多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Penguin Readers: Level 2 AUDREY HEPBURN (Penguin Readers, Level 2)
販売元: Pearson Japan
発売日: 2008-09-07
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,473円 [定価:¥ 1,209]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 28ページ
売り上げランキング: 3792位
シリーズ:Penguin Readers 2

多読国民のレビュー

全件81 人読んだ76 人読書中0 人興味5 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/10/17 By megmeg (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
オードリーヘップバーンの伝記。いくつか映画は拝見していましたが、どういった人生を送られていたかは知らなかったので、びっくりした点がたくさんありました。私生活がないかのような透明なイメージでしたが、家庭を大切にしたい、穏やかな生活を望んでいた、というところがちょっと驚きでした。少し違った目でこれから映画をみることになりそうです。
thanks機能は会員のみ
2019/01/19 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
Audreyが亡くなったときのElizabeth Taylorの言葉、「God has a beautiful new angel now.」にジーンときた。Audreyの映画はローマの休日しか視たことがないし、私が大人になったころは映画はセミリタイヤ、晩年の福祉活動のイメージが強いが、その背景がよくわかった。
thanks機能は会員のみ
2017/06/20 By cava (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
オードリーは、可憐に見えても、意志が強く潔癖な感じがして好みの女優さんではない。でも当時「女性の魅力」をいうものを強く押し出す女優さんの中で、彼女は新しい魅力をもつスターだったんだろうな。彼女葛藤・家族や家庭への執着などとても興味深く読めた。初級本なので致し方ないとは言え、流産や離婚の心の機微を知りたいところがsadやunhappy などでさらっと片づけられてしまい残念。
thanks機能は会員のみ
2017/06/09 By クボレタ (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.3 / 語数:3,888)
オードリーが何回も流産していたとは知りませんでした。
thanks機能は会員のみ
2017/05/20 By (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:0.0 / 語数:3,944)
オードリー・ヘプバーンの自伝が易しい英語で書かれており、話の内容も濃縮されてわかりやすかった。彼女の映画はすべてヒットしたかと思っていたけど、そうでもなく批判される事もある事を知り意外だった。映画で成功する事と家庭で良い奥さんや母親である事に対してのバランスが難しかったという事も初めて知り、オードリーヘプバーンの知らない部分をよくこれだけ短い小説に描ききれたなと思う。有名な女優が最終的に貧しいアフリカで活躍する事も初めて知りました。
thanks機能は会員のみ
2017/04/01 By れいに12 (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
オードリーの華やかの蔭に苦労があったのが解った。もっと詳しいものを読んでみたい
thanks機能は会員のみ
2016/10/13 By Kiki24 (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
人の幸せとはなにか考えさせられる
thanks機能は会員のみ
2016/08/25 By barbaroi (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
読みやすかった
thanks機能は会員のみ
2016/07/01 By timitti (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
オードリーヘップバーンの伝記。彼女のことは名前と有名な映画以外、ほとんど知らなかったので、大変興味深く読むことができました^^
thanks機能は会員のみ
2016/04/18 By mio (評価:5点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
よりスピードアップしながら読むことができた。
ストーリーを知っていても彼女の美しさとその運命に読みながら切なくなる。
thanks機能は会員のみ
2016/03/17 By rose read english (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
オードリーヘップバーンがバレリーナだったとは知りませんでした。
仕事と家庭に悩み、最後は社会貢献に尽力していく人生が読みやすい英文でつづられています。
thanks機能は会員のみ
2016/03/12 By としどう (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
オードリー・ヘプバーンの伝記物。
平易な英語でスラスラ読めました。
あっさりしたないようでしたが、楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2016/03/08 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
有名な女優オードリー・ヘップバーン(1929~1993年)の伝記。
富裕な家族に生まれながら、両親が不和で幼くして父が去り、
その後、大戦下のオランダでドイツに占領され、凍土で芋を掘るような生活を体験。
バレリーナを志すも学校からは「無理」と言われ、女優を志す。
その後、彼女独特の人柄や幸せなほほえみが注目され、ミュージカル「Gigi」を経て
「ローマの休日」で一躍スターに。
メル・ファーラーと結婚し、家庭を大切にするも、最終的にはわかれることになった。
中年以降は映画にはほとんど出演せず、世界の恵まれない子供たちへの援助に力を尽くす。
映画の中でしか知らなかったので、初めて知る内容が多かった。
thanks機能は会員のみ
2016/02/15 By mio (評価:5点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
大好きなオードリー。
写真にときめきながら、言葉の読みやすさも手伝って、私にしては楽しく読了することができた。
thanks機能は会員のみ
2015/12/26 By ゆう (評価:5点 / ジャンル:BI / YL:2.0 / 語数:3,888)
オードリー・ヘップバーンの半生。
たくさんの人に愛され、妖精と呼ばれた名女優だけれど、離婚、再婚、流産など、平坦な道のりではなかったんだなぁ。
有名な作品が多いから、出演作はどれも大ヒットしたのかと思いきや、決してそういうわけではなかったようだし。
マリリン・モンローやジュリー・アンドリュース、ヒッチコック監督との接点など、知らなかったエピソードがいろいろあった本書。
『ローマの休日』のあの愛くるしさを思い出して、久しぶりに映画が見たくなった。
thanks機能は会員のみ
2015/11/17 By みろりんちゃん (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,388)
久しぶりに映画を観たくなった。
thanks機能は会員のみ
2015/10/20 By eradist (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.3 / 語数:3,888)
とてもおすすめ。
thanks機能は会員のみ
2015/09/21 By かほる (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
オードリーヘプバーンの伝記。
知らなかったエピソードがいっぱいでした。
この人の映画は二つくらいしかみたことないのでもっと映画がみたくなった。
前に読もうとして挫折したこの本ですが、Cambridgeのlevel1やmacmillanのlevelを2くらいまで読んでから挑戦したらすんなり読めました。
thanks機能は会員のみ
2015/09/04 By hedgehog (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:4,552)
本当に美しすぎる・・・・。でも誰からも愛されるAudreyも色々な苦しみや悲しみがあったんだなぁとこの本で教えてもらいました。本当にまた映画が見たくなった!
thanks機能は会員のみ
2015/06/22 By mkamo (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:0.0 / 語数:3,888)
読みやすかった。好きな女優なので、興味がありました。
thanks機能は会員のみ
2014/11/18 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
オードリーのプライベートと仕事について詳しく書かれていた。
年がいってもとても綺麗でした。
thanks機能は会員のみ
2014/09/27 By thessa (評価:5点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
世界中から愛された女優、オードリーの人生、
知ってるようでいて、実は知らないことがほとんどだった。
美しい写真もたくさん載っているのが嬉しい。
thanks機能は会員のみ
2014/07/13 By noriyorino (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,974)
非常に読みやすかった。年代ごとの彼女の出演作品と人生がどのような関係にあったのかがよくわかった。特にマイフェアレディでの彼女の葛藤やオスカーの賞レースの内情が興味深かった。もっと彼女のことをよく知りたいと思った。彼女の作品を見てみよう。
thanks機能は会員のみ
2014/02/11 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
伝記はどちらかというと苦手ですが、読みやすかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/02/04 By new_be (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
女優Audrey Hepburnの生涯。永遠の妖精Hepburnの普通の少女、女性としての一面を少しのぞいた感じ。家庭の悩み、恋愛の悩み、仕事の悩み。My fair LadyでのJulie Andrewsとの話や晩年の活動については知っていたが、知らなかったことの方が多かった。衣装担当のGivenchyと撮影時からの交流が生涯続いていたことも。ほぼページをめくる毎にある写真が嬉しい。
thanks機能は会員のみ
2014/01/03 By sun and rain (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.1 / 語数:3,888)
非常にわかりやすくて読みやすかったです。魅力的な女性ですね。
thanks機能は会員のみ
2013/12/25 By 高菜の油炒め (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,945)
もっとたくさんの映画の中で会えた可能性もあったんだ…。
thanks機能は会員のみ
2013/08/12 By カルビ (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:3,888)
*再読*
オードリー・ヘップバーンの美しい写真がたくさんあり、思わず溜息が出ます。
thanks機能は会員のみ
2013/06/29 By tomomi (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:3,888)
かの有名なオードリー・ヘップバーンの人生について書かれています。生い立ちや出演作品、私生活のエピソードなどに触れられています。華やかな世界に生きる一方で、家族との安らぎを求めた一人の女性としての姿に共感しました。
thanks機能は会員のみ
2012/01/08 By 水玉 (評価:2点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
これも凄く薄い本。マイ・フェア・レディの裏話など、興味深く読みました。でも、あまりに凝縮され過ぎているため、オードリーの男性関係がジェットコースターの様に感じられてしまい…この辺はもう少しじっくりと読みたかったかな(^_^;)写真が結構入っているのだけど、どれも物凄く美しい♪また映画を見直したくなりました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/08 By しょう (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.1 / 語数:3,888)
Penguin ReadersのLevel2。
オードリー・ヘップバーンの人生が書かれています。
「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」・・・などの彼女が出演する有名な映画は見たことがありますが、オード―リー・ヘップバーンの人生そのものには全く知らないでこの本を読んだので、色々と驚かされました。
華やかに成功を収めたように感じられる印象とは裏腹に、数々の苦悩、家族のこと、そして晩年は国連で活動し・・・、まさに激動の人生。興味深く読み終えることができました。

読了までの時間:約30分
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ