多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

A to Z Mysteries: The Talking T. Rex (English Edition)
著者: Ron Roy
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2009-07-08
種別: Kindle版
ページ数: 96ページ

多読国民のレビュー

全件73 人読んだ71 人読書中0 人興味0 人積読2 人
コメントなしも表示する
2018/11/16 By ぽっぴん (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:9,976)
T. Rex がどんな風に物語に絡んでくるのかと期待して読みましたが、その期待はあまり報われませんでした。ただ、今回は語数が多いこともあるのか、細かな情景描写や登場人物の動作が丁寧に描かれていて非常に読み応えがあり、特に主人公3人のやりとりや細かな振る舞いでニヤリとしたりで楽しめました。終盤の種明かしもいつもより丁寧だった気がします。それにしても、いつも閉じ込められるので、そろそろ閉じ込められる展開は飽きてきました。
thanks機能は会員のみ
2018/04/28 By momonga8 (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:3.5 / 語数:9,976)
恐竜なんて、どんな話?と思ったけど、そんなに無理もなく子供らしい展開。花火の夜の探検なんてワクワクしますよね。
thanks機能は会員のみ
2018/02/05 By おぐりん (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:9.5 / 語数:9,976)
終盤の犯人探しに通じる場面がよく理解できず残念。どうも自分は会話なしの動作だけのシーンが苦手だと再認識。いつか再読したい。
thanks機能は会員のみ
2016/11/28 By はまたけ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:9,976)
着想がユニークです。CDを何度か聞き流し、最後に読んで確認する方法をとりました。登場人物の名前が少しややこしくて、あまり話に集中できなかったのが残念でしたが、面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2016/11/10 By shunsk2017 (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:9,976)
読みごたえあり!
thanks機能は会員のみ
2016/07/16 By Miki (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:9,976)
【多聴】68'47"(145wpm)

この巻は事件現場と場面展開が少ないのでちょっとワクワク感が足りなかったかな。
tyrannosaurus の発音は参考になりましたよ。
thanks機能は会員のみ
2016/03/20 By takima (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
ティラノの模型を使って集めたお金を盗まれてしまいます。
thanks機能は会員のみ
2015/11/04 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:9,976)
A to Z Mysteriesシリーズ第20巻。
今回はNの巻?に登場したJudが登場しますが、読んでからかなり間が空いていたので正直全く覚えていませんでした...
thanks機能は会員のみ
2015/08/23 By NANA@英語多読家 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
地元にやってきたT.Rexの模型。そのイベントで集めたお金がなくなった!?その犯人を追ういつもの3人組ですが…友情物の中でも、少し哀しい展開が待ち受けています。それにしても、前の巻で出てきたキャラぽこぽこと再登場するので、あれ?この人誰だっけ?忘れているな…と思うこともしばしばありました…。
thanks機能は会員のみ
2015/08/13 By kn (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,970)
再読しました。
thanks機能は会員のみ
2014/11/02 By tombonomegane (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
一緒に頑張ろうとしてきた仲間に裏切られるのって辛いですね。。。
そういうところに全然触れないのが、このシリーズのいいところでもあり、物足らないところでもあり・・・です。今回、特に強く感じました。
thanks機能は会員のみ
2014/08/18 By マリン (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:3.5 / 語数:9,976)
前半は私にとっては知らない単語が、いつもより多く感じたけど、ストーリーは追えて一気に読みました。いつもはJOSHが言うこと、私はまた言ってる〜って読みますが、今回はどうでしょう(^O^)
DINKの気持ちを読み取ると、友達思いな感じが満載です。
thanks機能は会員のみ
2014/03/04 By こきま (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
順番に読んでます。いつもと違い犯人がラスト近くまで分からなかった。
今回珍しく?JOSHの感が、大きな手がかりに。
それにしてもこの子達って、しょっちゅう閉じ込められているのは気のせいかしら(笑)?

個人的に、ちょうど100万語達成の本でした。
thanks機能は会員のみ
2014/01/09 By penpen (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)

今回も楽しめました。
犯人がほぼ最後までわかりませんでした。
thanks機能は会員のみ
2013/07/29 By kn (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,970)
面白いです。
伏線に気が付かなくて犯人が最後の方までわかりませんでした。
thanks機能は会員のみ
2013/06/26 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
久しぶりにJudに再開。
ティラノザウルスの大きな模型を持ってやってきた。
イベントの収益金が盗まれる。。。
最後の解決の時のDinkの閃が冴えてるね。
thanks機能は会員のみ
2013/06/22 By roco (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
最近めっきり多読ができなくて…
そんな時のリハビリ本には A to Z !!
いつも値段の安い巻を適当に買って、タイトルにひかれるものを適当に読み始めてしまうので、
登場人物を楽しむというシリーズ物の醍醐味を捨ててしまっていますね(^_^;)
#20の今回登場する "Jud" も、実は N (#14) の巻に出て来た人みたいだし、
やっぱりアルファベット順に読むべきです。
でも、287円の時に買ったこの本も、今では403円…
しばらくは、抜けた巻も買えないな〜
thanks機能は会員のみ
2013/06/15 By かたくのブルーベリー (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:9,973)
読みやすい英語で内容も楽しい
thanks機能は会員のみ
2012/12/04 By ran (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
A to Z MysteriesのTの回、20冊目ですね。あと6冊か・・・

以前にシリーズ中で出てきたキャラクターが今回も登場しますが、
私には下の名前で読んだり、苗字で読んだりするので途中で混同してしまいました。
しかも英語がうまく読み切れてなかったのかトリックもよく分からなかったです。
(2回ぐらい読みなおしても楽しめる構成かもしれません)

このシリーズって、何気に覚えて欲しい英語表現(口語的な)が結構出てくるんですが、
やはり子ども向けの本だから少し教育的な部分もあるのかな?多読にはいいですね^^
thanks機能は会員のみ
2012/04/05 By ema (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:9,976)
Dink達がモンタナの牧場(?)で知り合ったJudが、
ティラノサウルスの模型を持ってGreenLawnにやってきた。

Judはこの模型を改造して、動いたり喋るようにして
あちこちの街でイベントを開いていた。

ところが、この収益金が盗まれてしまい・・・。


犯人は一体誰なのか?

お金は無事戻ってくるのか?


今回は最後にJoshが言ってた作中のヒントに気がつかなくて、
ちょっとしてやられた気分(笑)

犯人が何気に最後までわかりませんでした。
thanks機能は会員のみ
2011/05/30 By No91 (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:9,976)
「Ninth Nugget」で出てきたJudがT.rexを引き連れて再登場。
聞けば、JudはT.rexの動く模型をみんなに見せて、お金を集めて、博物館を開くのだそう。
GreenLawnでも寄付を集めますが、今まで集めた寄付金が、T.rexの中に隠しておいた
にもかかわらず、盗まれてしまいます。

ちょっと切なくなるお話しです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ