多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Life on the Refrigerator Door
販売元: Macmillan Children's Books
発売日: 2015-07-29
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,024円 [定価:¥ 1,017]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 240ページ
売り上げランキング: 17201位

多読国民のレビュー

全件107 人読んだ83 人読書中1 人興味19 人積読4 人
コメントなしも表示する
2019/06/19 By megmeg (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:13,000)
すべて冷蔵庫のメモで物語が進みます。母と娘の喧嘩をしたり、買い物リストがあったり、と自然な雰囲気が素晴らしいです。皆さん書いておられるように簡単な単語なのに意味の理解に時間がかかったりすることもありましたが、ナチュラルな表現が身につく、とも言えそうです。二人のお互いへの愛情が伝わってきてとても良いお話でした。
thanks機能は会員のみ
2019/04/03 By 仔猫伝説 (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
冷蔵庫にメモを貼って、おかーさんと娘が会話する。会話文が多かったので読みやすかったけど、それ以外の部分で???な感じ。文法解釈ができてないです。自分にとってはレベルが高かったんだと思う。
でも、気合で読み進めて意味は分かりました。最後の作者についてのページまで読んでしまった。
thanks機能は会員のみ
2019/04/02 By ねぎぼうず (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:13,000)
読みやすい一冊。後半には、心を動かされる描写も。
thanks機能は会員のみ
2019/02/28 By クラウス (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
メモだけなので、とてもよみやすい。最後の方はちょっと難しかった。
thanks機能は会員のみ
2019/02/03 By nakanaka (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
初めてこんな分厚い本に挑戦しました。冷蔵庫に貼った母と娘のメモだけで話が進んでいくので字数は少なめ。表現も、むむむな部分もありましたが想像力をもってよめばなんとか。2回読みましたが。

thanks機能は会員のみ
2018/07/13 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
5年以上本棚にあった本。
題名のとおり、冷蔵庫のドアに貼ったメモのやり取りだけでストーリーが進んでいくのでシンプルな文章かとは思います。
それ以外の説明がないので想像力がかきたてられます。
母とティーンエイジャーの娘のやりとり。
自分が十代だった頃を思い出して
懐かしいような気持ちになりました。
笑ったりほっとしたりはらはらしたりしながら読みました。

いつもはYL2~3前半くらいの本を読んでるので少し背伸びして読みました。いつか再トライしたいです。
分からない単語もありましたが、断続的でも多読を続けてこの本を読めるようになって良かったです。
thanks機能は会員のみ
2018/04/09 By きなこ (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:0.0 / 語数:13,000)
短くてスイスイページが進むので自信になります。メモが女子高生の口語なので、逆に読みにくいと感じることもあった。内容はとても良い。
thanks機能は会員のみ
2017/11/12 By Okari (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:4.0 / 語数:13,000)
メモなだけに英語でのニュアンスがわからず、残念。
知ってる単語ばかりでも組み合わさるとわからなくて、難しいのはなぜ?
そんな状態でしたが、いいお話なのはわかり、切なくてでも励まされました。
もっとわかりたいです!修行してまたチャレンジします。
thanks機能は会員のみ
2017/06/15 By Manako (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:13,000)
再読しました。
最近、母と喧嘩することが多かったので、もう一度読もうと思ったのです。
親孝行をしなくてはと思います。
thanks機能は会員のみ
2017/05/06 By Miki (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:13,000)
I unintentionally saw the very last page of the book and this URL "www.breastcancercare.co.uk" happened to be seen, so before I read it I had already knew what would the ending of this story be like. 
The story went as I had expected,  and yet I couldn't help sobbing. 
I have a similar experience: I too lost my mom 15 years ago, not because of breast cancer, but of brain stroke. She had been hospitalized for about a month, gradually getting weaker. I was at the hospital with her every day, although there was nothing I could do with it. Because I couldn't bear staying home on my own doing nothing. I wanted to be with her, even when she was sleeping. This story reminded me of those hard days, which made me cry and miss her. 
Clare's poem was moving. It makes me think: was I a good daughter to her? -No, I could have been a better girl but I had been silly. That's the most regrettable thing, yet unchangeable. 

英語レベルは英検2級程度と思います。メモ書きということで基本は口語会話文なので英語としては易しいです。
でも学校では習わない言葉や表現がたくさん出てくるので(それでも日常生活レベル)、既に多読をたくさんしていればラクに読めるだろうけれども、試験勉強しかしてないようだと難しく感じるかも?
thanks機能は会員のみ
2017/05/01 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:13,000)
1ページに 1回分のメモ(冷蔵庫の扉に)なので、ページが進むのが早かった。謳い文句通り、(ノд`)ウルウル
thanks機能は会員のみ
2017/04/25 By まっきー0121 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
母娘の心のすれ違いやお互いを思いやる気持ちで、こちらの心もいっぱいになりました。 
それから、やりたいことはしないと、会いたい人にはあわないと、行きたいとこには行かないと…自分の人生を後悔しないように生きなければと改めて思いました。
thanks機能は会員のみ
2017/03/25 By k-nack (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:4.0 / 語数:13,000)
冷蔵庫のメモだけで。
どんな気持ちで書いたのか。その想いがあふれてくる。ありがちとは言え、良い文章だと思う。
文章の読みやすさについては、メモ形式というところが曲者。ページをまたぐごとに話題が変わって、その間に二人は時間を過ごしているので、「何についての話なのだ?」としょっちゅう置いてけぼりを食らった。ただ、ゆっくり読めば、単語は平易だし十分理解できる内容です。
thanks機能は会員のみ
2015/10/02 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
シングルマザーの母と思春期の15歳の娘との間で交わされる、冷蔵庫に貼られたメモでのやり取りを描いた作品。メモなので言葉数は少ないですが、母と娘の心情、温かさがすごく良く伝わってきます。
実際に自分の母が乳癌だったので、子の気持ちは共感できたし、心にぐっとくるものがありました。
メモ形式のやり取りなので、かなり読みやすくておすすめです。
thanks機能は会員のみ
2015/09/07 By Hide (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
あなたは身近な人を本当に大事にしてますか?
ということを改めて考えさせる本。
間をおいて再読したいです
thanks機能は会員のみ
2015/04/12 By aha (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
友人に癌患者がいるので、ちょっとジワっとくるものがありました。冷蔵庫に貼られたメモのやりとりのみで、出来事も心理描写も展開する、という手法が楽しめるかどうかで評価は分かれるかも。
thanks機能は会員のみ
2015/03/30 By ルルさん (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
母と娘の絆に泣かされます。まいりました。若い子の話し方も参考になりました。
thanks機能は会員のみ
2014/11/13 By 茜ちゃん (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
母と娘の日々のコミュニケーションツールとして、冷蔵庫の上のメモでやりとりが続きます。
メモなので読みやすかったでし。
最後の数回のやりとりはとても悲しい気持ちになりました。

間をおいて、英語力をつけてからまた再読したいです
thanks機能は会員のみ
2014/03/22 By FreeBard (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:3.8 / 語数:13,000)
15歳の女の子Claireと母親のお話です。
母親は離婚してClaireと二人で暮らしています。
母親はナースで仕事が忙しく、Claireと一緒の時間をなかなか作れません。
二人の会話は、冷蔵庫に貼ったメモを通して、綴られます。
思春期で、母親に反抗的なClaireですが、母親の病気をきっかけに
二人の関係が、変わっていきます。。。
とっても良いお話でした。。。
thanks機能は会員のみ
2014/01/26 By ako (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
ママと娘のメモのやりとりだったので、
読みやすく、最後は一気に読んでしまいました。
自分にも同じ年頃の娘がいるので、たとえすれ違いの時間が多くても
こういったメモでお互いの近況を報告し合うのは大切だなと思いました。
ラストはホロっと涙し、家族との関わり方も考えさせられる1冊です。
thanks機能は会員のみ
2014/01/04 By 流詠英字郎 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.6 / 語数:13,000)
悲しくも温かい物語。
thanks機能は会員のみ
2014/01/02 By magicrose (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:10,651)
産婦人科医でほとんど家にいることのない母と
学校の勉強はもちろん、ベビーシッターのバイトや
友達や彼氏とのおつきあいで忙しい娘にとって
唯一のコミュニケーション手段が、冷蔵庫の上のメモ。

メモの内容は、その日によっていろいろ。
買い物のリストだったり、ちょっとした愚痴だったり、
電話の伝言だったり、お小遣いの要求だったり、
ちょっと深刻な相談事だったり。

冷蔵庫に貼れる程度のメモなので、文章として
書かれていない部分のほうが圧倒的に多く・・・
読む側の想像力を必要とする作品だと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/11/22 By sako (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.7 / 語数:13,000)
母と娘という設定が今の自分の境遇と近くて、今まで読んだ中で一番読みやすくて共感できた本。
メモのやり取りだけなのに、少しも飽きることなく私にしては珍しく一気に読めた。
最後は泣けたけど、個人的にはボーイフレンドをめぐる結末がツボだった。
メモとメモの間に起きたことを想像するのも楽しかった。
普段の会話に使えそうな表現が多かったので、繰り返し読んで身につけたいところ。
thanks機能は会員のみ
2013/10/25 By plum (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.8 / 語数:13,000)
気軽に読めます。
助動詞や仮定法の様々な使い方を知ることができて、参考になりました。
thanks機能は会員のみ
2013/08/10 By Mark (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.7 / 語数:13,000)
Kindle Paperwhiteでの初めての洋書は
『Life on the Refrigerator Door』 - Alice Kuipers
を読みました。

Kindleを買って、さあ洋書を読むぞとなったものの、何から読んだらよいか分からず、多読のブログを読んだり、Twitterでアドバイスをいただいたりしました。
Kindleでいろんなサンプルをダウンロードしてこれなら読めるかなと。
逆に他のはちょっとすぐには読めそうもないかなと。。

母と娘のメモのやり取りなので、英語の量は少なく、とても読みやすかったです。
Amazonのレビューにもありますが、中級レベルの英語学習者にちょうどよいと思います。

読み終わって、、
切ない。
いろいろ考えてしまいました。
家族のこと。

次の日、翻訳本
『冷蔵庫のうえの人生』 アリス カイパース(著)、八木 明子(翻)
を図書館で借りてきて読みました。

そして、もう一度、英語で読んでみました。
前日は何となくで読み進めてしまったところが多々ありましたが、読み返すことができ、理解が深まりました。

言葉(メモ)の裏にある心の葛藤のようなものが多いので、単純に和訳するとどうしても伝わりにくいと思うのですが、両方読んでみると、よく考えられているなあと思いました。
あえて訳していなかったり、日本語として流れるように意訳してあったり、原文にない一言がさりげなく入っていたり。
翻訳ってすごいなあと感じました。
thanks機能は会員のみ
2013/07/20 By Esola (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.6 / 語数:13,000)
記念すべき初kindle。
英文はとても読みやすく、辞書をひくこともほぼなかった。
身内に同じ病気で亡くなった人がいるので、最後は涙。
同じ年頃の子どもがいるが、主人公の娘がとてもしっかりしている印象。
数年ぶりの多読にぴったりの一冊だった。
thanks機能は会員のみ
2013/03/18 By minori-u (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.7 / 語数:13,000)
初めて完読できた洋書です。
リアルなメモのようなページ構成で、自分の子供を思い、ほろりときてしまいました。

自分がティーンエージャーか未成年の子を持つ親だと、ツボにはまるかもしれません。
thanks機能は会員のみ
2013/02/06 By ひなた (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.6 / 語数:13,000)
とっても評価が高かったので、期待値も高く・・・。

冷蔵庫のドアに貼られたメモ書きのみのやりとり。
最初は他愛もない内容だったのが、母親が乳がんと分かってから母親を励ます内容に。
でもメモ書きゆえ、深みがなく、どうも感情移入できませんでした。
残念。。。
thanks機能は会員のみ
2012/12/21 By whimsy (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:13,000)
多読37冊目。

可愛らしいピンクのポップな表紙に惹かれて興味を持った本。

読むのがとても遅いのですが、
それでも1時間半で読了。
シンプルな英語でサクサク読めました。

母と娘による、冷蔵庫のメモやりとりによって物語が進んでいきます。
最初はどんな親子なのかわからないまま読むうちに、
娘の交友関係や母の仕事、父との関係などが
だんだん分かり次第に引き込まれます。

私の読んだ版には、floconさんの書いている、
「作者あとがき」みたいなものがありませんでした。
それも読んでみたかった。

読みやすさは3.5とありますが、
初めての単語もいくつか出てきたので勉強になりました。
thanks機能は会員のみ
2012/11/11 By じょに (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
冷蔵庫のメモでママとのやりとり。
最初は買い物リストだったりお小遣いちょーだいとかのやりとりだったのに、加速して進行して行く展開。
悲しいけど、10代の成長部分が、キラキラしていました。

thanks機能は会員のみ
2012/10/26 By Ysprout (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:13,000)
母子の置手紙を読む形で話を追います。このパターンに慣れてしまえば、「行間」のような置手紙と置手紙の間の出来事を想像しながら読めます。母娘、どちらの立場の人にもお勧め
thanks機能は会員のみ
2012/09/23 By ねむりねこ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.0 / 語数:13,000)
どういった内容かはレビューを見て知っていたが、その内容に挑むかのような弾けた明るい表紙にまず心をつかまれた本。
15歳の少女Claireと母親のメモのみで構成されているが、メモで全てが語られているわけではない。語彙力不足のところも含めて、書かれたメモとメモの間に何があったかを想像たくましく読む。
最初は母親のメモにあった買物リストが、最後のほうにはClaireのメモに書かれているのを見て、なんだかジーンとしてしまった。
thanks機能は会員のみ
2012/09/14 By しみしみ* (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
意外と語数があってびっくり。
自分にもこんなことがあったらと思うと・・・
お母さんに会いたくなりました。
thanks機能は会員のみ
2012/02/15 By (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.0 / 語数:13,000)
冷蔵庫に貼られた母と娘、2人のやりとりのみで進んでいく物語。
チラッと読み始めたら止まらなくなって、一気に読みました。

これ買ってきて。
お小遣い頂戴。

そんな日常の出来事から始まるのですが、ラストはほろほろと涙がこぼれました。
オススメです。
thanks機能は会員のみ
2011/07/31 By poppy (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:13,000)
母と娘の冷蔵庫に貼られたメモのやり取り。
娘を持つ母として、最後は涙です。
thanks機能は会員のみ
2011/06/28 By flocon (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:13,000)
冷蔵庫に貼られるメモだけでできた小説です。
案外こんなふうに行間から想像させられるほうが、
ぐっときてしまったりするものですね。
Sharon Creechの"Love that dog"と”Hate that cat”のときにも
同じように思いましたが……

こちらはそれよりは内容が想像できるお話ですが、
でも、このテーマを扱うには、こういうほのめかし、
「言わないことで言う」という語りはぴったりだと思いました。

母と娘のふたりのメモが、
それぞれべつの文体で書かれていたのもよかったです。

そしてメモなので、とても読みやすかったです。
1つのメモに1ページなので、普段読んでいる児童書よりは分厚いのですが、
それよりあっというまに読めました。
先が気になったのもあって、読みかけの短い本より先に読んでしまいました。

そういえば、この本のエピグラフになっている詩が、
"Love that dog" (続巻のほうかな?)にあって印象に残っていたもので、
ちょっとびっくりでした。

Sharon Creechの本で見たときに印象に残っていた詩でしたが、
この本は、その詩の持っている空気感とぴったりです。

それから、洋書にはめずらしく「作者あとがき」みたいなものがありました。
(雑誌記事の再録らしいですが)
小説をかくようになったきっかけ、この小説を思いついたきっかけなど、
海外の作者さんでこういう文章をあまり見たことがなかったので
とても新鮮でした。


すこし個人的なことになりますが、この本は
「いつものメモに、思いがけないできごとが……」
ということだけ知って、どんなことかな〜と思いながら入手したのですが、
その後あるレビューでその「あること」を知ってしまいました。
とても残念に思い、それを忘れるまでほっておこうとしていましたが、
最近思いがけず、その「あること」と似たことが身近にありました。
それでかえって、「いま読もう」と思いました。
縁というのはふしぎなものだなと思います。
やはりこれが現実かなと思ってつらかった部分もありましたが、
読んでよかったと思っています。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ