多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)
販売元: 幻冬舎
発売日: 2002-09-27
種別: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 972円 [定価:]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 6040位
シリーズ:Big Fat Cat (BFC BOOKS)(vol.1)

多読国民のレビュー

全件265 人読んだ239 人読書中8 人興味15 人積読8 人
コメントなしも表示する
2017/06/07 By たんさんすい (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.0 / 語数:1,700)
再読。前回は曖昧で飛ばしていた部分もちゃんと理解して読めた。
thanks機能は会員のみ
2017/06/02 By 太陽 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
Big Fat Catシリーズの1巻。
さびれたショッピングモールで焼き菓子屋さんを営むEdと、デブ猫のお話。やっと夢を叶えて小さいながらもお店を手に入れて平和に暮らしていたEdに災難が…。

洋書をほとんど置いていない市の図書館の語学コーナーで発見したので借りてきました。ルビがふってあり慣れるまで少し読みにくかったです。巻末などに単語集として付いていればいいのにと思いました。
英語は読みやすく、あっという間に読み終わりました。続きが気になるのでまた2巻、3巻と借りてきたいと思います。
thanks機能は会員のみ
2017/04/05 By hinatake (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:1,700)
パイ職人エドと太った飼い猫のお話。図書館で借りて読みました。コメディと思って読んだので、突然の展開からの切ないラストがショックでちょっとウルっとしましした。解説、コラムも丁寧で、続きも読んでみたいと思います。
あおより thanks機能は会員のみ
2017/03/25 By とま (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:1,700)
なんとか最後まで読めました.話の続きが気になります.
thanks機能は会員のみ
2017/03/02 By Mako@多読初心者 (評価:5点 / ジャンル:OT / YL:2.1 / 語数:1,778)
いまの自分にはレベルが少し高かったが、自然な英語表現を解説入りで楽しめた。EdとBig fat catがこれからどうなるのか気になるので、続編も読むつもりです。
Mako@多読初心者より thanks機能は会員のみ
2017/02/22 By 山さん (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.0 / 語数:1,700)
面白いと思う
thanks機能は会員のみ
2017/02/21 By k-nack (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.4 / 語数:1,700)
子供向けの話だろうと侮っていたが、ストーリーに惹きこまれた。
英語もとても読みやすい。自分にも英語が読めると思えた。多読への道を開いてくれたという点で★5。
thanks機能は会員のみ
2017/01/26 By gingin (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
面白い
次が読みたくなる
cielより でんでんより thanks機能は会員のみ
2016/12/30 By ciel (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
背景描写が好きなので、巻末のmapを見ながらすぐに読み直した。楽しく読むことができた。
cielより でんでんより thanks機能は会員のみ
2016/12/01 By 10428437 muro (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
意外とすらすら読めてとても面白かった。自分的にこの本のイラストがとても好きだった。とても続きが気になった。
thanks機能は会員のみ
2016/11/15 By でんでん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
ところどころ振られているルビがちょっと目障りな気はするけれど、慣れれば上手に無視して読むことができた。
『英語のおやつ』がイイ!「時制」は理解しているつもりだったけど、理解が深まった。
でんでんより thanks機能は会員のみ
2016/09/22 By 沙羅 (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:1,700)
想像した以上に、物語がすっと入って(分かる)くる!
最後の頁を読み終えて、「え?これで終わり?つづきは?!」……と、思えたので、ホントに上手い(ものがたりも、英文のチョイスも)のだと思う(入門書として)。
再読した時、自分のれべるが上がっているといいなぁ……でも、まず2巻目へ進む!
thanks機能は会員のみ
2016/08/13 By 多読うさぎ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
パイ屋を営むEdと、その太っちょ飼い猫のお話。

どちらかといえば悲しい話なのだけど、物語とイラスト(とても素敵!)に引き込まれて一気に読んでしまいました。

続きもあるようなので、読んでみようと思います。(^_^)
thanks機能は会員のみ
2016/07/15 By とみー (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.0 / 語数:1,700)
大好きなシリーズ。
もう一度読み直します。
thanks機能は会員のみ
2016/06/27 By スバル (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
スラスラと読めた。「英語のおやつ」の内容が素晴らしかった。カラーモード・モノクロモード・セピアモードなど、物語を読む上で重要となる時間設定が良く分かった。 
thanks機能は会員のみ
2016/06/11 By (評価:-- / ジャンル:HU / YL:1.5 / 語数:1,700)
多読一冊め(遡って記録)
難易度の割に読み易かった。
ルビはない方が良かった。
thanks機能は会員のみ
2016/06/05 By マツモミン (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
再読、前よりはわかったように思う。
thanks機能は会員のみ
2016/05/17 By Lamb Chop (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
実質再読です。
解説がついているので、他の人が書いているように、繰り返し読むと良いかもしれないですね。
thanks機能は会員のみ
2016/05/14 By chizuru (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
多読を初めた最初の頃に読んだシリーズ。今回、息子に読ませようと思い、私も再読してみました。この巻は、長い物語のほんの序章。これから、ぐんぐん面白くなっていきます。解説抜きで、物語が1冊になっている巻も発売してくれたらいいのにね。
thanks機能は会員のみ
2016/05/10 By マツモミン (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
面白かった、続きがきになる。
thanks機能は会員のみ
2016/05/05 By りょお☆ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
<多読の初心に返って再読>Life isn't a blueberry pie.It's more like a mustard pie.I've lost everything.寂れた商店街ではあるけれど、平和な日常の一コマ。そこに現れた怪しげな男により、事態は一変。小さな焼き菓子屋の店主、エドの苦難の始まり。難しめの単語の上に日本語で小さく意味が書かれています。早く読もうとすれば気が散る存在(^^;)なので、音読メインで読んでみました。
thanks機能は会員のみ
2016/04/20 By timitti (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.0 / 語数:1,700)
久々に読み直しましたが、楽しめました。次が読みたくなります。
thanks機能は会員のみ
2016/04/12 By calra (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
自然な英語。ゆえにか知らない単語もあった。中学生にはちょっと難しいかな。ストーリーも悲しい感じだし。高校生以上向け。
thanks機能は会員のみ
2016/02/06 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
新しい本をどんどん読むよりも、同じ本を何度も繰り返し深く読み込んだほうが成長が早いといわれておりました。
再読したところ、初めに読んだときよりはより理解できました。
何度も読んでいると、ふとこの物語が英語で書かれていいることを忘れてしまっている瞬間がやってくるはずです。その時こそ、この本との旅は終わりを迎えます。
その時が来るまで何度も読み返そうと思います。
Lamb Chopより thanks機能は会員のみ
2016/02/02 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
Big Fat Cat(BFC)シリーズの第1弾。

不器用だけど心優しいパイ職人の青年エドとわがままでパイ好きのデブネコのお話です。

多読1冊目として選びましたが、スラスラ読めました。
thanks機能は会員のみ
2015/12/13 By かんぽん (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:1.0 / 語数:1,793)
名書と呼ばれるだけある。図書館で借りたけど、購入して何度も読んだほうが良いようです。
thanks機能は会員のみ
2015/11/04 By Eradist (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.8 / 語数:1,796)
ルビはいらないかも。お話は面白い。
thanks機能は会員のみ
2015/09/21 By はと (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,700)
あんまり目立たないけど裏表紙の4コマ漫画も好きです。
thanks機能は会員のみ
2015/08/25 By ノブ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:1.8 / 語数:1,700)
再読です
読み終わって解説読んだら勉強になりますね。
thanks機能は会員のみ
2015/08/08 By うるの (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
読みやすい本だったのであっという間に読み進められました。
thanks機能は会員のみ
2015/07/02 By ちいせん (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:2.0 / 語数:1,700)
主人公が大変な目にあったところで話が終わるので続きが気になります。難しい英単語の上に訳がのっている。中上級の人にはないほうが読みやすいと思う。
thanks機能は会員のみ
2015/06/16 By ノブ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:1.8 / 語数:1,700)
懐かし~
昔昔読みました(^^;)
これしか読んでいないので、続編読みたいと思います。
thanks機能は会員のみ
2015/06/08 By ろぐすけ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.0 / 語数:1,700)
多読挑戦の初本がこれ。所々邦訳があって読みやすいです。
thanks機能は会員のみ
2015/06/07 By まりあ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:1,700)
絵本なのに奥が深いです。表紙のイラストの雰囲気に反してわりとシビアな展開で、でぶネコに癒されるました。ラストの”To be continued”も「ここで終わっちゃうの?」という話の区切り方も、海外ドラマシリーズの最終回みたいです。でも、続きが気になるので時間がかかっても最後まで読もうと思いました。
thanks機能は会員のみ
2015/05/08 By Brin0404 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
猫が大好きです~ ほのぼのしています~
thanks機能は会員のみ
2015/05/06 By まな (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
再読!前よりはすらすらと読めるようになりました。
英文を読むのに少し慣れてくると、ルビが邪魔に感じますね。
ストーリーは好きなのでシリーズ通して読み直したいです。
thanks機能は会員のみ
2015/04/01 By camel (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
前作「世界一簡単な英語の本」からほんのりと続いています。
ハラハラする話の展開に、途切れることなく読み進む事ができました。
続きが気になります。
猫はどっしりとマイペースなので心強いなと。
thanks機能は会員のみ
2015/03/26 By hamichi (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.8 / 語数:1,700)
初めて「英語のまま本を読んで、楽しむことが出来るんだ!」と思ってびっくりしました。
多読をしようと思うきっかけになった本です。

「世界一簡単な~」を読んでいたので、エドとネコのほのぼのした話になるのかなぁと思っていたら、案外エドが大変な目にあっていてハラハラ読み進むことになりました。
thanks機能は会員のみ
2015/03/20 By まるミック (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,807)
初めての英語本でしたので、中々進みませんでしたが、
マスタード入りのパイが出てきたあたりから、気になり始めて、
わからない部分は飛ばして、いっきに読み終えました。
面白かったです。
続きが気になるところです。
thanks機能は会員のみ
2015/02/28 By よっしーのケーキ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
再読です。
今回は、解説もじっくり読んで、印象に残った表現・単語を書き出してみました。
エドの名前、Wishboneが、実際にある骨の部位であることなどを知ることができたのも、よかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/11/25 By McKenzie (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
What's the mustard pie? At the first book, Ed made blueberry pies. Blueberry is sweet and a little sour but delicious. But mustard is ...
thanks機能は会員のみ
2014/09/17 By ゆーたん♥♡ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
お店にやってきた男がこわかった。
thanks機能は会員のみ
2014/08/29 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
絵本もたまには息抜きでいいかも。
でぶ猫も可愛いし。
解説もあるので、多読を初めた頃に読みたかった本です。
thanks機能は会員のみ
2014/08/01 By まっさん (評価:2点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,700)
英語を勉強したての時に読んだ本を再読。
少し簡単すぎるのと、文字数が少なすぎると思う。
これで900円はちょっとコスパが悪いかな~。
あと、「分からない単語は飛ばして」と書いてある割りには、少し難しい単語にルビがふってあるのが、
気になります。
全巻持ってますが、内容はいいですよ。文字数などを考えてのコスパは悪いので、☆2です。
thanks機能は会員のみ
2014/05/22 By れん (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:2.1 / 語数:1,700)
パイ屋さんを舞台にしたほのぼのした話かと思ったら、なかなか厳しい展開が。続きが気になる。
thanks機能は会員のみ
2014/05/14 By しゅがーすぽっと (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:2.0 / 語数:1,700)
ただのほのぼのではない、メリハリのあるお話。太いアイツもかわいいし良かった。
thanks機能は会員のみ
2014/04/13 By _ふみ (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,700)
マスタードパイの処遇についてツッコミを入れたくて仕方ないのだけど、ネタバレになるので我慢します。まあ私程度の英語力でも30分ほどで読み終えてしまえるぐらいの本なので、マスタードパイがどうなったか気になる人は読んでみたらいいと思う。
thanks機能は会員のみ
2014/04/08 By よっしーのケーキ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
「世界一簡単な英語の本」を読んで面白かったので、シリーズを全部読みたくなり、まず、第一話を読みました。続きが楽しみです。
Emmaより thanks機能は会員のみ
2014/02/25 By えりか (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
イラストが可愛く、わかりやすい。
続きがたのしみ。
日本語のルビが無かったら⭐️5
過去形、大過去、used toの使い方がイラスト付きでとても分かりやすく書いてある。
thanks機能は会員のみ
2014/02/05 By aoi (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,944)
多読を始めるきっかけとなった本。再読。
thanks機能は会員のみ
2014/01/23 By ヨツキ (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:1,700)
さびれた商店街に夢だったパイ屋を開いたEd と、食いしん坊のBig Fat Cat のお話。
表紙と冒頭から「ほのぼのした話かなぁ」と予想して読み始めましたが、途中で急展開。

皆さんも書かれているように、悲しいストーリー展開のまま to be continued となってしまいました。
この「この先どうなるのか、続きが読みたい」と思わせる終わらせ方はよく出来てると思います。
thanks機能は会員のみ
2013/12/21 By Eowyn (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
相変わらずイラストが素敵。
to be continued.
thanks機能は会員のみ
2013/12/19 By Eowyn (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
「世界一簡単な英語の本」を読んでBig Fat Catに興味がわいたので購入。
物語は読みやすくイラストも、いい感じでした。
私的には後半解説内の「コーヒーブレーク」のコーナーで日本とアメリカの違いが書かれていて面白かったです。
続きも楽しみ。
thanks機能は会員のみ
2013/12/06 By ハル (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
ストーリーはすごく素敵で、続きがとっても気になる。
イラストも可愛い!

でも時々かかれてる日本語訳がジャマで、英語に浸ることができなかった。
巻末の解説もいらないか、半分くらいでいいので、お値段を下げてほしい・・・
thanks機能は会員のみ
2013/11/15 By お豆さん。 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
読み切ってタイトルのマスタードパイが意味することを知ったら、悲しくなった。
でも、まだまだ物語は始まったばかり。

まとめて一冊で出してくれたら嬉しい作品だなぁ。
thanks機能は会員のみ
2013/09/02 By keight (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
「世界一簡単な英語の本」を読了後すぐに読み始めました。
時々前作を参照する箇所が出てきます。
なかなかシリアスなストーリーですが、FIG FAT CATのふてぶてしさに癒されます。
thanks機能は会員のみ
2013/08/30 By TAO (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,700)
シリーズの2作目、3作目のあと読んでしまったので、サクッと終了。
thanks機能は会員のみ
2013/08/27 By くれあ (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:1,701)
Big Fat Cat(BFC)シリーズの第1作。
ここから、主人公のエドとビッグファットキャットの冒険が始まります。

本の前半は物語、後半は解説、という構成です。
前作「世界一簡単な英語の本」を読まれた方は、解説は読まないで物語部分だけ読むと良いでしょう。

ルビの日本語が、前作よりも邪魔でした・・・。
前作より絵本的(カラー挿絵や後半にまとめられた解説)になってるので、余計気になってしまったのかも。

皆さん言われてる様に不幸な結末ですが、新しいスタートを予感させる終わり方でもあるので
悲しい気持ちにはなりませんでした。
結局マスタード・パイは…?と思いましたが(笑)

1・・・Big Fat Cat and The Mustard Pie(黄)
2・・・Big Fat Cat GOES TO TOWN(赤)
3・・・Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE(青)
4・・・Big Fat Cat AND THE MAGIC PIE SHOP(紫)
5・・・Big Fat Cat vs. MR.JONES(緑)
6・・・Big Fat Cat AND THE FORTUNE COOKIE(オレンジ)
7・・・Big Fat Cat and the Snow of the Century(紺)

※( )内は表紙のメインカラー
thanks機能は会員のみ
2013/07/18 By ようこな (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,700)
あっ!と思う終わり方でした。
英語の学習の息抜きに読むのにちょうどいい本でした。
thanks機能は会員のみ
2013/07/02 By もへ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:1.5 / 語数:1,700)
Big fat catシリーズ1冊目。
私はルビかない方が嬉しいかなぁ、なんて。
thanks機能は会員のみ
2013/06/30 By あるるかん (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:1,700)
ここから始まるEdoとBFCの物語
読み終わってすぐに2巻目に入りたくなる最後…
でも、もう少しYL:1点台を読んでからにする予定

thanks機能は会員のみ
2013/06/27 By あこりん (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
日本語が少々気になる。
音読したら集中できた。
thanks機能は会員のみ
2013/06/13 By ましろ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
続きが気になる、ぐいぐい惹きこまれる読み心地でした。永遠に続くと思われた、他愛もない平和な日常からの展開に思わず前のめり。英語多読初心者にとっては、ルビは優しい助けとなりました。三種類のモード、カラーモード(辞書形+ed)、モノクロモード(had辞書形+ed)、セピアモード(used to辞書形)の違いの説明になるほど。さて、エドはどうなるどうなる。
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.0 / 語数:1,700)
「世界一簡単な英語の本」の流れからパイ職人エドとデブネコのハートウォーミングな物語を想像していたら、いきなりとんでもない展開に。これから続く旅の幕開けには相応しい出だしなのかもしれないけれど、期待を抱きつつも少し複雑な気も…。
英語多読の第一歩目として書かれたというだけあって、読み易く、飽きさせないようにとルビを振ったり独特の解説をつけたりと様々な工夫が施されている。多読に疲れたなと思った時に帰りたくなるような場所でもあると思う、たぶん。
thanks機能は会員のみ
2013/05/19 By Asamin (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
ルビの日本語が目に入るので、他の部分も日本語に訳して理解してしまいそうになります。
ただ、多読のとっかかりにはちょうど良い本かもしれません。
thanks機能は会員のみ
2013/03/20 By ぐー (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
ルビが邪魔。人生思ったようにはいかない。
thanks機能は会員のみ
2013/03/17 By tomo (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
初めてBig Fat Catシリーズを読んだので、ルビが振ってあるのに驚きました。
また、本の前半半分が実際の内容で、後半はその解説になっている、というのも新鮮です。
ルビが振ってあるのはなるべく見ないように、と思いつつ、日本語なのですぐ目に入ってきてしまいます。
なので、前半はスラスラ読めました。
後半の解説も、文法的なものもあったのですが、今まで学校とかでならったものと違って面白いと思います。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/03/02 By elnorte (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
子供向けの本のようですが以外にもシビアなお話。
半分以上が解説ページなので語数は少なく、すぐに読めます。
ところどころのルビは辞書を引きたくなる衝動を抑えられますが 反面 頼ってしまいます。
thanks機能は会員のみ
2013/01/30 By トミーニャ (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:0)
これなら読めるかな?と思える最初の本でした。
thanks機能は会員のみ
2013/01/12 By rachel (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
まさかのto be continued. 英語を勉強していて感じるのは、英語はニュアンスをで捉えないといけないということ。このシリーズはそのことを体感しながら読める本だと思います。この本には私の知らない単語が沢山出てきますが、あえて単語は調べず、ルビを頼りに読んでいます。
thanks機能は会員のみ
2013/01/08 By jun (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
初心者の私でもすらすら読めた。
解説が助かりました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/29 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
昔買った本を引っ張り出して読みました。
Edの悲しいお話で終わります。。。
thanks機能は会員のみ
2012/12/08 By Bucky (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
「洋書読み始めた初心者に最適」と各所で言われている通り、とても初心者に優しい作りになっている。しかし、ルビが邪魔・・・ 頭が英語モードになっている時に、ルビで日本語モードに戻されてしまう(所謂、英語脳の事)
物語自体は楽しめましたし、続きが気になります。人生ってマスタードパイなのかもしれないね?

★図書館で借りて読みました★
thanks機能は会員のみ
2012/11/28 By hideto (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
問題なくスラスラ読めた。世知辛い終わり方なので続きを読みたい。
thanks機能は会員のみ
2012/11/08 By イチゴ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
本の前半に物語が、後半に解説がおさめられています。

主人公のエドが可哀そうなお話。
続きが気になる終わりかたでした。
次も読もうと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/10/26 By めねたおたべ (評価:2点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
ルビは予想外に邪魔でした。このせいでけっこうスピードが落ちました。
thanks機能は会員のみ
2012/10/26 By akio11528 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.1 / 語数:1,700)
多読27冊目。
Big Fat Catシリーズの第1作。

このシリーズは後半の日本語による解説部分もあるので、実質英語で読むのは(今回は)半分以下です。

レベルの割には少し割高かなと思っていたので、
気になっていたものの自分で購入には至らなかったのですが、
今回、とある大学の付属図書館でシリーズ全巻揃っているのを見つけたので読んでみました。

1・・・Big Fat Cat and The Mustard Pie(黄)
2・・・Big Fat Cat GOES TO TOWN(赤)
3・・・Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE(青)
4・・・Big Fat Cat AND THE MAGIC PIE SHOP(紫)
5・・・Big Fat Cat VS. MR.JONES(緑)
6・・・Big Fat Cat AND THE FORTUNE COOKIE(オレンジ)
7・・・Big Fat Cat and the Snow of the Century(紺?)

※( )内は表紙のメインカラーです。

Penguin Readers等と同じく易しい英語で書かれていますが、
個人的に↑はかなり物足りなさを感じたのに対して、
このBig Fat Catシリーズは読後に満足感がありました。
同じくらいのレベルなのに不思議です。
thanks機能は会員のみ
2012/08/15 By Takasi75 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:1,700)
初めて読んだ英語の本。英語で本が読めるんだ。ということにまず感動。ストーリーも面白かったけど、猫が好きなのでおもしろいと思ったのかな?くらいの第一冊目でした。シリーズを読み進めるとストーリーにもはまっていきましたが、まずは英語で書かれた話が読めたこと。これが一番感動できたことでした。
thanks機能は会員のみ
2012/07/26 By リュウ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
BFCシリーズ1作目。

英語で物語を読む というのを楽しいと感じさせてくれた本。

洋書一冊目にはちょうどいいです。

肩の力を抜いて
なんとなく流れをつかめはいいかなという気持ちで
ざっと読み流していいと思います。

適当にルビがふってあり、理解しやすい内容。
挿絵もあるので、それをヒントにも出来ます。

難しすぎる、という場合は
前作「世界一簡単な英語の本」を読み返してみると
より馴染みやすいかと思います。
(実際そうでした笑)

後半はBFC独特の解説で
英文を読むための基礎をわかりやすく説明してくれています。

洋書を読みきる達成感を手軽に味わえる一冊。
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/05/16 By new_be (評価:2点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:1,700)
人によるとは思うけれどルビが邪魔だった。単語の意味が分からなくてもルビは苦手だ。
2作目以降もルビはあるのだろうなぁ。欄外に注釈ならいいのにと思う。
話は不幸に終わるので2作目以降に期待という感じ。
巻末の解説は、いまひとつ分かりにくいところもあるが、なるほどと思うところもある。
「世界一簡単な英語の本」を読んでいる人にはわかりやすいのかもしれない。
1人と1匹を不幸なまま終わらせたくないので2作目以降はその内に読むと思う、多分。
thanks機能は会員のみ
2012/04/28 By yurafun (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:1,700)
多読初心者に読みやすいと評判のBFC。
所々難しい単語もありますが、前後関係がわかりやすいのでさほど気になりませんでした。
しかし文章は簡単なのですが、微妙にシンプルでない感じもあり、読みにくいところもありました。
内容的には他の方も書かれていますが、不幸な感じで悲しくなってしまいました。
このあと一人と一匹は幸せになれるのか!?いや、ぜひなってほしい!!という願いを込めて
続編を読んでいこうと思っています。
thanks機能は会員のみ
2012/01/03 By yukako (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
久しぶりに読み返しました。
最初の1冊に、良いと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/01/01 By dreamdiver (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
内容が短く簡単なためすらすら読めました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/01 By 白昼夢 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
最初の世界一簡単な…は読んでないのですが、大体話の流れでわかりますね。
BFCいい味出してる猫です。
結構単語の意味書いてるからすらすら読めます。本当は解説読むべきなんでしょうが、解説はほぼよまずに単純にお話として楽しみました。
thanks機能は会員のみ
2011/11/02 By かのん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,267)
確かに不幸……(涙)
かわいそうなお話は苦手なんですが、でも、このお話はなんとなく、惹きつけられます。
幸せになってほしいなあ……と思いつつ、次も読んでみようと思います。

読みやすいですが、ときどき、言い回しに、ん??と思うことがあります。
たぶん、今まで読んできたGRみたいに教科書的な文章じゃないからかな……?
より、小説っぽい感じがします。
後ろの文法の説明は、わかりやすい部分もあり、わかりにくい部分もあり。
そこはわかるから、ここを教えて!!というところがスルーされていることが多くて、ちょっと、むず痒い感じもします(笑) 
もう少し、多読を進めてから、読み直してもいいなあ、と思います。
yurafunより santana01より thanks機能は会員のみ
2011/09/27 By sfrtkiyo (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
世界一簡単な英語の本に触発されて、さっそくBFCデビューです。これから文法のおさらいのつもりで、主人公と不幸を分かち合うことにします。それにしてもかわいくない猫だ!
thanks機能は会員のみ
2011/09/26 By レモン (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
不覚にも2巻から読んでいたみたいで
今更の1巻目です。
大分多読を進めてから読んだので日本語ルビはちょっと邪魔な時があります。
このルビに随分と助けられたのに調子がいいと言うかなんと言うか・・・
文章が改めて秀逸だと思います。
挿絵もすごくいい感じだと改めて感じています。
thanks機能は会員のみ
2011/09/13 By flapter (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
内容は短くすぐに読めました。
とにかく続きが気になりますね(笑)
thanks機能は会員のみ
2011/09/07 By ごっち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
物語の始まりにしては衝撃的な場面で終わります。次も読んでねってことかな(笑)。
エドとネコちゃんが一緒に住むようになったきっかけが描かれた前作を読んでおくと、彼らへの愛着が増すと思います。
ちなみに文法説明の部分はダルイので読んでないです。そのうちじっくり読むかな^^;
thanks機能は会員のみ
2011/09/02 By まな (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
読みやすいです。続きが気になる本だと思います。
thanks機能は会員のみ
2011/07/11 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:1,700)
初心に返る意味も含め、BigFatCatシリーズを借りてみた。
行きの通勤電車の中で読破。時間はかからなかったけど、
出てくる単語はちょいちょい難しく感じる。
ルビで日本語がふってあるが、ちょっと邪魔。 。笑。

前作読んだときとイメージが全く違う。。。
なんか不幸な終わり方だったのでこの先が早く読みたい。
エドとBFCにはシアワセになって欲しいなと思うから。
yurafunより thanks機能は会員のみ
2011/06/03 By mari46 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
巻末の時制の説明はなかなか目から鱗でした。
肝心の物語の方は、マスタード・パイのエピソードが全然回収されていない。。。というか、途中から全然別の話になってますが。。。良いのかこれで。
thanks機能は会員のみ
2011/02/23 By しーま (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.0 / 語数:1,700)
中学の時、父からもらった本です。
読まずに本棚に積んどいたのですが、引っ張り出してきました(笑)
割とおもしろかったです。

短くて読みやすいので初めて読むのにぴったりな本だと思います
thanks機能は会員のみ
2011/01/31 By 美月 (評価:2点 / ジャンル:NO / YL:2.0 / 語数:1,700)
洋書を読み始めるにはどれがいいかなぁ~ 
という人にはぜひお勧めしたいです。
後半は文法的な説明ですごく丁寧に書かれてあります。

エドがこの先どうなるのかとっても気になりますが・・・
値段の割には(私には)物足りなかったです。
ranより thanks機能は会員のみ
2010/12/24 By Ayumi N (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,700)
BFCの1巻。
やっと夢を叶えたエドに訪れる災難。
エドはこれからどうするのか気になる結末です。
2~7巻も続けて読もうと思います。

文法解説では「化粧」とか「役者」とかいう言葉で説明していますが、イマイチなじめませんでした。
ranより thanks機能は会員のみ
2006/03/01 By ran (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:1,700)
BFC物語シリーズの第一弾です!
パイ職人のエドとわがままなデブネコの物語の始まりです!

洋書をこれから読んでみたいと思っているで不安な方は
是非このシリーズを読んでみる事をオススメします。

内容は日本人向けしている、挿絵が入っていたり難しい単語には
日本語で意味のルビがふっているので安心です。

英語の物語を読む楽しさを知ることに重点が置かれているので
こういった配慮がされているんですね。

この章は物語の始まり。
エドとビッグファットキャットの冒険の始まりです。
1作目で次が読みたいと思えば、しめたものですね。

物語の後で1文ごとに噛み砕いて説明があります。
この部分は自分は読んでいると疲れてくるので、イマイチ見ていませんね。
でも文法系の話が、普通の教科書や文法書だと分からない方には
分かりやすいと思う方も知るかもしれません。

付録は時制の考え方を、写真に例えて説明しています。
意識しなくても内容は理解できますが、より一層、物語の内容を楽しむことが出来ます。
ranより yurafunより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ