多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Berenstain Bears Catch the Bus (Step Into Reading Step 2 + Math)
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1999年07月01日
種別: ペーパーバック
価格: ¥1,073
在庫: 通常3~4日以内に発送します。
ページ数: 32ページ
Bears: 152位
School: 337位
Personal Hygiene: 65位
シリーズ:Step into Reading 2

多読国民のレビュー

全件18 人読んだ17 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2016/10/12 By ルルさん (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.7 / 語数:276)
最後の追い上げがすごい(笑) 子ども向けといっても、倒置法が使われていたり、知らない動詞があったり、侮れないなと思いました。韻を踏んでいてリズムも良いです。
thanks機能は会員のみ
2016/09/22 By timitti (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:0.7 / 語数:276)
まだ起きてないけど、バスに間に合うかな?
thanks機能は会員のみ
2016/09/04 By りょお☆ (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:0.8 / 語数:274)
4歳次男と。これは以前見たことがある・・。どこでだろう・・。スクールバスが来る5分前に起きて、朝ごはんも含めた身支度ができるなんて、すごすぎやしないか!?お母さんは心配している割には、直前まで起こしに行かないんだなぁ・・。のんきなのか、自分の事は自分でしなさい!という方針なのか、どっちなんだろう。
thanks機能は会員のみ
2013/11/19 By new_be (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:0.7 / 語数:276)
目覚まし時計が鳴っても起きない熊の子たち。スクールバスに間に合うのか。
6時59分から、スクールバスが来る8時までの熊の一家を時間経過とともに時計のイラスト付きで描いている。Step Into Reading Level1は対象年齢がPreschool-Grade1となっており、最後に「7時を過ぎても寝ているとスクールバスに遅れるかもよ」というような教訓が書かれている。その教訓とともに時間と時計の関係も学べるようになっている。
以前読んだBerenstain Bearsシリーズでは前置詞が学べるようになっていた。このように英語圏の子供は学ぶのだと思わせてくれるシリーズ。
thanks機能は会員のみ
2013/07/25 By santana01 (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:0.7 / 語数:276)
寝坊助のクマの兄妹が果たしてスクールバスに間に合うのか!?
時計の表示とともに5分単位、1分単位で物語は進行していきます。最終ページに「moral」なんて項目があるくらいですから、幼児のお勉強用の色彩が濃いものですが、時計と時間についての概念も絵を見ながら理解できるように配慮されています。
thanks機能は会員のみ
2011/07/17 By bekkie (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.7 / 語数:351)
子ども向けですが読ませる時期を非常に選ぶお話だと思います。時計が読めるようになってからではなく、時間の経過が感覚的に分かっており、それを時計で追うことができるようになって初めて楽しく読めます。
santana01より thanks機能は会員のみ
2011/01/09 By しばわんこ (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:100)
このシリーズ20冊以上読んでますが、字数のかなり増えるものよりも
このへんのものが楽しく、読みやすいです。YL4くらいのものは
「日本語でいって!」攻撃にあうからですが、私自身発音や読み方に自信がないので、このへんのレベルが楽しいです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ