多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

A to Z Mysteries: The Orange Outlaw (English Edition)
著者: Ron Roy
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2009-07-08
種別: Kindle版
ページ数: 96ページ

多読国民のレビュー

全件103 人読んだ100 人読書中0 人興味1 人積読2 人
コメントなしも表示する
2018/11/24 By トリプルアクセル (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,793)
ちょっとひねりがないかなぁ...。
thanks機能は会員のみ
2018/11/16 By 雪うさぎ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,793)
パーティで家を離れている最中に友人から借りたモネの絵が盗まれてしまう。現場にはオレンジの皮が散乱していた。犯人は?


※ネタバレあり



初のAtoZミステリーシリーズ。うーん。ちょっと消化不良感が否めない。
オラウータンは茶色のイメージが強いですが英語だと(アメリカだとかな?)オレンジなんですね。
画像をググったらかなり赤毛の個体もいるっぽい。
児童書に言っても仕方ないけれど、これは子供たちが出て行かなくても警察の捜査で普通に犯人捕まったんじゃないかなーなんて思ってしまう。
thanks機能は会員のみ
2018/10/14 By ぽっぴん (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,793)
現場の状況やストーリー展開から、犯人はわりとすぐに想像がつくのですが、その答えに至るストーリーがよくできていると思いました。最後に犯人を追い詰めるところはちょっとあっさりでしたが、語数的に限界なのかもしれませんね。本シリーズは全体的にそういう印象ですが、英文は分からない単語があるのになぜか読めてしまうという例によって良い感じの本でした。
thanks機能は会員のみ
2018/03/16 By momonga8 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:3.0 / 語数:8,793)
今回はなんだか随分と読みやすかったです。最初からあんまり登場人物増えないからかな?ニューヨークの街中のパーティって、まるでお祭り!展開もテンポよく楽しめました。
最後犯人を追い詰めるくだりがあっさりしすぎててちょっと拍子抜けなところが残念。でも大団円の雰囲気もほのぼのしていて、さて次!って、気分になりました。
thanks機能は会員のみ
2018/03/05 By 梅Q (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:7,493)
ネタバレあり

三人が推理する部分などは面白かったけど、最後に共犯者の自白で終わったのが残念だった。
thanks機能は会員のみ
2018/02/04 By roco (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:7,606)
ご近所が集まって道端でパーティをするblock partyというものを、この本で初めて知りました。
交通規制までかかる大掛かりなものらしいです。
窃盗の手口としては、少し難があるような・・・
thanks機能は会員のみ
2018/01/13 By おぐりん (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,793)
今回も面白かった。絵がいいなあ。これはkindleでは味わえない。
thanks機能は会員のみ
2017/10/10 By riuce (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:3.8 / 語数:8,793)
CDと本で再読
初CDだが、朗読うまいなあ
thanks機能は会員のみ
2017/04/18 By ホムサ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:7,493)
うーん、今の自分にはまだ少し難しいかも。
Block partyというのは初めて知った。
とりあえず犯人がオラウータンなのはわかった。
thanks機能は会員のみ
2016/11/01 By shunsk2017 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,793)
みんなののりもの発見!
thanks機能は会員のみ
2016/07/07 By Miki (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:8,793)
【多聴】51'48"(170wpm)

This was a kids book version of "The Murders in the Rue Morgue".

3章で事件が起こった瞬間に犯人がわかってしまったので、あとはどうやって謎解きするか?だけに集中して聴いた。
細部や一部人の名前の忘れ(コーネリアスとブッカー)があり、どっちだっけ?となったりした。こういうとき紙の本だと秒殺で見返せて便利だけど、音源だと何章だったかも覚えてないから結局聞き返さずに流してしまったりするので、そういう意味で耳読書は同じ本でも難易度があがる。

thanks機能は会員のみ
2016/05/22 By eradist (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:7,564)
久しぶりにフィクション読んだけど、楽しかった。今回は犯人のトリックがよかった。
thanks機能は会員のみ
2015/11/17 By takima (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
楽しく読みました。オレンジ
thanks機能は会員のみ
2015/07/29 By kn (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:7,560)
再読しました。
thanks機能は会員のみ
2015/02/27 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
三人組がまたNew Yorkで大活躍編です♪
犯人の意外性がいいですね。
thanks機能は会員のみ
2014/10/01 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:7,603)
犯人は意外や意外。こういうこともできるんですね。
thanks機能は会員のみ
2014/03/01 By ふにゃ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:7,493)
NYに住むDinkのおじさんの家が舞台です。おじさんは知人からモネの絵を預かりますが、お祭りに出かけているうちに、それが紛失してしまいます。意外なところに犯人がいますよ。★Block party 地区のお祭り
thanks機能は会員のみ
2013/10/25 By penpen (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
今回は犯人が意外でした。
舞台はニューヨークでしたが、いつも通りテンポよく、読みやすいです。
thanks機能は会員のみ
2013/06/13 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
久しぶりにニューヨークのおじさんのところに遊びにやってきた。
やっぱり事件発生w
今回は、展開が早く、犯人が意外。
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:7,849)
読みやすい英語で内容も楽しい
thanks機能は会員のみ
2013/06/07 By Polka (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
Dink, Josh, Ruth Rose の3人行くところ事件あり!名探偵コナンじみてきたかな(笑)。
この手のお話の場合、古今東西を問わず当然こうなっちゃいますけれど、
おじさんもいいかげんにDinkを預かるのがイヤになってるかも(笑)。確か二度目?
でも、もうA〜O(range)ですでに15作目。3人とはすっかり顔なじみで、
小学校を卒業してすでにウン十年の私にとっては、
本を開くたびに旧友と出会えるみたいでとても楽しい。次のThe (P)anda (P)uzzleも楽しみだな。
thanks機能は会員のみ
2013/05/20 By kn (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:7,560)
面白いです。
thanks機能は会員のみ
2013/01/02 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:7,564)
A to Z Mysteriesシリーズの第15巻。今回はJの巻で一度訪れた、ニューヨークのDinkのおじさんの家でのお話。Dinkのおじさんと3人がBlock partyに行っている間に、おじさんの友人から預かっている有名な絵画が何者かに盗まれてしまう。しかも家中オレンジの皮と汁で散乱していた...
読みやすくて面白かったと思います。アメリカではBlock partyというのがあるんですね、初めて知りました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/03 By めねたおたべ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:7,564)
このシリーズを読んでいていいのは、アメリカの習慣など垣間見ることができるところですね。Block partyというのは初耳でした。プロットはちょっと無理大きいか…と思いましたが。
thanks機能は会員のみ
2012/10/25 By ran (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:7,564)
前も一度ニューヨークのDinkのおじさんのところに来てましたよね?

今回は確かにいつもの流れとは違うような感じがしました。
事件が起きるのも早いし、展開的には2時間ドラマサスペンスをページ数の関係で1時間にしたような・・・

シリーズの中でも読みやすく一気に読破できました。
もうOまで来たのですね。Zまで楽しんで読めそうです。
thanks機能は会員のみ
2012/08/04 By マリン (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,143)
Dinkのおじさん、また事件にあっちゃうのかなぁ。と思いつつ読み始めました。NYを訪れ楽しむ3人、おじさんの家に帰ってきたら?!3人の頼もしい推理のやり取りと行動力、グイグイ読み進められました。
thanks機能は会員のみ
2012/01/20 By ema (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,143)
DinkのおじさんのいるNYに再びやってきた3人は、またまた怪事件に出くわす。
Dinkのおじさんが知人から預かった、モネの絵が皆が出かけてる間に盗まれた!
手がかりは、オレンジ色の髪の毛と、部屋に散乱したオレンジのみ。
犯人は誰?犯行の手口は一体!?

いつもと少し違った展開で楽しめました。
相変わらずRuth Rose大活躍で、ラストもほのぼのして今後が楽しみになりました。

A to Zシリーズも今作で15冊目で、まだまたまありますがシリーズ読破したいと思います!
thanks機能は会員のみ
2011/11/05 By j138 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,143)
今回は、もうちょっと長い話にしたかったのでは?とおもわせられる。このページであの内容だと各パーツが若干物足りない感じがする。いつもとはちょっと違うパターンなのもいいです。最後のほうは、ちょっと遊び心もあって楽しめます。
thanks機能は会員のみ
2011/05/21 By No91 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,143)
NewYorkのおじさんの家に遊びにいった3人。おじさんの家の前でBlockPartyなるものが開催され
その間に、おじさんの家からMonetの絵が盗まれます。
おじさんの家は、入口にドアマンがいますし、おじさんの部屋は高層階。
誰が、どうやって?
thanks機能は会員のみ
2011/05/17 By レモン (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,793)
NYに住むDinkのおじさんのところにまたまた3人がお邪魔します。
今回はBlock Partyと化したお祝い気分の街の様子が描写されています。
そんなお祭り騒ぎの中、おじさんの家からモネの絵画が盗まれます。
手がかりはオレンジの皮!!!
3人の推理が始まります。

シリーズの中でもとても読みやすい1冊です。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ