多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Name of the Game is a Kidnapping
販売元: Vertical
発売日: 2017-02-28
種別: ハードカバー
価格: ¥ 2,164円 [定価:¥ 2,660]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 240ページ
売り上げランキング: 103144位

多読国民のレビュー

全件3 人読んだ3 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/01/08 By tomo55477 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:6.0 / 語数:71,008)
元は「ゲームの名は誘拐」のようです。
私の語彙力が低いため、かなり辞書を引きながら読みました(笑)
が、それくらい頑張っても、読み進めたくなるストーリーでした。面白かったです。
昔、この著者の本にはまって、かなりの数読んだんですが、これは読んだことありませんでした。なので、きっと何かどんでん返しが来るだろう、と楽しみにしながら読めたのも良かったんだと思います。

語数はSSSの「単語数の数え方」を使用して算出しました。
(10.9語*32行*234P*0.87=71008)
種別がKindle版になっていますが、実際読んだのは図書館のハードカバーのものです。
ハードカバーの方はなぜか「商品が見つかりません」と表示されて登録できませんでした。
thanks機能は会員のみ
2017/09/26 By yuchesc (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:30,000)
早速2周目。1度目とはまた違う感覚で読めました。終わりの方もより明確に理解できました。
thanks機能は会員のみ
2017/08/23 By yuchesc (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:30,000)
Keigo Higashino作品は毎度とても読みやすいです。
他の作品よりかはインパクトが薄かった感じですが、代わりにすぐもう一度読んでみようと思える作品でした。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ