多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

トロイ戦争 The Trojan War (ラダーシリーズ Level 4)
販売元: IBCパブリッシング
発売日: 2005-07-26
種別: 単行本(ソフトカバー)
ページ数: 64ページ
売り上げランキング: 954065位
シリーズ:Yohan Ladder 4

多読国民のレビュー

全件3 人読んだ3 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/07/31 By .のん (評価:2点 / ジャンル:CL / YL:4.8 / 語数:5,990)
非常に読み難かった。
分からない単語が多かった事も影響しているが、神と人が入り混じっていること、余計な登場人物が多いことも影響して誰が何をしたのかイメージ出来ない事が多かった。
前提として神々の関係が分かっていれば読みやすかったのかもしれない。
thanks機能は会員のみ
2018/05/06 By 空猫 (評価:2点 / ジャンル:CL / YL:5.1 / 語数:5,990)
木馬で有名なトロイア戦争の話。ホメロスの叙事詩「イリアス」に基づいており,神々の介入する虚実入り交じる記述となっていて,歴史ものと思って読むと面食らうかも。神話の部分を除いた歴史の部分だけ残したらどうなるのだろう。
thanks機能は会員のみ
2011/11/21 By ran (評価:3点 / ジャンル:HI / YL:4.0 / 語数:5,990)
ギリシャ神話をかじってみたくてお手軽版、トロイ戦争も読んでみた。
個人的にしっているのはブラッドピットの映画が凄く長くて眠ってしまったことと、
もちろん木馬の話は知っています。

トロイ戦争は架空の話なのか歴史的な話なのか良く知らないのですが、
この物語を読んでいると、神と人が融合していていかにも神話的です。
その為、いきなり神の名前が出てきて浅知恵の私には読みにくかったです。

挑戦してみたものの、英語で読むよりも日本語で読んだ方が楽しめる気がします。
とにかくいろんな人や神が出てくるので相関関係を追うのに必至でした。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ