多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Henry and Mudge in the Sparkle Days (Henry & Mudge)
著者: Rylant, Cynthia(著) Stevenson, Suçie(イラスト)
販売元: Simon Spotlight
発売日: 1997年03月01日
種別: ペーパーバック
価格: ¥763
在庫: 通常3~4日以内に発送します。
ページ数: 48ページ
Dogs: 1358位
Pets: 623位
Christmas: 1655位
シリーズ:Ready-to-Read 2: Henry and Mudge(vol.5)

多読国民のレビュー

全件29 人読んだ28 人読書中0 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/08/10 By クラウス (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:0.9 / 語数:858)
ハートフルなお話。
thanks機能は会員のみ
2019/06/16 By りぃ。 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:0.9 / 語数:858)
1匹の犬と家族のほのぼのストーリー。心温まる話でした。
thanks機能は会員のみ
2019/04/17 By nakanaka (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:1.1 / 語数:858)
雪の降る冬の日のひとこま。家族で積もった雪の上を夜の散歩としゃれこむ。帰ってきてからの暖炉の前でくつろぐ家族がよかった。
thanks機能は会員のみ
2019/02/11 By Nachipero (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:901)
シリーズ5作目。なんかいい時間を過ごさせてもらったなぁ…という感じ。"Amelia Bedelia"を読んだ後だったので、"dressing the turkey" のシーンでは、思わず「お前もか、Henry!」と思ってしまった。いや、Henryはわざと言ってるんだけど(笑)
thanks機能は会員のみ
2018/03/05 By プリン (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:810)
雪を楽しみにしている様子、よく伝わって来る
thanks機能は会員のみ
2016/02/27 By kota (評価:-- / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:810)
今回の作品で最後のシーンが印象的。暖炉のシーンが特によかった。
thanks機能は会員のみ
2015/12/19 By 玻月 (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.9 / 語数:901)
 子供の頃ほど、雪は楽しい。そんなことを思い出させてくれました。
thanks機能は会員のみ
2015/07/11 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:901)
少年と犬の輝く冬の日々を描く三つの短篇集。簡潔な文章ながら、子どものころの様々な思い出が鮮やかに浮かび上がります。もうあの頃には戻れないという郷愁とともに。
同じ作者の「Mr.Putter and Tabby」は老人と老猫の何気ない日常を描くシリーズですが、読み比べるてみるとより深く味わえるような気がします。
thanks機能は会員のみ
2015/03/08 By new_be (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:901)
シリーズ5作目。3作収録の短編集。
「Sparkle Days」
冬、雪が降るのが待ち遠しいHenryとMudge。雪が降った朝、身支度をして早速外に遊びに出かける。寒くて、ビチョビチョで、鼻ズルズルでも、子供も犬も元気だ。
「Christmas Eve Dinner」
クリスマス前日、母はクッキーを焼き、父はターキーを焼く。ドレスアップして豪華な料理を、キッチンではなくダイニングで食べる。今宵からはMudgeも一緒に。クリスマスイブは家族で過ごす。
「Firelight」
冬の夜、家族みんなで外を散歩する。空を見たり、家々の明かりを見たり。そして、暖かい暖炉のある我が家に帰ってくる。みんなで暖炉の前での静かな一時。平和で静かで暖かい。幸せな空気に包まれる読後感。
thanks機能は会員のみ
2010/12/26 By しばわんこ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,000)
きらきらすべてがあたたかかく輝く日。Mr。Putterのほのぼのとはまた違った
子供のいきいきとした日常が愛犬とともに映し出されています。単語も簡単で
Frog and Toadより読みやすいと思います。
santana01より thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ