多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Harry Potter and the Goblet of Fire (Harry Potter 4)
販売元: Bloomsbury Publishing PLC
発売日: 2014-09-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,390円 [定価:¥ 1,411]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 640ページ
売り上げランキング: 9217位

多読国民のレビュー

全件102 人読んだ71 人読書中10 人興味7 人積読16 人
コメントなしも表示する
2017/08/22 By ももも (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:190,858)
2週間くらいかかったけど引き込まれて読み進められました。
thanks機能は会員のみ
2017/07/09 By Miki (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:7.5 / 語数:190,637)
The story gets darker and that is part of the reason why this book is not  my favorite of this series. ( So far, #3 the prisoner of Azkaban is my fav) 
Also, Harry's character seems to have changed a bit. He's described as to be more short tempered in this book. 

14歳、お年頃になってきた登場人物たちは、プロムのような舞踏会で相手探しに戸惑ったり、ハリーのスター性にロンが嫉妬してみたり、また一方でハリーがクラスメートたちから総スカンを食らったりと、思春期らしいテーマが描かれます。 読んでいる方も気持ち的に苦しいです。このあたりから毒がキツくなってきて、1巻のイノセントさ、可愛さが見られないのと、ついにヴォルデモートがが登場してきてダークさが増すので、前に読んだときはこのあたりからあまり好きになれなくて挫折への道を辿った気がします。
特に、長らく膠着状態だったロンとの仲違いの後で、ハリーを案じて思い切ってハリーの元を訪れたロンに対して、ハリーがキツイ言葉で応酬するのは、今までのハリーとちょっと違うなと感じた箇所です。
思春期特有のぶつけようのない苛立ちみたいなものなのかもしれませんが、そのoutrageがヴォルデモートのパワーの源になりやしないかと気になりました。
次の巻はシリーズ最長なので、ストーリー的には半分ですが、多読&多聴という意味ではヤマ場かなと思われますが、なんとか呪いの子まで辿り着けるように進みたいと思います。


Audible では21時間と長いですが、それは1場面での描写が長くなっているからのように思います。ヴォルデモートと対峙するシーンでも、決闘だとかいいながら、ちっとも始まらず、ヴォルデモートが今までの恨みつらみを延々と喋ってますw
あと、大人同士の会話のシーンは、やはり少し難易度があがると感じました。


 Audible 7/1〜7/9

thanks機能は会員のみ
2017/07/05 By angel (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:0.0 / 語数:190,637)
ハリポタ20周年記念です。この間からかなり長めでダークさがでて来ました。重みもあってよかったです。

感想はコチラ
http://angelbooklog.blog.jp/archives/71267423.html
thanks機能は会員のみ
2016/11/30 By チビBubo (評価:-- / ジャンル:NO / YL:9.5 / 語数:190,637)
『ハリーポッターを英語で読める本』と一緒に。
thanks機能は会員のみ
2016/01/11 By monjiro (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:8.5 / 語数:190,858)
ハリーが成長していることもあるのか、ストーリーや描写がだんだん難しくなってきたように思います。ただ、やっぱり面白いので、前作までより読み終わるのに時間はかかりましたが楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2015/06/11 By ヨツキ (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:7.8 / 語数:190,858)
 この巻はこれまでの本とは別物ともいえます。長さは倍になり、内容もかなり暗くなってきました。とはいえ、600ページ以上あったにもかかわらず最後まで一気に読んでしまったほど面白い本でした!

 ここにきて、ハリーを取り巻く環境も、ホグワーツの中から魔法使いの世界全体へと広がった感があります。今年度ホグワーツで開かれたのが、トリウィザード・トーナメント。他の魔法学校の生徒と競う大会です。ハリーは本来参加できない年齢なのに、何者かの手によりこの危険な大会に巻き込まれてしまいます。ここに、大人の魔法使いたちが助言を申し出たり、妨害したり。果たして裏切り者は誰なのか・・・? 人間模様もより複雑です。

 物語の後半では、とある人物が退場し、ついに「彼」が戻ってきました。この巻はいわば、ハリーポッターシリーズの後半戦の幕開けだと思います。
thanks機能は会員のみ
2015/03/15 By sakiii (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:7.9 / 語数:213,000)
YLは高めになっていますが、1〜3巻まで読んできた人や映画を見た人にとってはそれほど難しくないと思います。ただ非常に長いので、根気は必要かもしれません。
長い分、ハリーやハーマイオニー、ロンそれぞれの葛藤がよく描かれ、微妙に人間関係に変化があったりと、細かな心の動きを追えたのは良かったです。
thanks機能は会員のみ
2014/08/02 By Takasi75 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:0.0 / 語数:190,858)
2週間かかってしまった。日本語版を読んだ時は土日の2日で読み終えたのになぁ。話に夢中になって読み進められる個所と、状況がわかりにくく読み返すところとがありました。自分の英語力ではまだまだしんどいのだろうと思いながら、ストーリーを知っているのでなんとか読み進められます。
thanks機能は会員のみ
2013/08/08 By YNchem55 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:190,858)
入院している間に読み始めたこともありなんとか2週間で読み終えました。このまま7巻まで言っても良いのですが、次は専門の化学の本を読みます
thanks機能は会員のみ
2013/05/31 By Jin (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:8.6 / 語数:190,858)
何とか読み終えました。
とりあえず長い!!読み通すにはかなりの辛抱が必要かと。
私は読み終えるまで2カ月かかりました。1冊の本をここまで時間をかけて読んだのは初めてです。
次巻はさらに長いので、読むのに躊躇してます。
thanks機能は会員のみ
2013/01/31 By hotate (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:8.0 / 語数:190,899)
ただこの作品への愛だけで読み進めています。冗長だと思う方がいたとしても、私はそういう部分もこの作品には必要なんだと思っています。確かに長いです。でも子どもは面白ければ長さなんて気にしないで読みます。大人はいろいろなことを考えすぎじゃないかな。
thanks機能は会員のみ
2012/11/14 By chobi (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:6.0 / 語数:190,591)
後半への種明かしの為なんでしょうが、説明的な章が長過ぎてまいりました。

でも、ハリー達の成長もうまく描かれていて親気分で読んじゃいました。
フランス訛りの英文は最初戸惑いましたが(日本だとRとLでやられるのだろうか・・・)、読ませる力がありますね。

子供向けの魔法使いの成長物語から、ダークな物語になっていくのが重い気分になりますが
次作も読むんだろうな。(その前に、映画も観なきゃ)
thanks機能は会員のみ
2012/08/23 By こーた (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:190,591)
thanks機能は会員のみ
2012/08/18 By kick (評価:2点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:190,591)
中盤のだらけ具合がシリーズのなかでも最もひどかったです。最後にいつもどうり盛り返しますが、それでもひどい。
thanks機能は会員のみ
2012/08/17 By dadmam (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:7.5 / 語数:190,858)
4巻目の前半の3分の1は、Quidditch World Cupが話題の中心です。新学期が始まる前の夏休みにHarryたちは観戦に行きます。 イギリスのサッカーに行ったことがありますが、雰囲気は良く似ているのでなつかしい感じがあります。試合の後で、 何物かによって空にDark Markが打ち上げられ大騒ぎになります。Dark MarkはVoldemortの印です。そして誰かが死ぬという不吉なしるしの謎は最後のほうで解明されます。
後半はHogwartsでThe Triwizard Tournament。これは、3つの国の代表校が代表の一人ずつの選手により 3つの(Tri-)別々の競技・課題をこなした得点で順位を決めます。
Goblet of Fireの役目は、The Triwizard Tournamentで競技する代表者をそれぞれの学校から選ぶことです。4作目は、国際色が豊かになったのと、女の子がそろそろ話題にあがってきます。 クリスマスのダンスパーティに誰を誘うかが大きな話題になります。ハリーと女の子の関係はまだあっさりとした ものです。Hermioneは女の子として先を行きます。この年頃をうまく反映しています。4巻目から分厚くなっています。夢中になる というほどではありませんでしたが、無理無く読めたと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/07/01 By ぴあのねこ (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:190,637)
いつもHarry Potterを読んでいると、なぜか心が癒される心地がするのです。
本作のように、どんなにストレスに満ちた内容でも。
この作品の世界観が好きなのだろうか。。

長かったけれど、楽しんで読めました。映画には出てこなかったディテイルが、面白く読めて、
よかった!
thanks機能は会員のみ
2012/02/03 By りとる (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:9.0 / 語数:191,000)
前半・・・いや、3/4くらい、サクサク進む箇所とノロノロの箇所が分かれており(私だけかも)、全然進まなくて少々苦痛に思えましたが、最後の200ページは一気に読み進められる感じで、最後の最後で何となく終わって欲しくないと思ってしまいました(実際は、続くのですが)。

映画版を読み始める前(字幕無し)と中盤(日本語字幕)に話の流れを明確にする為に鑑賞しましたが、相当な部分が省略されているので、一部翻訳本も参照しました。

最終章のタイトルがタイトルなだけに5巻へと続くのですが、かなりの分厚さな為、相当な覚悟が必要かと思い、現状、いつ読むのか未定です。
thanks機能は会員のみ
2011/12/27 By yukako (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:190,637)
物語が動き出すまでちょっと長いな・・・と思ったけど、後半はぐんぐん引き込まれました。
登場人物の気持ちがよくわかって、楽しんで読むことができたと思います。

これまでの3作に比べて重い。やっぱりCedricの死が私にとっても重い。いい子だったのに。お父さんはちょっとアレだったけど、本当にいい子。もっと活躍を見たかった・・・。

Snapeの過去がすこしわかって、ほかにどんな秘密があるのか早く続きを知りたいです。
が、その前に映画を見ようと思います。Cedric役、「TWILIGHT」のEdward役の俳優さんなんですよね。楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2009/09/05 By うぃすく (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:190,637)
映画で端折られている所が面白い。この後日本語版も読んだけど、原書の方が面白く感じる不思議。
thanks機能は会員のみ
2008/08/26 By Kzy1458 (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:8.0 / 語数:190,637)
6冊目のPB。長すぎる。
それまで小気味良かったHarry Potterが冗長なPBに変わった一冊。
thanks機能は会員のみ
2007/07/28 By ran (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:9.0 / 語数:191,000)
とりあえず、5作目の映画を見る前に読み終えたー!って感じで
より楽しく映画が見れればいいですね。

内容は相変わらず、作者の登場人物の書き方、いろんなところに
複線を引いて最後にはすっきりと物語が閉じていくので
読んでいて吸い込まれるような感じです。
さすがに600ページを超える量ですので、3つのTaskをこなしていく様子は
少し間延び間もありましたが、納得の内容です。

個人的には、いつも以上にハリー達の心情面が多く書かれている気がしました。
特にRonの心理面の移り変わりなどは、感情移入でき面白いところです。

内容を一つ一つしていると物凄い量のレビューになりますので
是非読んでくださいとしか言えないのですが、この本を読み始めるには
やはり自分と同じで、洋書読みを始めて数十冊を読み終えてからが
良いと思います。スムーズな流れで読めないと話の展開に乗れず
結構きついです。分からない単語があっても読める度胸も必要ですね。

今回の作品は、3冊目よりは少し個人的には好きではないですが
次を読みたいと思わせる内容です。この先は只の戦いにならず
面白い作品が続いていることを期待します。
でも次はもっと長いんだよな~、やっぱしもう少し短くして欲しいな~。
thanks機能は会員のみ
2006/05/01 By あづさ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:7.0 / 語数:190,637)
Lexile Measure 880L
thanks機能は会員のみ
2005/11/27 By piyo (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:7.8 / 語数:190,858)
ついにVoldemodeが復活しちゃった。Cedricのこともショック。
でも、RonとHermoineからも目が離せない
thanks機能は会員のみ
2005/06/30 By Miki (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:190,858)
な、長かった…
しかし内容もめちゃくちゃ濃かった。
ついにVが復活!!!
thanks機能は会員のみ
2002/07/27 By らっち (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:9.0 / 語数:190,858)
初めて英語で最後まで読み通した本です。
それまで日本語で好きになったキャラクターたちが英語でつづられる文章で動いているのを読むのは、なんだか不思議な気がしました。
ウィーズリー家の双子、フレッドとジョージの性格の違いは、英語で読んだ方がはっきりするなと思いました。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ