多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Dingoes at Dinnertime (Magic Tree House (R))
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2000-03-14
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 730円 [定価:¥ 734]
在庫: 通常1~2か月以内に発送
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 117947位
シリーズ:Magic Tree House(vol.20)

多読国民のレビュー

全件152 人読んだ148 人読書中0 人興味3 人積読2 人
コメントなしも表示する
2018/04/30 By candy-sachi (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,154)
テディが人間に戻ってとりあえず一旦区切りがつきました。
次はなんのミッションになるのか、楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2018/04/04 By ハッカ飴 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,000)
カンガルーの生態が分かって面白かった。
thanks機能は会員のみ
2018/01/27 By おぐりん (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,154)
今回も挿絵にだいぶ助けられた。カンガルーがスクールバスを飛び越えるというのは驚いた。
thanks機能は会員のみ
2017/03/10 By betao (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,154)
Teddyの魔法を解くための最後の贈り物を手にいれるために今回はオーストラリアへ!
すごくどうでもいいのだけれど、前回の旅からどれぐらいたってるのかな?蓮の花萎れちゃったりやしないのかな、なんて思っちゃったり(笑)
今話ではついにTeddyの正体が…!少し思いもよらない感じてした。
thanks機能は会員のみ
2016/12/17 By いっち (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,154)
動物がかわいい!
thanks機能は会員のみ
2016/10/04 By とみー (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,154)
Teddyの正体、これはちょっと当てるの無理だ。
thanks機能は会員のみ
2016/08/28 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,000)
Teddyの正体はちょっと予想と違ってました。また、再登場もあるのかな?
今回の4つの贈り物の意味もわかります。4つで1シリーズ完結、飽きない長さでちょうど良いですね。謎解き巻が楽しみで読み続けられる感じです。
thanks機能は会員のみ
2016/01/12 By aki007 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.7 / 語数:5,000)
ネイチャー系が2冊続くと辛いなあと思ったけれど、可愛い動物の登場や謎解き回なのもあってサクサク読めた♪
thanks機能は会員のみ
2015/08/24 By 空色 (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,532)
オーストラリアでの冒険は面白かった。
雨を降らせる蛇の神様なんて面白い。
アイルランドにも伝説の蛇がいたけど、蛇ってやっぱり不思議な力を感じさせる生き物なのかな。
テディの正体にはちょっとびっくり。
thanks機能は会員のみ
2015/07/26 By わか (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,256)
thanks機能は会員のみ
2015/05/19 By ノブ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,335)
テディーの正体がわかります
thanks機能は会員のみ
2014/12/26 By ユウキ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,154)
子犬のTeddyにかけられた魔法を解くための最後のギフトを探しにオーストラリアにトリップする二人。有袋類、アボリジニの文化、オーストラリアの野生の犬Dingoなど、オーストラリアについての情報が散りばめられています。
今回の冒険はそこまでスリルがなく感じたのですが、Teddyの正体や子犬になっちゃった経緯などの種明かしが意外に面白かったです。
Lourdesより thanks機能は会員のみ
2014/11/19 By Marsa135 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.9 / 語数:5,154)
子犬の魔法を解く最後の贈り物を探しに今度はオーストラリアへ!
オーストラリアの動物達や過酷な自然についての描写がよいです。
いよいよTeddyの魔法は解けるのか?最後までドキドキさせられる良作です。
thanks機能は会員のみ
2014/09/14 By magicrose (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,154)
Koala means "no drink".
thanks機能は会員のみ
2014/05/24 By kota (評価:-- / ジャンル:NO / YL:3.5 / 語数:5,154)
今回の舞台はオーストラリア。オーストラリアの歴史が詰まっていた。
thanks機能は会員のみ
2014/04/18 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:5,530)
ジャックとアニーが、4つ目のギフトを探しすために、古代のオーストラリアを冒険します。
4つ目のギフトを手に入れることができたら、子犬のTeddyにかけられた魔法がとけます。
4冊目ともなると、勢いでなんとなく読めます。
結果を知りたいあまり、ちょっと流し読みが過ぎた感があり反省しています。

Magic Tree Houseは、子供から大人まで、安心して読める本です。
thanks機能は会員のみ
2014/02/06 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,532)
子犬のTeddyにかけられた魔法を解くために、最後のgiftを求めてオーストラリア大陸に降り立ったジャックとアニー。今回は有袋類などの独特な生態系を持つオーストラリアや原住民であるアボリジニの伝説など、いつものハラハラ・ドキドキに絡めたオーストラリアのお勉強の巻でした。
最後に新しい仲間も加わって、次はどんな冒険が待っているのか楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/24 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.6 / 語数:5,154)
4つ目、最後のギフトを探しに、古代のオーストラリアに旅に出ます。
到着してすぐに目当てのカンガルーに出会いますが、野犬に追われて逃げてしまいます。
後を追いかけて行くと子供のカンガルーだけが見つかります。
母親のカンガルーは野犬から子供守るため、密かに子供を隠し、自分が囮になったのです。。。
母親のカンガルーを待つ間に、森が火災に。。。
thanks機能は会員のみ
2013/10/24 By rachel (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,000)
犬のTeddyの魔法を解くため、4つのgiftを集める冒険に出かけたJackとAnnie.。
本作で無事4つのgiftを集め終わり、魔法が解けます。

オーストラリアは行ったことのある国だったので、いつもよりいっそう楽しかったです。
Magic Tree Houseは毎巻動物との触れ合いが描かれていますが、どの動物も可愛いので、
ほっこりとします。次巻から新シリーズ、また新たに始まる冒険に心が踊ります!
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/08/21 By もへ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,530)
マジックツリーハウス第5章終了。笑うと雨を吐き出す虹の蛇ってのがカワイイ。
thanks機能は会員のみ
2013/05/20 By Peggyりりー (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:5,530)
やっと、20冊目に入りました。Teddyの正体?が意外で驚きました。
thanks機能は会員のみ
2013/01/02 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.6 / 語数:5,154)
Giftの4つめを探しに。
カンガルー、コアラの生態についてちょっとお勉強。
Teddyの正体は、予想が外れました。
さて、次のテーマはなんだろ。
thanks機能は会員のみ
2012/11/15 By まめぞう (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,154)
Magic Tree Hoseの第20巻
今回の舞台はオーストラリアです。コアラやカンガルーについての知識が深まりお勉強的にも良かったし、ハラハラする場面もあってストーリーも楽しめました。
4巻セットの完結編ということもあって、ワクワクしながら読みました。Teddyの正体は予想とは違っていましたが、この先のお話でも登場するのか気になるところです。
thanks機能は会員のみ
2012/04/08 By roco (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,532)
Teddyのspellを解くための最後のgiftを手に入れるために、
オーストラリアに行くJackとAnnie。
オーストラリアの生き物やアボリジニのことが色々わかる巻で、面白かったです。
Kangarooって、スゴい!
thanks機能は会員のみ
2012/02/05 By (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,532)
やっとTeddyの魔法が解ける巻です。
Magic Tree Houseは4巻セットの最終巻が楽しみで続けられるっていうのが、ポイントの一つですよね。
やっぱりこの巻が楽しみでした。

この巻で一段落して読むのをストップしようと思っていたのですが、
続きがきになるとこなので次の目標は28巻にしました。

さ、次の冒険だ☆
thanks機能は会員のみ
2011/12/26 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,154)
Magic Tree House20冊目で、今回の舞台はオーストラリア。お馴染のコアラやカンガルーが登場し、カンガルーの説明が多くあったので詳しくなれた気がします。カンガルーの子供がJackのリュックの中に入ってしまうところが可愛らしいなと思いました(もちろんTeddyも)。
アボリジニがRainbow Serpentを信仰していたという話を初めて知り、興味深かったです。
ついにTeddyにかかった呪文が解かれ正体が明らかになりました。予想と少し違ってました。
thanks機能は会員のみ
2011/10/11 By ろきん (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:5,532)
ついに解けるTeddyの魔法。
彼の正体は予想と違いました。

Youtubeで聴いてみましたが、Kookaburraは本当に笑い声みたいですね。
Kangaroo, Koala, Teddyどれもかわいらしい。

そろそろ50万語が近づきましたが、慣れてきたのか英語から直接イメージが浮かぶようになってきました。
YL6とかの小説もこんな感覚で読めるようになるため精進したいと思います。
しろきいろより thanks機能は会員のみ
2011/08/21 By ran (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.2 / 語数:5,532)
マジックツリーハウスの20冊目、4話まとめの5つ目の最終話です。
今回はTeddy(魔法を掛けられて犬になった)のを救う冒険でした。

私はオーストラリアにいったことがあり本の中に載っている情報は結構楽しく見れました。
Laughing birdと呼ばれるkookaburraは日本では馴染みがないかもしれませんが
本にあるとおりオーストラリアで一番有名とも言える鳥で実際の鳴き声を聞くと面白いです。

私は本を読んだときにすぐにYoutubeで再び聞いてしまいました。
途中の歌も出てきますがこういったものもネットを利用して実物を聞いてみると良いと思います。
(動物園でもkookaburraがいるところもありますよ)

barkに「木の皮」の意味があるようにマジックツリーハウスでは
今まで知っている単語でも別の使い方で出てきたりするので本当に勉強になります。

いつのまにか20冊目まで読んでいましたが、このシリーズはネタにつきることは
あまりないと思うので優秀な作品をどんどん出して欲しいですね。

次回のシリーズも楽しみです。
美月より ろきんより thanks機能は会員のみ
2011/08/15 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:5,532)
#17~20の完結編である今回はTeddyの魔法がどうなるかがメインと思います。
私の想像とだいぶ違いましたが、今後が更に楽しみになる展開です。

今回は魔法のお話があるのでいつもより冒険は短めだと思います。
余談だと思いますが、コアラの名前の由来が興味深かったです。何語だろう?

ところで、「bark」に「木の皮」という意味があるのを知りませんでした。
どうしても「吠える」だと意味が通じなかったので調べてしまいました。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/07/25 By j138 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:5,532)
ついにシリーズ完結です。
最後のかわいいオチと児童書ぽいしめは、なんともほのぼのします。
さて、次のシリーズはどうなるのでしょう?
ranより thanks機能は会員のみ
2011/07/06 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,532)
今回は、オーストラリアに行ったJackとAnnie
『A gift from a kangaroo』ということで、
tree houseで到着すると早速カンガルーの親子に出会う。
ところが、dingoというカンガルーを狙う野生の犬に見つかり
カンガルー親子は逃げるため二人から離れてしまう。

急いで、後を追うと・・・

そして、最後に4つのgiftが集まって、Teddyにかけられていた魔法がとける。
Teddyの正体は・・・・

とネタバレするといけないのであまり書けませんが、
4冊セットがまた終了。
次回はどんな展開になるのかなぁ。
巻末の「お勉強ネタ」はすごく物知りになれるので
学校推薦書としても利用できそうです。
ranより thanks機能は会員のみ
2003/10/19 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,530)
真っ暗なcaveの中でなぜ光ったのか?
手形はなんだったのか?
カンガルーのお母さんがなぜカードを持っていたのか?
謎が多い!
(とりあえずTedはかわいい)
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ