多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Husband's Secret: From the bestselling author of Big Little Lies, now an award winning TV series
著者: Moriarty, Liane(著)
販売元: Penguin
発売日: 2013年08月29日
種別: ペーパーバック
価格: ¥1,225
在庫: 在庫あり。
ページ数: 432ページ
Contemporary: 673位
Contemporary Women: 307位
Domestic Life: 348位

多読国民のレビュー

全件19 人読んだ11 人読書中0 人興味7 人積読1 人
コメントなしも表示する
2020/03/01 By はまたけ (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:7.0 / 語数:106,789)
登場人物はみな個性的で、シチュエーションも面白かったです。ただ結論は少し納得できない部分もありました。キリスト教の罪の感覚を感じました。
thanks機能は会員のみ
2020/02/25 By ぶーさーさー (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:7.0 / 語数:106,789)
初Liane Moriartyです。
著者はオーストラリア・シドニー在住のようで、著作がNew York Times bestseller listに載る常連だということで、まず1冊読んでみようかとこの本を手に取りました。

主人公はシドニーに住む3人の女性。
◎Cesilia:3人の娘を持つ結婚15年目の主婦。親切・社交的で、自身の商売も成功し優しい夫もいて、周囲から見ても羨まれる存在。
◎Tess:6歳の息子を持ち、夫・従姉妹の3人で自宅で広告代理店を営み事業は順調。内向的。
◎Rachael:Cesiliaの娘の通う小学校の事務長。60歳台で一人暮らし、30年前に娘が殺されるも犯人不明。
物語は、Cesiliaがある日屋根裏部屋で夫の封筒を見つける所から始まる。「死後開封のこと」と書かれていて、出張中の夫に聞くと何故か動転、見ないでくれと言い、出張を即切り上げて帰宅。一体何が書かれているのか?
Tess、ある日夫と従姉妹からお互い愛し合っていると告げられる。肉体関係は無いとも。(これ、あるよりも遥かにたちが悪いと思いますが・・)
この事態をきっかけに3人の女性達の平凡な日常が、徐々に目に見えない糸のもと、’最後のある事件へと向かっていく。

で、いやー面白かった。チックリットかと予想して読み始めたのですが、心理描写が秀逸な、ちょっとミステリー風味をまぶした人間ドラマでした。
穏やかな日常の中に突然非日常な事が起きた場合の、人は「どんな事を感じ」「どんなことを考え」「どんな行動を取り」「どう自分を納得させるか」などの心理描写が半端なくリアルで、他人の頭の中をこっそり覗いている気分、時には「ああこんなことってあるな」、「こう感じるのは自分だけじゃないんだ、」とか共感しながら最後まで一気に読みました。
唯の日常を描いているのに(アクションも殺人も派手な場面は皆無なのに)これだけ惹きつけられるのはこの作者の力量なんでしょうね。
英語は、一文が長めですが難解ではありません。お勧めです。
2attractionより はまたけより uribou-momより thanks機能は会員のみ
2015/03/12 By hotate (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:103,000)
レビューを読むと意見が分かれるようですが、面白かったです。
自分が登場人物の年齢に近いということもあるかもしれませんが、ところどころハッとさせられる記述がありました。
ファンタジーを読むことが多い私には新鮮な作品でした。
93より thanks機能は会員のみ
2014/12/18 By muramasa (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:7.0 / 語数:103,000)
ところどころ見慣れない単語が出て来ました。

オーストラリアの作家は初めてでしたが、何度か予想外の展開になって面白かったです。
特にRachaelとCesiliaは最後どうなるのか目が離せませんでした。

ただ、エピローグは蛇足かなぁ。
色んな選択肢を見せたかったんだろうけど。
93より thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ