多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Penguin Readers: Level 4 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
販売元: Pearson Japan
発売日: 2010-03-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 77ページ
売り上げランキング: 15257位
シリーズ:Penguin Readers 4

多読国民のレビュー

全件48 人読んだ40 人読書中0 人興味4 人積読4 人
コメントなしも表示する
2018/07/18 By megmeg (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:18,985)
日本語では読んでおり,結論を知っていましたがそれでも楽しんで読み進められました。最後の部分がやや唐突感はありましたが,途中の全員にポアロが質問をしていく場面は臨場感があってよかったです。
thanks機能は会員のみ
2017/12/13 By ヨッシー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.3 / 語数:18,985)
映画公開を機に再読しました。続けてオリジナルを読もうと思います。
thanks機能は会員のみ
2017/11/28 By さきかな (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:18,985)
登場人物が多くて判別が難しかった。人物名が出てくると、メモをとりながら読んだ。そして、ある意味、衝撃の結末。
thanks機能は会員のみ
2017/06/03 By うっちゃん (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:4.2 / 語数:18,985)
登場人物が多くて、途中で覚えきれなくなり、行きつ戻りつして読んだ。オリジナルは読んだことがあったのだが、それでも十分に楽しめた。
thanks機能は会員のみ
2016/12/06 By ぐー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:18,985)
これだけの内容をよくぞこの短さにいれこめた!というのも凄いが、十分楽しめる文章になっている。モチロンオリジナルは更に素晴らしいだろうけど。
thanks機能は会員のみ
2016/11/20 By なおき (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:4.5 / 語数:18,985)
200冊目、100万語突破にこの本を選びました。
難しい単語や表現も少なかったのですが、登場人物が多いので読むのに苦労しました。これまで読んできたものに比べれば文章量は多いですが、この内容を表現するには少なすぎるという気もしました。
タイトルは知っていましたが内容はまったく知らなかったので、ラストは非常に楽しめました。いつか原作を読んでみたい候補の一つになりました。
thanks機能は会員のみ
2016/11/08 By mokux (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:4.5 / 語数:18,985)
複雑なストーリーをよくこれだけコンパクトに圧縮したなぁという労作。
なにせ登場人物が多く推理にも飛躍が大きいので、楽に楽しめる作品ではないが、最後の謎解きのカタルシスがすごい。この幕引きを味わうだけでも価値があったと思わせる印象深いラストなので、メモをとりながら読み進める労を厭わない方はぜひご一読を。
thanks機能は会員のみ
2016/08/11 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:4.5 / 語数:18,985)
推理小説の女王アガサ・クリスティーの代表作「オリエント急行殺人事件」のRetold版。
トルコからフランスに向かうオリエント急行の中で、一人のアメリカ人が殺された。
車両の乗客は12人、
殺害時刻と視られる真夜中は、外は降りしきる雪で誰も列車から脱出出来なかった。
偶然、乗り合わせていた名探偵ポワロが謎解きに挑む。
やはり、物語がしっかりしていると、YLが少々高くなっても、文章量が多くなっても、楽しく読める。
映画のスチール写真も掲載されていて、今見ても豪華キャストだったと思う。
また映画を見たくなったし、いつか原文で読んでみたい。
thanks機能は会員のみ
2016/04/11 By show-go (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:18,985)
日本語版すら読んだことがなかったので、内容はとても面白かった。クライマックスはこれまでに読んだ本の中でピカイチだと思う。(それほど本を読む人ではないが。。。)
ただし、簡易版なだけに展開が急すぎたと思う。
もっと多読を進めて、オリジナル版を読みたいと思った。そういったモチベーションを上げてくれる作品なので星5つにしました。
thanks機能は会員のみ
2015/11/06 By とし (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:18,985)
登場人物が多いので読了できるか不安でしたが、最後の謎解きでこの登場人物の多さに納得!!面白かったです。最後のシーンも心が温まりました。CDの朗読はちょっと眠気を誘います(笑)
thanks機能は会員のみ
2015/05/31 By rachel (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:18,985)
翻訳本も読んでいるし、映画も観たので、ストーリーは知っていました。
が、登場人物が多いのと、名前がややこしいので、やはり英語で理解するのは大変だなと感じました。
皆さんが書かれているように語彙数制限があるので、深みのあるお話とはいきませんが、
元はアガサクリスティが書いたストーリー。登場人物それぞれに個性がしっかりとあり、十分楽しめました。
ほんと、語彙制限本じゃない本で、このお話を読みたいですね!
thanks機能は会員のみ
2015/04/29 By さしより (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:18,985)
訳本でも読んだことはないけど、大まかなラストは知ってるので(笑)、ポワロが謎を解いていく過程に注目して読みましたが、残念ながら、Andrenti婦人がMrs Armstrongの若い妹ということがどうやってわかったのか、が分からず終い・・・。どっかにヒントがあったのかなあ。名前の前に付いた斑点から導き出すにはちょっと無理があると思うし・・・。ラストはポワロの人間味あふれる行動に嬉しくなりました。それにしても。「Poirot」と書いて、どーして「ポワロ」と読むんだろう??
thanks機能は会員のみ
2014/03/24 By 高菜の油炒め (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.5 / 語数:18,985)
昔見た映画をの記憶を頼りに…覚えているのははショーン・コネリーくらいか

少し読み進んだところで…先に登場人物を書き出しておいて頭から読み直し!
このページ数で、本格ミステリーを味わおうってのは、ちょっとむしが虫が良すぎるきもするが…

Level 4、やや?語彙不足を実感
thanks機能は会員のみ
2014/02/18 By ヨツキ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:4.5 / 語数:18,985)
舞台設定や物語の構成は流石ミステリの女王!といった感じ。

ただ、途中のインタビューなどの捜査の過程は単調な割に長すぎる感じがしました。
ミステリの簡約版だと伏線や説明的な部分は削れない分、雰囲気を出す文章が少ないのかもですね。
thanks機能は会員のみ
2013/08/19 By ながちゃん (評価:2点 / ジャンル:MY / YL:0.0 / 語数:18,985)
電車内で殺人事件が起こる。乗客の証言をもとに推理する。
登場人物が多すぎて細かい内容は理解できなかった
thanks機能は会員のみ
2013/06/23 By なますて〜 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.5 / 語数:18,985)
さすがのアガサクリスティ。
元のストーリーや構成がしっかりしてるから、語数語彙制限があっても、推理小説の楽しさを提供してくれている。
原本を読みたいし、他のアガサにも挑戦したい。
thanks機能は会員のみ
2012/11/20 By くらんとろ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:4.5 / 語数:18,985)
邦訳版で既読のはずですが内容はすっかり忘れており、新鮮な気分で読みました。
ぽんぽんと都合よく進みすぎるのはGRだから仕方ないのでしょうか。もっと味わいがある作品だったような…。
原文にも挑戦したいです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ