多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

A Man Called Ove: A Novel
販売元: Washington Square Press
発売日: 2015-05-05
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,805円 [定価:¥ 1,821]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 368ページ
売り上げランキング: 24090位

多読国民のレビュー

全件25 人読んだ16 人読書中3 人興味5 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/04/23 By kichikichi (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:79,605)
若いころに読むと、面白かったなーくらいかも知れませんが、もういい年になって読むと、笑える場面でも涙がこぼれてなかなか進みませんでした。文章は読みづらいのですが、それもOVEの人柄を表していて味となっていて、なんとなくさえ分かれば読み進められます。ほんとに読んでよかった。
thanks機能は会員のみ
2019/04/01 By 2attraction (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.5 / 語数:81,000)
私はAudible で聴き始めたのですが、どうもナレーターの方の朗読の仕方が合わず、聞いたり、やめたり、また聴き始めたりしました。何度も途中でやめよーと思いましたが、哲学的なキラリと光る言葉に引かれ、結局最後はaudible はやめて、本で読み直しました。結果最後まで読んで良かったです。スェーデンの作家の本は始めてでしたが、コメディタッチもあり、ハートウォーミングでもあり、哲学的な言葉が散りばめられて良かったです。ウーバァという男性は日本の昔懐かしい頑固なおじいちゃん的な感じです。最初はただの不機嫌なおじいちゃんって感じで、読んでて気分が良いものではありませんが、その頑固さや不機嫌さ、みんなにガミガミ言うのには全て理由があった事に気がついて、どんどんウーバァが好きになります。
特に妻とのエピソードや隣人のイラン人の親子との触れ合いには涙なしには読めませんでした。
thanks機能は会員のみ
2019/03/23 By かーる (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:6.5 / 語数:79,605)
thanks機能は会員のみ
2018/04/22 By ありーゆや (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.5 / 語数:91,515)
単なる偏屈オヤジかと思ったら、違う違う、人情にあつく奥さんへの愛情が深い、憎めないOveの話だった。クスっとわらいつつジーンとしたり、切なくなったり、いい本だったなー。
thanks機能は会員のみ
2018/01/27 By はまたけ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:6.8 / 語数:91,515)
読後感はとても良かったです。口語の単語が多く、最初はなかなかスラスラといかなかったです。途中からは引き込まれてあっという間でした。
thanks機能は会員のみ
2017/09/27 By ぶーさーさー (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.5 / 語数:91,515)
人付き合いが不器用で頑固な59歳のOve、妻を亡くし職も整理解雇され人生の意味をなくした彼は妻の後を追おうとするが、自殺しようとするたびに邪魔が入り・・・。
で、この本、いいですね。ユーモアと皮肉、そして心が爽やかになる読後感。
過去と現在のエピソードを少しずつ積み重ねていく語り方の手法も巧いなあと感じました。
そして、哲学しています。特に以下の部分を読んだ時には「ハッ」としました。
And time is a curious thing.
Most of us only live for the time that lies right ahead of us.
A few days, weeks, years.
One of the most painful moments in a person’s life probably comes with the insight that an age has been reached when there is more to look back on than ahead.
And when time no longer lies ahead of one, other things have to be lived for. Memories, perhaps.
Afternoons in the sun with someone’s hand clutched in one’s own. The fragrance of flowerbeds ・・・
(私は69歳です。若い人には「ハッ」とこないかも・・)
そしてOveの、妻に先立たれた喪失感の表現がとても切ない。
これ、ひょっとして映画化されてる?と調べたら、昨年末(2016年)映画館でやってた『幸せなひとりぼっち』でした。ビデオ借りに行かなければ・・・。
ちなみにこれはスウェーデン映画ですが、ハリウッドでリメイク版を作ることが決定し、トム・ハンクスが主演と製作を務めるようです。
はまたけより 2attractionより thanks機能は会員のみ
2016/02/20 By angel (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:81,067)
ぶーさーさーより thanks機能は会員のみ
2015/09/19 By Ysprout (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:80,000)
主人公Ove、読み始めは嫌な初老の「オッさん」として描写されています。 話を読み進めるにつれ、媚びだ表現で飾られるのではなく、出来事を通して人柄が伝わってきます。決してつきやすい人物ではないのですが、最後は泣けました。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ