多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Civil War on Sunday (Magic Tree House Book 21) (English Edition)
著者: Osborne, Mary Pope(著) Sal Murdocca(イラスト)
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2010年06月09日
種別: Kindle版
価格: ¥350
在庫: 今すぐダウンロードできます。
ページ数: 90ページ
1800s: 13位
History & Historical Fiction: 100位
Explore the World: 59位

多読国民のレビュー

全件40 人読んだ40 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/12/16 By ほたて (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,759)
シリーズ中の最高傑作というレビューが多いのもうなずける。引き込まれて、一気に読めた。
thanks機能は会員のみ
2019/09/24 By 雪うさぎ (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,759)
第21作目
新たな試練。キャメロットがピンチだから特別な書付を集めてくれ。
行先はアメリカの内戦である南北戦争。臨場感もあり人間味もありしんみりしました。
結局は皆家族や友人を思っていたんだろうなぁと思うと目から塩水が…
ジャックがテントで未来にはあなたの子孫が弁護士だったり教師だったり大統領になったりして人を支えてるんだといった台詞をかけてあげるシーンが好きです。希望はいいものです。

大学受験には不要だったので高校受験用に覚えた遥か大昔にやった内の残った南北戦争に関する知識が結構悲惨だった。欧州の奴隷制度廃止に従って風当たりが激しくなったこともあり奴隷制度廃止の機運が高まり、北部が奴隷反対、南部が維持したい派。位しか残ってない。単純なお子様時代には何となく北部が善玉っぽく簡単にとらえていた。奴隷制度はダメだと思う。思うが南部反対の理由がプランテーション維持のためってあたりで少し考えてしまった、産業の北部に比べて農業主体の南部に対して安価な労働力(人道的に扱いが間違っているのは重々理解した上で)を失う制度の対価に対する提案はどうなってたのだろう?とか奴隷として参加した人々とそれ以外の人々で扱いが等価だったとは正直どうも考えにくいとか、はだしのゲンの漫画描写でリアルな吐き気を催した身としてはリアルな戦場の傷病者テントで綺麗な病院のお手伝いの様に動けるものだろうかとか、ドラムはトランペットよりも響きそうにないがかなり危険そうな仕事だな、とか戦線はどの辺りなんだろうとか、当時の徴兵制はどんな感じだったのだろうとか色々考えてしまった。
thanks機能は会員のみ
2019/09/15 By ぽっぴん (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.4 / 語数:5,755)
皆さんの感想と同様になりますが、ここまで読んできた本シリーズの中でも最高傑作ではないかと思わされる素晴らしい作品でした。短いストーリーの中に、戦争に関わる考えるべきさまざまな大切なことが盛り込まれています。全体を通して悲しく読み進めること自体が辛い物語ですが、結末は少し救われた想いも感じさせてくれるお話でした。あらゆる人に読んでもらいたい一冊です。
thanks機能は会員のみ
2019/09/10 By ひで@多読の人 (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:5,755)
家に帰ってきて真実を知ったときは驚きだったろう。
クララバートンは初めて知った。アニーの方が知ってるとは予想外。
thanks機能は会員のみ
2019/05/23 By まっきー0121 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,760)
今までで一番読み応えがあった。思わず涙がこぼれそうになった場面がいくつか・・・
リストの一つ目のメモの内容が深い。Drummer boyとかClara Bartonとか知らないことが多くわかった。
thanks機能は会員のみ
2019/01/27 By 梅Q (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,755)
今回は南北戦争の時代へ。
南北戦争によって終わったもの始まったものが意外に多い事に驚いた。
アメリカ人にとって色々な意味で大きな戦争だったのだろう。
thanks機能は会員のみ
2018/02/28 By NANA@英語多読家 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,755)
このシリーズは全体的に好きなお話が多いですが、南北戦争の一端を描いたこの巻は特によかったお話です。献身的な二人に、戦いの厳しさ。そして、ラストまで話の構成といい、内容といい、大好きな作品になりました。
thanks機能は会員のみ
2018/02/07 By おぐりん (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,755)
面白かった。Drummer Boys は兵士を鼓舞するためかと思っていたけど、実は命令を伝える重要な役割だったのね。最後の歌の歌詞は難しい。日本語でも同じか。(約50分で読了。115語/分。1分で250語なんて聞くと気が遠くなる^^;)
thanks機能は会員のみ
2017/03/17 By betao (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.4 / 語数:5,755)
怪我をした人を見てすぐに救いの手を差し伸べられるアニーは偉いと思う。ジャックもなんだかんだ言いながら覚悟を決めたら的確に行動していて、やっぱり伊達に頭脳担当じゃないんだなぁと思った。
thanks機能は会員のみ
2015/08/25 By 空色 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,755)
南北戦争のアメリカが舞台で、いつもよりだうぶシリアス。
Something to follow の内容が深い。
実話に基づくものなんだろうか。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ