多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

日本人に足りないネイティブの英単語100: 文脈で覚えるから「使える」「話せる」
販売元: 草思社
発売日: 2013-11-20
種別: 単行本
価格: ¥ 1,620円 [定価:]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 255ページ
売り上げランキング: 78898位

多読国民のレビュー

全件3 人読んだ2 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/10/19 By ソルテ (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:15,000)
家猫として育ったmikuが、野良猫となり、過酷な現実の中であっても仲間とともに強く生き延びる物語。
1chapterごとに、ピックアップした重要英単語の解説がついています。ひとまずそれは無視して、物語だけ読了。猫の物語ときいて、児童書みたいな感じかな?と思っていたら、中々ハードな展開で飽きずに読み進めることができました。takaがお気に入り。
thanks機能は会員のみ
2016/07/31 By ぜんだま (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:4.0 / 語数:15,000)
猫の話を読むのは2作目。
1作目 → http://tadoking.com/book.php?asin=B00LE3LEIY
なので、
猫と言っても、家猫と野良猫では生活スタイルに大きな違いがある。
家猫から野良猫への転換はとても難しい。
ということついては、とても詳しくなりました(笑)

タカは女性(雌猫)にとって魅力的なので、主人公ミクとタカが結ばれると思いきや、、、
最後、タカが目的地にたどり着けなかったのが残念だけど、タカは男としての魅力をを存分に発揮して、
東京で彼のパラダイスを見つけていると信じたいです。

英語は簡単なので、読みやすかったです。
英語レベルとしては、英検2級から準1級くらいかな?
高校生だと少し難しいところがあるかもしれませんが、大学生ならラクに読めるはず!

物語としても、まずまず面白かったのですが、
題名にある通り、この本の目的は「ネイティブがよく使うけれど日本人がなかなか使えない英単語100語を効率的に学ぶ」というものです。
「よく見るなー」「ネイティブの人が好んで使う単語だなー」と思えるものが並んでいました。
挙げられてる100語、知らないものはなかったけど、これらを自分の会話で使いこなすのは難しい。
解説(日本語)で、「○○の変わりに使うとよい」「口語より文章で使う」など、丁寧な説明・例文があり参考になりました。
キーワード100語の単語以外にも日常会話でよく使うセンテンスなどに解説・例文がついています。

100語のリストをトイレに貼って、毎日眺めるようにしています。
付属のCDもあるし、場面を思い出しながら、チャプターで使われてた単語を思い出すようにすれば、定着率が高まるかも?
そして、意識して使うようにして、いつの間にか無意識に使っていたというのが理想♪

*語数は概算です。 1章150語×100で、15,000語としました。
*初めて、ジャンルに「動物/Animal」という区分があるのを知りました。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ