多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Penguin Readers: Level 3 HOW TO BE AN ALIEN (Penguin Readers (Graded Readers))
著者: George Mikes
販売元: Pearson Japan
発売日: 2008-02-21
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,040円 [定価:¥ 1,081]
在庫: 一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
ページ数: 56ページ
売り上げランキング: 75215位
シリーズ:Penguin Readers 3

多読国民のレビュー

全件19 人読んだ18 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/06/13 By megmeg (評価:5点 / ジャンル:OT / YL:3.0 / 語数:7,845)
1946年に書かれたとは思えない,今読んでもクスッと笑えるような内容で,とても面白かったです。ヨーロッパ出身の筆者が,イギリス人をユーモアに茶化しているのですが,家の番号の付け方をわからなくする方法!(こんなの日本にもありますよね。。)など,シニカルな書き方で,でも同時に愛情が感じられて(本人はPREFACEで,これまた茶目っ気たっぷりに,怒らせようと書いたのにamusingと言われる,と嘆いてましたが)楽しく読めました。
thanks機能は会員のみ
2016/07/05 By ひらぞう (評価:2点 / ジャンル:OT / YL:3.8 / 語数:7,845)
イギリス人の紹介?
とにかく、英語が難しく感じました。何を言いたいのか分からない箇所が多くて、読んでいて辛い。
クスッと笑えたところもあるにはあるのですが、私の英語力では半分も笑えませんでした。英語自体はレベル3なのでしょうが、内容的にレベルがもっと高い気がします。
thanks機能は会員のみ
2015/11/03 By iwao (評価:1点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:7,845)
ヨーロッパ人とイングランド人の違いで面白そうだと思ったけど、全然面白いと思えなかった
thanks機能は会員のみ
2015/03/12 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:OT / YL:3.2 / 語数:7,845)
ハンガリー出身の著者が長年の英国暮らしによる観察を元に
皮肉とユーモアたっぷりに綴る「イギリス人とは何か」のエッセイ。
ヨーロッパ人との対比で、いかにイギリス人の言動がユニークであるかを描く。
1946年の出版というが、ユーモアと風刺のセンスは、今も愉快。
ところどころ、今の時代からは、もしくは私には、よく意味の分からない描写もなくはないのだが。
カリカチュア風のイラストもよくマッチしていて楽しい。
いつか、Retold版でなく、原書で読んでみたい。
09428761 Shibahara Risaより thanks機能は会員のみ
2014/12/30 By noriyorino (評価:1点 / ジャンル:OT / YL:3.4 / 語数:7,845)
読んでいて全然面白くなかった。
thanks機能は会員のみ
2014/09/02 By mamimi (評価:4点 / ジャンル:OT / YL:3.0 / 語数:7,845)
ハンガリー人である著者が、イギリス人 vs ヨーロッパ人を皮肉たっぷりで比較したエッセイ。
どの項目も最終的にはイギリス人を嘲笑う内容となっています。
イギリスに行ったことがある人、イギリスに興味がある人は楽しんで読むことができると思います。
thanks機能は会員のみ
2014/08/16 By さしより (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:7,845)
イギリス人ってどーゆー人達なんだろ?というのを、外国人から見た内容なんだけど・・・。イマイチよく分からなかった。あんまし変わってるなあと思わなかったあたり、もしかしたら僕はイギリス人っぽいのか?そりゃねーか(笑)。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ