多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Wedding Flowers (Cobble Street Cousins)
販売元: Aladdin
発売日: 2003-06-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 82412位
シリーズ:Cobble Street Cousins, The(vol.6)

多読国民のレビュー

全件33 人読んだ30 人読書中1 人興味2 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/03/21 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
再読。
女の子が好きなものがいっぱいつまったシリーズ。
6冊目にして最終巻。
全体を通して柔らかな文章で穏やかな日常を描いてます。
楽しかった。
また時々よみたくなると思います。
thanks機能は会員のみ
2015/10/30 By new_be (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
前作では三従姉妹たちが去る前の楽しいsummer partyが開かれたが、本作では少女たちがCobble Streetに再集結し温かく穏やかなweddingが行われる。これまでに登場した人たち(+NewFace)も一堂に会する。
シリーズ6作目にして最終巻。1作目にて出会った二人がいよいよゴールイン。とはいえ、これからも三従姉妹たちは、夏が来る度にCobble Streetを訪れ、あの屋根裏で過ごし、ブレスレットのチャームも一つずつ増えていくことだろう。

===シリーズ全6冊を読んでのまとめ感想===
*シリーズを通して温かく平和で、絶対ハッピーエンド主義の読者の期待を裏切らない。
*Aunt LucyとMichaelは、少しおませな少女たちと比べると純情すぎる~
*Aunt Lucyの家はどれだけ広いのだろうか。屋根裏に三人の個々のベッドが置ける区切られたスペースがあり、更にPlaygroundと呼ばれる場所まである。
*とにかくガーリーなので、あまりガーリー趣味ではない自分としては読んでいると少しくすぐったくなる。
thanks機能は会員のみ
2015/09/29 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:3,924)
久しぶりに、三人のイトコたちがルーシーおばさんの家に帰ってきます。
ほわっとした話で読みやすいシリーズでした。
これで、このシリーズも終わりかと思うと寂しく感じました。
thanks機能は会員のみ
2015/03/14 By NANA@英語多読家 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:3,924)
フィナーレを飾るとてもステキなお話でした。
Aunt Lucy とMichaelのささやかで温かい手作りのweddingに、
花嫁姿に、三人からの手作りプレゼントに、
もう後半からラストまで涙ホロホロでした(涙)
このシリーズを読み切ってとっても満足です♪
thanks機能は会員のみ
2015/01/27 By weeny (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:3,924)
とうとうマイケルとルーシーの結婚式が訪れます。

イラストも最高に美しく、結婚の可愛い小物や食事がたくさん出てきて、最高にガーリーな盛り上がり。

ルーシーが付き人の3カズンのドレスを手作りしているところで、涙がホロリ。
その後、あちこちで、ホロホロして、感動的な幕引きで満足でした。
優しく心温まるお話しで、イラストが多いのがほんといいです。
thanks機能は会員のみ
2014/11/12 By Angele Flame (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
Interest Level: K-2
Reading Level: 4.2
Lexile Level: 670L

ATOS Book Level: 4.1
Interest Level: Lower Grades (LG K-3)
AR Points: 0.5
thanks機能は会員のみ
2014/08/30 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:3,924)
Cobble Street Cousinsシリーズ最終第6巻。
バレリーナの両親達が世界ツアーに行っている間、
花屋のおばさんの素敵な家で一年近くを過ごした3人の少女達は10歳に。
彼女達が引きあわせた、植物学者になる青年と、花屋のおばさんは
とうとう結婚式をあげることに。
3人の少女は、ブライドメイトをするために、
また結婚式の企画をお手伝いするために、再び戻って来る。

ほのぼのしたイラストが全ページについていて、読みやすい。
展開は予想どおりの「読める」展開で、安心して見ていられる結末が訪れる。
それでも、やはり日常生活が愛情深く、書かれていて、楽しく読み切れた。

過去は素晴らかったけれど、未来こそもっと素晴らしいものが待っている。
読んだ人を、そんな風にそっと後押ししてくれるような物語だと思う。
thanks機能は会員のみ
2013/11/10 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:3,924)
久しぶりに再読しました。
Cobble Street Cousinsシリーズの最終巻です。
Lucyおばさんと、Michaelの結婚式。
小さな結婚パーティですが、とても心のこもったパーティです。
thanks機能は会員のみ
2013/03/23 By Mii (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:3,888)
シリーズの最終巻です。ちょっと急ぎ過ぎたような気がしますが、Aunt LucyのWeddingに向けての様子や、Weddingなどが描かれています。最後はなかなか感動的でした。
thanks機能は会員のみ
2012/10/26 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:3,924)
いとこ3人が戻ってきます。
心温まる、手作りの結婚式です。
thanks機能は会員のみ
2012/10/14 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
全6巻シリーズの最終巻。
第1巻から気になっていましたが、LucyおばさんとMichaelが結婚することになり、
キューピットとなった3人は、結婚式のため再会する。
3人のアイデア満載で、すてきな式になった。
結婚式の前日、LucyおばさんがMrs.Whiteさんに教わって
3人それぞれのために、かわいいドレスを作ったのをプレゼントしたときは
こちらも一緒に喜んでしまいました。(表紙にドレスをきたイラストが)

登場人物全員がみ~んな心優しくて思いやりがある人ばかり。
だから読んでいるわたしたちもすごく心が癒されるし、
「こうありたい!」と思える人物像たちに出会えたことが
このシリーズを通して一番感動したことかな。と思います。

知らない単語もいろいろありましたが、文は複雑ではないので
内容はすんなり入ってくるとおもいます。
イラストも多いしね。
thanks機能は会員のみ
2012/01/18 By (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
Lucyおばさんとの一年間が終わって、それぞれの家に戻った3人のいとこ達がまたcobble street に帰ってくる!それも、Lucyの結婚式のために…。

後日談のような1冊だったので、終わったあとも大満足でした。
だけど、この子たちのお話がもう読めなくなると思うとなんだか寂しい…。

そう思えるシリーズでした。
癒されました。
thanks機能は会員のみ
2011/02/24 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:3,924)
それぞれ別の生活に戻った3人が

LucyおばさんとMichaelさんの結婚式のために

Cobble Streetに帰ってきます。

今回も手作りで暖かい結婚式を計画します。

人を思いやり尊敬して大きくなっていく子供たちが

本当に微笑ましく思えたシリーズでした。

華より thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ