多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Ruth Fielding at Briarwood Hall; Or, Solving the Campus Mystery
販売元: Hardpress Publishing
発売日: 2016-06-23
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 2,736円 [定価:¥ 2,660]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 192ページ

多読国民のレビュー

全件1 人読んだ1 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/12/20 By 905 (評価:-- / ジャンル:SA / YL:0.0 / 語数:41,515)
Ruth Fielding シリーズ第2作。1913年発表。
Ruthと親友のHelenはともに寄宿学校に入学し、憧れのキャンパスライフを送ることになったが、意地悪な上級生のせいで二人の仲が危うくなる。

Ruthの芯の強さは一貫しているけど、Helenが前作よりやや思慮浅いとこが目立ったな。あの上級生がどうなったか気になるが、次作は冬休み中のキャンプの話らしいのでいったん学校を離れる模様。けっこう惹き込まれる内容なので次作以降も読んでいきたい。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ