多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Perks of Being a Wallflower
販売元: Pocket Books
発売日: 2009-02-02
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,270円 [定価:¥ 1,278]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 240ページ
売り上げランキング: 2452位

多読国民のレビュー

全件19 人読んだ12 人読書中0 人興味7 人積読0 人
コメントなしも表示する
2015/06/13 By 2attraction (評価:4点 / ジャンル:SA / YL:6.0 / 語数:66,030)
アメリカの1990年代の高校生のストーリー。
テーマはトラウマとでも言いましょうか…心の闇を抱えている少年の話です。
登場人物の抱えてる問題や人間関係が赤裸々に、しかし淡々と綴られていきます。
ダンスパーティーではいつも壁の花になる様な地味な男の子の高校1~2年の時のお話なのですが、
アメリカが舞台とのことで、青春の爽やか物語にはなりません。
Samという女の子と友達になり、次第に惹かれる様になって、彼女との関係によってトラウマが蘇ります。彼のトラウマの全容は最後に明かされます。
Infinityという言葉が印象的な作品でした。
thanks機能は会員のみ
2014/01/29 By Ysprout (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:62,376)
淡々としたした語りのはなぢでした。主人公が書く手紙を読む形で話が進みます。精神的に幼いからか、英文は少し幼稚な感じ、その分平易になるのでよみやすいです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/03 By sako (評価:4点 / ジャンル:SA / YL:3.0 / 語数:60,438)
携帯もラインもなくて、音楽はテープで聴く時代の青春もの。
映画を観にいく事が決まってから慌てて読みましたが、半分まで読んだ所で映画館へ。
結果として、バックグラウンドは分かるのに、結末は知らないという、最高のシチュエーションが出来ました。

傷つくのが怖くて、傷ついてないふりをする10代の少年たちが切なくて愛おしかった。
どこから生まれてくるかは選べないけれど、ここからどこへ行くかは選べる といったセリフが印象的。

しかしながら、まわりくどい表現をしてるところは、何を言ってるのかサッパリ分からない部分も・・・。
鑑賞後に読んだ所は当然その前より理解度が高く、最初に曖昧にしてた部分をもう一度読み返したいと思いました。

thanks機能は会員のみ
2013/02/08 By chobi (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:60,438)
90年代の青春もの。
感受性が高過ぎて、つらい思いをする主役の少年がよく書けてます。
客観的に周りを見て、自分より他人を先に考えるんだけど、どこか
無関心だったり。
ザ・スミスを好きな辺りもいい感じです。MTV関連作だから、音楽も
ちょこちょこ話されてて、思わず聞きました
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ