多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Adventures of Huckleberry Finn
著者: Mark Twain
販売元: Macmillan Education
発売日: 2005-01-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 735円 [定価:¥ 729]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 64ページ
売り上げランキング: 35730位
シリーズ:Macmillan Readers 2

多読国民のレビュー

全件77 人読んだ68 人読書中1 人興味5 人積読3 人
コメントなしも表示する
2017/12/22 By ぽっぴん (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.0 / 語数:8,621)
かなりわくわくする冒険物語でした。内容は昔のアメリカの深刻な問題が取り扱われている一方で、最後はハッピーエンドで非常にすっきりでした。かなり楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2017/09/26 By timitti (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.0 / 語数:8,621)
いろいろあるハックルベリーフィンのGRの一つですが、それぞれ切り取りどころが異なっていて面白いです。この本もとっても楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2017/07/30 By pomcat (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.0 / 語数:8,621)
トムソーヤより面白い
thanks機能は会員のみ
2017/01/23 By 09428341 shimizu tomoki (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:8,680)
読んでいて飽きない内容だった。
thanks機能は会員のみ
2016/08/24 By Ayangel (評価:3点 / ジャンル:CL / YL:2.0 / 語数:8,621)
トムソーヤの姉妹ストーリー、ハックルベリーです。

少年の冒険、という目線ですが、描かれている内容は
暴力を振るう親、奴隷の売り買い、えげつない詐欺、
などとても残酷で卑劣な内容だったりします。

それでも前向きでまっとうな少年の姿が物語を
楽天的にしていますし、希望を持って読めます。

thanks機能は会員のみ
2016/02/20 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,621)
『トム・ソーヤ―の冒険』をマクミランシリーズで読んだので、姉妹編のこちらも手に取った。
子供の頃に読んだ『ハックルベリー・フィンの冒険』のRetold版。
父親が飲んだくれの流れ者のため、浮浪児のような生活をしているハック。
トムとの冒険で得た大金を目当てに、父が町に戻ってきてハックを監禁。毎晩暴力を振るう。
このままでは殺されてしまう、と危機感を抱いたハックは、丸太小屋を逃亡。
同じく、奴隷商人に売られるのを逃れて来た友達の黒人ジムとミシシッピ川を筏で逃亡することになる。
途中で詐欺師2人組と出会ったり、騙されたり、助けられたり、人間社会の縮図を体験。
最後にトム・ソーヤ―が登場して大団円に。
これだけの体験をしながら、基本的に真っ当なハックの強さに改めて感嘆する。
いつか原初でも読んでみたい。
thanks機能は会員のみ
2016/02/19 By michina (評価:5点 / ジャンル:CL / YL:1.5 / 語数:8,568)
作家紹介のページでペンネームであるマーク トウェインの意味を知った。

次から次へと色々な出来事があり、夢中になって読んだ。
どなた様にもオススメします。
thanks機能は会員のみ
2015/09/28 By iwao (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:8,621)
オチがいいね!時代背景もわかって面白かった。
thanks機能は会員のみ
2015/08/28 By Hide (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,621)
子供の頃の日曜名作以来のHuck。Huckを思い浮かべながら読むと大人の人はいいかも。
thanks機能は会員のみ
2015/08/21 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,621)
読後感は爽やかでいいけど、奴隷の問題やハックルベリーの父親による虐待など考えさせられる内容もあって、読みごたえがあった。英語はretold版だけあって読みやすいです。子供の頃はハックルベリーに共感しただろうけど、大人になった今、ハックルベリーにはちゃんとした教育を受けてほしい
と思う。
thanks機能は会員のみ
2015/02/11 By kocka (評価:-- / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,621)
トム・ソーヤーの2年後の、トムと一緒に宝を発見したハックベリーが主人公の話。宝のお金を毎週少しずつもらっていたが、そこへ父親が突然出現し、お金を求めハックベリーを監禁する。命の危険を感じたハックは逃げ出し、奴隷であることから逃げてきた知り合いのジョンとともにミシシッピ川を下り北部へ行こうとする。奴隷制度の問題やハックの行動が法律を破っていることに悩むなど深い話でした。8,621語
momomonより thanks機能は会員のみ
2014/08/16 By noriyorino (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.7 / 語数:8,548)
題名はもちろん知っていたが、内容は始めて知った。英文は読みやすく、ストーリー展開も面白くてスラスラ進んだ。Huckleberryの機転で危機をすり抜け、ハッピーエンドになって良かった。
thanks機能は会員のみ
2014/03/13 By new_be (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:1.6 / 語数:8,621)
ハックルベリー・フィンの冒険retold版。トム・ソーヤの冒険は子供の頃に既読だったけれど、続編のこちらは初読。こういう話だったのか。トム・ソーヤ・・・のユーモアはそのままに、奴隷制度を少年ハックルベリー・フィンの目を通して描いている。読み終わってみると、トムよりハックが好きになっている。トム・ソーヤ・・・よりこちらを原書で読んでみたいと思わされた。
thanks機能は会員のみ
2013/05/09 By 感動親父 (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,500)
御存知、ハックルベリーフィンの大冒険の簡易英語版。
thanks機能は会員のみ
2013/05/01 By pinoko0509 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,500)
子供たちがHuckleberryに憧れるのも分かるかな。Jimとの友情というかやりとりも好き。
thanks機能は会員のみ
2013/04/19 By YNchem55 (評価:3点 / ジャンル:CL / YL:0.0 / 語数:0)
古い英語でわざと綴りを間違えたりしており 読みにくいです 現代語訳でいつか読みたいと思います
thanks機能は会員のみ
2013/03/10 By タラ・アイーダ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,574)
長くて読み終わるのに時間がかかったが、その分やり遂げた感があった。
thanks機能は会員のみ
2012/11/16 By ただ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.6 / 語数:8,500)
トムソーヤの冒険よりはこっちの方が好み。
thanks機能は会員のみ
2012/02/23 By さくら (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.6 / 語数:8,574)
Mark Twainのお話でトムソーヤの冒険の続きになります。トムソーヤの友人のハックの冒険物語。このレベルとしては総語数は多いですが、読みやすく、内容も面白かったです。少し難しい単語がありましたが、絵などを参考になんとかなりました。おすすめです。
thanks機能は会員のみ
2012/01/29 By Kenblish (評価:1点 / ジャンル:AD / YL:5.0 / 語数:21,900)
「ハックルベリー・フィンの冒険」簡約版です。低評価はあくまでこの簡約版に対してで、原作についてではありません。低評価とした理由ですが、まず原作の人種問題や宗教といった重いテーマがカットされています。また、「トムソーヤーの冒険」の続編でもある本作は、いたずらや悪だくみが豊富なのですが、これもかなり簡約化されていて面白味がありません。あとに残ったのは、簡約化しすぎてストーリー展開が急すぎる味気ない粗筋です。子供向けの簡約版なので毒が抜かれるのは仕方ないとしても、原作の魅力を過度に損なっていると思います。基本的に好意的なレビューをしたいと思っていますが、そういうわけで星1つとしました。

英語圏の小学校低中学年向けに名作を書き直した Classic Starts シリーズの一冊です。このシリーズの読みやすさレベル(YL)を個人判断で平均5.0としています。この本は単語、構文どちらもシリーズ中では平均的なため YL を 5.0 としました。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ