多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Among the Hidden (Shadow Children Book 1) (English Edition)
著者: Haddix, Margaret Peterson(著) Nielsen, Cliff(イラスト)
販売元: Simon & Schuster Books for Young Readers
発売日: 2002年06月12日
種別: Kindle版
価格: ¥757
在庫: 今すぐダウンロードできます。
ページ数: 160ページ
Mysteries & Detectives: 13位
People & Places: 5位
Mysteries: 5位

多読国民のレビュー

全件33 人読んだ24 人読書中0 人興味9 人積読0 人
コメントなしも表示する
2021/02/02 By hoopla_fun (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:32,002)
ディストピアもの.3人以上子供をもうけてはいけない世界で生まれた三男のLuke.使われている単語は簡単だけれども,別の意味として使われていることがあった.phrasal verbが多い.

全七巻で,一番面白いのがこの本.
thanks機能は会員のみ
2019/12/21 By マリン (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,170)
Among the Hidden1巻目
食糧不足を懸念して、一家族子供は二人目まで、三人目以降は生むのを禁止されてるが、主人公Lukeはその三人目。人目を避けて窮屈な日々に疑問を持ちながら暮らす日々。ある日いつもと同じように陰ながら外を見ていたら。。。

一回最初を読んで挫折して、時間が経ってからの再読。
YL3あたりをたくさん読んで戻ったからか、少し難しい単語は出てくるものの、前半は何とか読めました。後半から話が急に面白くなってきて、一気に勢いよく読み進められました。
thanks機能は会員のみ
2019/06/18 By a2 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,167)
過度に難しい言い回しは記述されておらず、今の自身のレベルに丁度合う文章構成で次の文章を楽しみにしつつスラスラと読めてしまう。
SVL 6,000語 レベルのボキャビル終了後に読んだため、不明な単語は 1ページ中 2〜5単語程度だった。ただ、これらの不明な単語にはSVL 12,000語 レベルのものもあり、Scribed の辞書機能なしでスラスラ読み進めるのは困難だと感じた。
thanks機能は会員のみ
2017/03/23 By 雪うさぎ (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,170)
shadow children 1巻
生まれた時から3rdとして家族以外に存在を知られたら命がないという意識で生きてきたLukeには仕方ないのですがたまに読みながらもどかしく思ってしまう面もありそこがまた引き込まれます。
近所で出会ったJenあたりから特にそう感じました。それ以前は本当にLukeの境遇に気が塞がれそうになるばかりで彼女が出てきたあたりから話が始まるといった感もある。
終盤はハッとするシーンがあったりかなりドキドキです。
確実に堪能できるであろうスリルある読書を求めて○年ぶりの再読。ざっくりとは記憶にあるせいか前回よりかなり楽。
thanks機能は会員のみ
2016/03/26 By tomodad (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.5 / 語数:32,170)
半年前に読んだのですが、シリーズの続きを読みたくなって、内容の復習をかねて再読しました。
2回目でも面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2016/03/10 By のりりん (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,170)
二度目の挑戦で読了。

一度目は分からない単語が序盤であったため読めませんでしたが、二度目は最初にがんばって読み進めることで読みきれました。分からない単語は何度も出てくるので最初に調べれば中盤からはすらすら読めるかと思います。とてもハラハラする内容で面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2015/09/26 By tomodad (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.5 / 語数:32,170)
高評価に違わぬ傑作だと思います。
ダレンシャンより、ほんの少しやさしめという感じがしました。
thanks機能は会員のみ
2015/09/15 By りょお☆ (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,170)
全7巻の1巻目。
食糧不足への懸念から、人口抑制の為に3人以上の子を持つことを禁じられた社会。
主人公の少年Lukeは3番目の子ども。
学校に行くこと、外で遊ぶことはおろか、
窓から姿を見られてはいけないという理由で家族と食卓を囲むこともできない。
そんなLukeがある時近所に3番目の子がいるのを見つける。

見つかってはいけないという緊迫した状況、どきどきします。
ふと我に返った時、普通に生活できることの有り難さを感じます。

多読初級で高評価のこの作品。一つの章が短いのも読みやすさの一つかも。
先の展開が楽しみ。
雪うさぎより thanks機能は会員のみ
2014/03/14 By mah (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:32,170)
内容的にとても暗いお話でした。
でも展開が面白くストーリーに惹きつけられ一気に読みきる事が出来ました。
早く続きが読みたいです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ