多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Penguin Readers: Level 3 BECOMING JANE (Penguin Readers (Graded Readers))
著者: Kevin Hood
販売元: Pearson Japan
発売日: 2008-08-14
種別: ペーパーバック
ページ数: 64ページ
売り上げランキング: 42396位
シリーズ:Penguin Readers 3

多読国民のレビュー

全件24 人読んだ22 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/05/27 By クラウス (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:3.4 / 語数:11,795)
お金をとるか、愛ととるか。永遠のテーマ。さすがペンギン。語数のわりには、そんなに苦労せずに読めました。
thanks機能は会員のみ
2016/03/10 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:3.4 / 語数:11,795)
18世紀英国の地方の中流社会。
女性が社会でそれなりの地位にあるには、もっと言えば貧乏暮らしに転落しないで済むには、
選択肢は一つしかなかった。
有望な金持ちの男性と結婚すること。
しかし、聡明で文学的な才能に自負もあるJaneは、金持ちだが凡庸な男性との結婚は考えられない。
そんな中、夏休みにロンドンから短期滞在に来た法律家の卵の青年と出会う。
「自分を特別だと思ってるんだろ?」という悪気はないがいけ好かない青年に、図星を指されたJaneは最初反感を抱く。
だが「良い作家になるには、もっと世界を知るべきだ」という青年の言葉は胸に響く。
急速に惹かれあう二人だが、取り巻く環境はきびしかった。
映画『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(原題: Becoming Jane、2007年、イギリス)の原作となった、
ジョン・スペンスの『Becoming Jane Austen』の簡易版。
『高慢と偏見』などで知られる女流作家ジェイン・オースティンの若き日を描いた伝記を基にした小説。
18世紀末の英国の地方中流社会で生涯独身を貫いた彼女の、
知られざるただ一度の恋愛を描く。 
映画で主演したアン・ハサウェイほかのスチール写真を多数掲載。
楽しく読める。
thanks機能は会員のみ
2015/10/22 By iwao (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:11,795)
こういう複雑なストーリーでの心理描写はこの字数では難しいかも
thanks機能は会員のみ
2014/04/29 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.5 / 語数:11,795)
登場人物が多く、時代背景も馴染み薄いので、ストーリーが追いきれないところがありました。ペンギンリーダーには登場人物一覧を是非つけてほしいです。
後半の盛り上がりとラストの後味の良さで、星一つ分おまけです。
モッチモチより thanks機能は会員のみ
2014/03/04 By 高菜の油炒め (評価:3点 / ジャンル:LV / YL:3.5 / 語数:11,795)
冒頭から次から次と登場人物、女性たちの軽口…手強い、修行…要再読
thanks機能は会員のみ
2014/01/22 By Londonsweet (評価:5点 / ジャンル:LV / YL:3.5 / 語数:11,795)
ジェーンの小説は皆ハッピーエンドなのに、この話だけ違う結末。
終盤からは、映画のシーンも思い出され、いつの間にか涙が溢れてきてしまいました。
ロマンチックなお話が好きな方にはお勧めだと思います。

多読を始めて10冊目。本を読むのが苦手だった私が、今結構はまってます!
大好きなジェーンオースティンの作品を原書で読めるようになりたいです。
ハルより モッチモチより thanks機能は会員のみ
2013/12/19 By こきま (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:3.3 / 語数:11,000)
登場人物の名前を覚えていられなくて、読了後再度前半読み返しました。彼女の小説をいつのひか原書で読んでみたいです。
thanks機能は会員のみ
2013/04/11 By ながちゃん (評価:5点 / ジャンル:LV / YL:0.0 / 語数:11,795)
恋に落ちた2人が駆け落ちしようとするが、最終的には結婚しない話、
thanks機能は会員のみ
2012/09/26 By Ayumi N (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:3.4 / 語数:11,795)
エマ、プライドと偏見などの著者ジェーン・オースティンの若いころの話。

お金持ちだけどつまらない男と愛しているけど貧乏な男。
2人から結婚の話が出てジェーンが選ぶのは・・・

どこまで本当かは分かりませんが、愛する人の家族のことを気にかけて駆け落ちをやめるジェーンの選択は正しかったと思いたい。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ