多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Anastasia Krupnik (English Edition)
著者: Lois Lowry
販売元: HMH Books for Young Readers
発売日: 1979-10-24
種別: Kindle版
ページ数: 127ページ

多読国民のレビュー

全件11 人読んだ10 人読書中0 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2015/11/20 By ぜんだま (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:4.0 / 語数:21,378)
難しい社会学の本に挫折してしまい、児童書を選んでみました。

主人公のアナスタシアは10歳の女の子。
長年一人っ子でいたせいか、弟の誕生を素直に喜べない。
いろんな経験をして、実際に赤ちゃんを見ると、
「赤ちゃんっていやなものじゃないなー」と家族が増えたのを嬉しく思っている様子でした。
リベラルな両親との会話が面白かった。
ごく普通の小学生の生活ですね。

また難しい本に行き詰まったら、児童書を読んでみよう。
でも、オトナには普通の小説が面白いですよね。
thanks機能は会員のみ
2014/12/14 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:SA / YL:4.0 / 語数:21,378)
10歳の女の子、Anastasiaのおはなしです。
お父さんは詩人で大学の先生、お母さんは芸術家。
Anastasiaは、秘密のノートに”10歳のときにおこったこと”、”好きなもの”、”嫌いなもの”をリストして
いろんなことがあるたびに、書き足したり、削除線をいれたり。。。

授業で、作詩の課題で、落第点の”F"をもらってプライドずたずた。
突然、両親から弟が出来たと言われ猛反発!
痴呆症のおばあちゃんから、会うたびに名前を聞かれ覚えてもらえず。
入所してる介護施設の匂いがきらいでだったり。
そんなおばあちゃんとも接していく中で好きになってきたのに、突然の死。。。
そして、弟の誕生。。。
だんだんと大人になっていくんですね。。。
thanks機能は会員のみ
2013/02/10 By Luckymam (評価:-- / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:21,378)
kindle
thanks機能は会員のみ
2011/08/27 By レモン (評価:3点 / ジャンル:SA / YL:4.2 / 語数:21,378)
10歳のAnastasiaの日常の物語
当然、突拍子もないことを言い出したり、
色々なことを感じたり、ストレートに話したり
10歳くらいの女の子の心情を綴っています。

チャプターによって難しく感じて読みこなせない部分がありました。
...と言うか、読めてはいるんだけれど、内容がイマイチと言うか
とにかく、最近読んだ本の中では内容が薄い感じがします。

痴呆症の高齢のおばあちゃんへの対応や死に向き合ったり、
母親の妊娠で歳の離れた弟か妹ができるのに抵抗があったりと
命に向き合うと言った、内容的には深いテーマも盛り込んでいるんですが
どうも軽いと言うか、さらっと流れてしまったと言うか・・・・
そういった感じを全体に受けました。
thanks機能は会員のみ
2005/11/27 By roco (評価:3点 / ジャンル:SA / YL:4.0 / 語数:21,378)
少しboringな所もあり…
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ