多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Case of the Fire Alarm (The Buddy Files)
販売元: Albert Whitman & Co
発売日: 2011-03-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 928円 [定価:¥ 730]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 132ページ
売り上げランキング: 135273位

多読国民のレビュー

全件50 人読んだ48 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/11/18 By 雪うさぎ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:11,417)
昔一緒に謎解きしていたケイラはスプリングタウンに引越しちゃったし探偵業を廃業してセラピー犬となったぜ、というバディ。これ4作目なんですね。学校へ出勤だぜぃ。とノリノリだし1作目の後だとだいぶコナー達に慣れて吹っ切れてる感がある。と思いきやケイラの昔の犬に似てるというジリアンの声に物凄く反応。今回は火災報知機を鳴らした犯人を探せというもの。火災報知機にpullが使われてるのが意外。日本だと押すのになぁ、とfire alarmで画像をググってみた。あちらはT字のハンドルが付いているpull down式、Uの底の部分をpush it then/pull down、そしてbreak glass/press here式色々だった。煙感知・熱感知の自動以外の人間が知らせる方式の場合は日本では赤マークの中心に「ここを強く押す」で統一されているので国によってこの辺も事情が違うのかと意外だった。
memo
go off/鳴り響く fetch/取ってくる barrel/急に動く
thanks機能は会員のみ
2017/11/14 By おぐりん (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:11,304)
シリーズ第4作。面白かった。あと2作で終わってしまうのが残念。アメリカの小学校はトイレに行くのに許可証がいるのには驚いた。
thanks機能は会員のみ
2017/07/30 By ゆっこりん (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:11,304)
一時、読むのを中断してたけど、buddyの愛らしさに惹かれて、読み進めることができた。
thanks機能は会員のみ
2017/02/19 By 六花 (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:13,255)
今読んでいる本が停滞中だったので、気分転換に戻ってきた。簡単なのでサクサク読めてほのぼのできる。
ただ、1巻を読んだときにBuddyのかわいさに惚れ込んで6巻目まで紙の書籍で買いそろえてしまったのだが、文字が大きすぎて読み辛いのでKindleにしておけばよかったとちょっと後悔している。
thanks機能は会員のみ
2017/01/28 By Jay (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:13,255)
学校の非常ベルを鳴らした犯人を捜すお話。
Buddyならではの匂いなどをひんとに、捜査を進めていきます。でも、行きたい場所に行けなかったりと、少しもどかしさもあり、それがまた面白いです。

幽霊が少しだけ登場しました!
今後どういう展開になるのか楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2016/04/22 By Akiko24 (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:11,304)
Buddyがまっすぐで、可愛いです。
thanks機能は会員のみ
2016/04/20 By Miki (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:11,304)
Buddy Files 第4巻

Buddy is now working at a school as a therapy dog, but one day somebody pulled a false fire alarm and Buddy is again a detective dog to find who did it. 
 He uses his special skills to solve a problem; sniffing. 
He can smell almost everything, like fire or a ghost or even a lie. 

1〜3巻を読んだ後、間違えて5巻を先に読んでしまったので、5巻ではMr.Poe(用務員さん)が紹介もなく登場していて、あれ誰だっけ?となったが、4巻で初登場していたのね。
今回も犬らしく特殊スキルを多用して事件解決に活躍します。相変わらず、良くも悪くも忘れっぽく明るい、Buddy、犬らしくて可愛い。
ペット、特に犬を飼っていた、動物好きさんなら絶対に楽しめるシリーズだと思います。



77mins≒147wpm(−_−#)
thanks機能は会員のみ
2016/02/02 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:3.0 / 語数:11,304)
小学校のセラピードッグにして探偵のゴールデン・レトリーバー犬のBuddyの事件簿シリーズ第4弾。
Buddyが、新しい飼い主、校長のママと息子のConnorとともに
セラピードッグとして通学を始めた初日、小学校で火災警報が鳴り、消防車が出動して大騒ぎになる。
小学生の誰かが鳴らしたのか? それとも学校に住み着くという幽霊の少女の仕業?
気持ちの優しいBuddyに共感しながら、Buddyの推理を楽しめる。
一気に読めた。 0280919197
thanks機能は会員のみ
2014/03/02 By tomomi-12345 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:11,505)
シリーズ第4作目。Buddy が学校で活躍します。
Buddy の心理描写がよくて、犬とは言え、感情移入できて楽しく読めます。
前3作、とくに3作目がどきどきしながら読んだので、それに比べると…と思って星4つにしましたが、前3作が気に入った方にはお勧めです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/13 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:11,304)
セラピー犬として、学校に通うBuddy
子供たちと遊ぶのが大好き。
そんな毎日に、事件が。。。
火や煙の臭いもしないのに火災報知機が鳴り響きます。
怪しい児童が3人。。。さて、誰がやったのか。。。
thanks機能は会員のみ
2013/12/17 By roco (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:13,255)
Buddy Files Series は、#1しか読んでいないが、#4のこの本が安く出たので買ってみた。
Down girl and Sit シリーズを2冊読んだ後なので、そちらの犬たちと比べて
Buddyはずいぶん賢くて感心した。
「人間って、どうも僕らの言葉を理解できないんだよなぁ」という、
もどかしい気持ちがよく表れている。
thanks機能は会員のみ
2013/12/05 By Mark (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:13,255)
The Buddy Filesシリーズは本当によみやすいです。
続けて読んでいると、犬ってこういうこと考えてるのかなあと思えてきます。
thanks機能は会員のみ
2013/11/30 By マリン (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:11,304)
シリーズ4冊目。Buddyの飼い主に対する思いや、自分の在り方の心境に変化が。
いつも前向きなかわいいBuddy。英語圏の読み手の子供達のハートをがっちりつかんでいるのでしょう(^∇^)学校の子供達の様子など想像しながら読み続けられましたので、多少わからない単語があっても頑張れました。
thanks機能は会員のみ
2013/09/17 By 菜海 (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:11,304)
まだ私には早いとわかっていながらも前3作がおもしろかったので読んでしまいました。
字が大きいので読みやすい気がします。
今回も次も読みたくなっちゃうくらいおもしろかったです。
ただまだ私には少しレベルが高いので、気合いを入れてからじゃないと読み始めることが出来ないのが難点です(笑)きっちりベースを固めてから再読したいと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/08/03 By てくてく歩く青い鳥 (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:3.4 / 語数:11,304)
Buddyがかわいいので、どんどん読めます。
文字が大きいのも、いいです☆
sweetsr4everより thanks機能は会員のみ
2013/07/18 By penpen (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.4 / 語数:11,304)
シリーズ順番に読んでいます。4作目。
前作までの内容が出てくるので、順に読むのがおススメです。

知らない単語はやはり出てきますが、読みやすく面白いです。
thanks機能は会員のみ
2013/01/25 By ろく (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:11,304)
英語は簡単とはいうものの、知らない単語やわからない文章はありました。

アメリカの学校の様子が少しわかりました。こうして背景知識を蓄積することが出来るのが多読の良いところなのかと思いました。
thanks機能は会員のみ
2013/01/19 By Polka (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.4 / 語数:11,304)
The Buddy Filesは、#1,#2,#5とよんで今作(#4)を読みましたが、
一番難しかったような気がします。
でも相変わらず面白いので一気に読みました。
犬好きではなかったのですが、このシリーズを読むと犬が好きになりますね。
Buddyみたいな犬だったら是非飼いたいですね。
thanks機能は会員のみ
2012/12/08 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:11,304)
セラピードッグとなったBuddy
Connorから聞く学校のGhostの噂話。
学校では、Fire Alarmが鳴るが、いたずらと分かり、誰が鳴らしたかを探す中で色々と問題が。。。
thanks機能は会員のみ
2012/10/22 By たびねこ (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:11,304)
Buddyくんシリーズ4冊目。

今回は謎解きとしてはいまいち・・・でしたが、
子供たちが学校でいろいろもっている「秘密」が楽しめたのでよかったです。

自分の子供時代をなつかしく思い出しました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/04 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:11,304)
therapy dogとして飼い主のママと一緒に学校にいくBuddy
そしてすぐさま事件発生。
突然、学校の火災報知機が鳴り、
消防車やパトカーが次々と学校にやってくる。
Buddyは全く「火のにおい」を感じない。
案の定、誰かが火災報知機を引っ張って鳴らしたのだ。

授業中のことだったので、そのとき「トイレ」に行くといって
教室にいなかったMichaelとJillian,Zackの三人が呼ばれる。
3人とも否定するが、
Buddyは「detective dog」としての血が騒ぎ出す!!

彼の推理もさすがだが、
最後は「therapist」として大活躍のBuddy!!

元気いっぱいのBuddyの様子を浮かべながら楽しく読める本です。
1万語もあっという間でした。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ