johnny Town-Mouse

ねずみにも都会と田舎で、温度差があるなんて、面白いと思いました。
この本は、ビアトリクス・ポター独特の展開ではなく、先が読めました。

The Tale of Peter Rabbit【読んだ】
The Tale of Squirrel Nutkin
The Tailor of Gloucester
The Tale of Benjamin Bunny
The Tale of Two Bad Mice
The Tale of Mrs Tiggy-Winkle
The Tale of the Pie and the Patty-Pan
The Tale of Mr Jeremy Fisher【読んだ】
The Story of a Fierce Bad Rabbit
The Story of Miss Moppet
The Tale of Tom Kitten
The Tale of Jemima Puddle-Duck【読んだ】
The Tale of Samuel Whiskers or The Roly-Poly Pudding
The Tale of the Flopsy Bunnies
The Tale of Ginger and Pickles
The Tale of Mrs Tittlemouse【読んだ】
The Tale of Timmy Tiptoes
The Tale of Mr Tod
The Tale of Pigling Bland
Appley Dapply’s Nursery Rhymes 【読んだ】
The Tale of Johnny Town-Mouse【読んだ】
Cecily Parsley’s Nursery Rhymes
The Tale of Little Pig Robinson
thanks機能は会員のみ
2013/11/16 By アクア (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:1,309)
ポター版「田舎のねずみと都会のねずみ」。
自分のいる場所から他の世界に行ってみなければ、自分の住む場所のよいところは案外見えないのかもしれません。
thanks機能は会員のみ
2013/02/23 By しろきいろ (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:3.0 / 語数:1,309)
無料のKindle版。挿絵がないのが残念でした…
語彙的にはもともとのお話を知っているのでなんとか読めた感じです。
都会の描写、田舎の描写、ともに知らない単語だらけでしたが、ティミーもジョニーも、
自分の住処をすごく気に入っていて、この上なく満足しているのが伝わってきました。良いお話!
thanks機能は会員のみ
2011/08/23 By びすかどゆ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:3.0 / 語数:1,309)
Project Gutenbergより。
http://www.gutenberg.org/files/15284/15284-h/15284-h.htm

今までのピーターラビットシリーズで一番読みづらく感じましたが、言いたいことはわかりました。
都会がいいか、田舎がいいかは人それぞれですよね。
私もTimmy Willieのように田舎のほうが好きです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ