多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Don't Let the Pigeon Drive the Bus!
著者: Mo Willems
販売元: Walker Books Ltd
発売日: 2004-07-05
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,043円 [定価:¥ 1,061]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 40ページ
売り上げランキング: 1010位
シリーズ:Caldecott Medal 2000(vol.2004H)

多読国民のレビュー

全件24 人読んだ23 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/11/20 By ももも (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.0 / 語数:125)
子供が幼稚園で借りて来た本。
Monkey barsより thanks機能は会員のみ
2016/02/26 By Miki (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
読み聞かせ練習のための再再読(read aloud)
てっいうかめんどくさいので毎回は登録しないが、実際はもう暗記するくらい、声が枯れる程読んでいる。50回か、100回以上?


Monkey barsより thanks機能は会員のみ
2015/12/25 By Miki (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
読み聞かせ練習のための再読

thanks機能は会員のみ
2015/10/31 By とし (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
話が読者に向かっているという設定がとても楽しいです。
thanks機能は会員のみ
2014/07/01 By magicrose (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:0.5 / 語数:125)
バスを運転してみたいPigeonくん。
野望(?)を実現しようと、あの手この手を使って読者に迫ります。
そんなPigeonくんの必死な姿がなんともかわいいです(^^)
thanks機能は会員のみ
2014/03/28 By KR (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
笑えます(笑)
pigeonがなんとかしてバスを運転しようとしてきます。その表情、動きを楽しむ絵本です。
thanks機能は会員のみ
2014/02/12 By Miki (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
I love this book! It's sooooo freakin' cute!! The pigeon tries to persuade the readers to let him drive the bus this way and that, and the readers(kids) can learn when and what they should say "no" to.
thanks機能は会員のみ
2013/09/29 By アクア (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
とにかく楽しい絵本。
これを読んでマナーは身に着かないと思いますが(笑)
thanks機能は会員のみ
2013/09/10 By tomo (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.2 / 語数:125)
イラストもかわいくて癒されました。
ハトに運転させないでね、って言ってバスの運転手さんがいなくなりますが、あの手この手でハトがバスを運転したいと駄々をこねる。
その様子がユーモラスでかわいらしいです。
子供がいたら一緒に読んで聞かせて楽しめそうです。
thanks機能は会員のみ
2009/03/01 By ran (評価:2点 / ジャンル:AN / YL:0.2 / 語数:125)
2004年、コールデコット賞オナー賞の作品です。
最近絵本をたくさん読んでいますが、簡単に読めて本当にいいです。
やはり有名な賞を受賞しているものが安心するので、そちらから読んでいます。

この本はamazonでの評価等を見ていると、かなり高くて気になっていたのですが
読んでみて自分にはいまいちな感じでした。
ということでオススメ度は★2つにしています。

ただ、内容の絵はもの凄く可愛い。
そして出てくるハトが、読者方向に向いているので、
子供と読むのには楽しい本だと思います。

可愛いんだけど、自分にはハトに見えないんですよね(爆)

自分に子供がいれば、また違った評価になるんだろうなぁと思います。
たぶん、「No!」って本に向かって叫んで、次のページをめくる…
そしたらPigeon君がまた違った表情を見せる…

ひょっとして、幼い子供達を「Pigeon」に重ね合わせて作者は書いているのかな?
幼児教育(しつけ)にいいかも知れません。

この本は、シリーズ物になっています。
気に入った方は、mo willemsの作品 全部読んで見ることをオススメします。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ