多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Last Child
著者: John Hart
販売元: John Murray Publishers Ltd
発売日: 2010-03-04
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,250円 [定価:¥ 1,213]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 480ページ
売り上げランキング: 69431位
シリーズ:Edgar Allan Poe Awards(Best Novel) 2010(vol.2010W)

多読国民のレビュー

全件11 人読んだ8 人読書中0 人興味2 人積読1 人
コメントなしも表示する
2018/11/21 By ぶーさーさー (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:6.5 / 語数:118,694)
ノースカロライナの小さな町、13歳のJhonnyの双子の妹が誘拐され行方不明のまま1年が経過。
Jhonnyの父は自責からか黙って家を出ていき、母Katherineは悲嘆から自暴自棄になり、JhonnyとKatherine母子二人の家庭は崩壊状態となる。
そしてKatherineに昔から目をつけていた町の有力者Kenが、住む家も無くなった母子に家を貸し、Katherineを酒とドラッグで愛人にし、Jhonnyには暴力を振るうようになる。
こんな過酷な環境のなかJhonnyは、未だ妹はまだどこかで生きていると信じ一人で妹の行方をしらべている。
そして地元警察のHunt警部、1年前の事件を解決することが出来ず、今も執念で捜査を続けていて、Jhonny母子の力にもなろうとしている。
そんなある日、新たな誘拐事件が・・・・。
物語は主として、Jhonny又はHunt警部からの視点で語られて行き、前半はゆったり進みますが、60%位から予想外の怒濤の展開を見せ、もうページをめくる手は止まりません。

ミステリーですが、家族や友情を描いた文学作品のような趣もあります。
ちょっと特徴のある文章ですが、慣れるとそのリズム感が癖になり心地よく読むことが出来ました。
又、英語は平易で読みやすく、お勧めです。
uribou-momより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ