多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Hate U Give
著者: Angie Thomas
販売元: Walker Books Ltd
発売日: 2017-03-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,166円 [定価:¥ 1,166]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 464ページ
売り上げランキング: 6715位

多読国民のレビュー

全件8 人読んだ5 人読書中1 人興味3 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/07/16 By シュバババン (評価:5点 / ジャンル:SI / YL:6.0 / 語数:109,275)
難易度 スラングは多いが、わかりやすい。
内容 16歳の黒人高校生スターはスラム街から、白人ばかりの進学校に通っている。ある日地元のパーティーから、幼馴染のカリルと一緒に車で帰るところ、テールランプが壊れていたため警官に補導される。車の外に出されたカリルが、車の中のスターの様子を確認しようとした際、警官がカリルが車から銃を取り出そうとしていると勘違いし、カリルを撃ち殺してしまう。進学校での裕福な友達との生活に順応していたスターは、スラム街での生活とのギャップを改めて認識し、黒人としてのアイデンティティ、問題意識に深く悩むことになる。また死んでいったカリルのため、勇気を出して警察、地方検事、マスコミに事件の証言をすることを決意する。
感想 家族の絆、青春期の友人や恋人たちとの複雑な人間関係、米国黒人社会に蔓延する麻薬や暴力、警官からのハラスメントなどの社会問題。たくさんの要素が有機的に繋がり、かつ素晴らしい娯楽作品に仕上がっている。何よりオーディオブックの名演が素晴らしすぎる、黒人っぽい言い回しが再現されていてHIPHOPファンとしては嬉しくなってしまった。
 色々なHIPHOPアーティストが取り上げられるが、やっぱり小説家の趣味はドレイクやケンドリックラマー、J.cole、2pacなどのコンシャスラッパーなんだなあと妙に納得してしまった(Public Enemyは?)。ライブの際に黒人以外、NI**Aは一緒に歌ってはいけないことも分かって良かった。
thanks機能は会員のみ
2018/01/20 By magicrose (評価:5点 / ジャンル:SI / YL:6.5 / 語数:143,840)
"Black Lives Matter"というムーブメントに触発されて書いた作品だそうで、けっこう重くて難しいテーマを扱ってます。ストーリーはわかりやすく、英語も割と易しめで読みやすいのですが、サラリと読み飛ばす感じではなく、さまざまなことを考えさせられる本でした。(たくさん出てくるスラングや音楽の話などわからなくて読み飛ばしたところも多いですが…)
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ