多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Polar Bears Past Bedtime (Magic Tree House (R))
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1998-01-12
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 710円 [定価:¥ 709]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 36492位
シリーズ:Magic Tree House(vol.12)

多読国民のレビュー

全件214 人読んだ210 人読書中0 人興味2 人積読2 人
コメントなしも表示する
2019/04/10 By ロバ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:5,629)
北極にパジャマで行くだけで試練だ((((;゚Д゚)))))))
thanks機能は会員のみ
2019/03/06 By まっきー0121 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,656)
シロクマは薄い氷の上も移動できるんだ!びっくり!
thanks機能は会員のみ
2019/02/15 By Ayumi (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,629)
内容もさることながら、挿し絵にも癒されました。最後の最後に、おっ?ということがありヒヤヒヤしました。2人の冒険はまだまだ続きますね。楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2018/11/30 By toppe (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.5 / 語数:5,724)
シロクマと遊んでみたい。そしてまさかの最後にトラップ
thanks機能は会員のみ
2018/11/03 By YoYo (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,629)
こんなに色々体験できるのって、小学生にとっては、憧れなんだろうな〜、と思いながら読みました。しろくまと飛ぶなんてね〜。
thanks機能は会員のみ
2017/12/10 By candy-sachi (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,629)
短時間で読了!
シリーズ慣れとYLが低めなこともあってだいぶスラスラ読めるようになってきた。
今回は出てくる単語も簡単だったと思います。
終わり方がいつもと違ってすごく良かった。
一区切りついたけど、これからジャックとアニーがあのカードを使って何をするのか気になるので、次巻も読みます。
thanks機能は会員のみ
2017/11/20 By おぐりん (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.2 / 語数:5,629)
なぞなぞは難しい。 今回ストップウオッチで測ってみた。46分で読了。122.4語/分 まだまだ遅い(T_T)
thanks機能は会員のみ
2017/05/26 By Jay (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.3 / 語数:5,629)
Master Librarianになるための4つ目のなぞなぞに挑戦。
今回の舞台は北極です。
Seal hunterとpolar bearにも助けられて、なぞなぞをとき、晴れてMLになった2人。
次巻からはどんな展開になるのでしょうか!
thanks機能は会員のみ
2017/03/11 By k-nack (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,629)
Magic Tree Houseシリーズがいいよ。そんなことを聞いたので手に取ってみたこの本。しかし読み始めた数ページでは面白さが出てこず、1章を読んだところでギブアップ。1週間放置されていた。
今日、何気なく2章を読み始めてみたら、、、あら、面白いじゃないですか!冒険してるし、シロクマかわいいし。最後までノンストップで読めました。
thanks機能は会員のみ
2017/01/29 By betao (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,659)
何とも言えない表情のシロクマとジャックとアニーの2人組の表紙から始まる今回のお話では2人がついにMLになります。しかして、毎回思うのですが、モルガンさんったら急に2人を呼び出して目的地に送り出すから少しひどいと思う。今回なんか、パジャマで北極とか死んでしまうなぁと(笑)
thanks機能は会員のみ
2016/12/09 By いっち (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.6 / 語数:5,659)
相変わらず薄着で寒い場所へ。
とうとう2人はMLになれました。羨ましいかも。
thanks機能は会員のみ
2016/11/25 By いしけん (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,629)
マスクがどこから出てくるのか、ちょっとつかめませんでした。図書館員になってどうするんだろう。次のシリーズも必見ですね。まとめ買いがお勧めです。
thanks機能は会員のみ
2016/11/18 By 雪うさぎ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,664)
magic tree house12作目
図書館員になる為の冒険も今回で最後。
梟がやってきてアニーが伝えることには「今すぐMagic tree houseへ行かないとっ」
ってなことで真夜中に着替える暇もなくアニーに急かされお出かけ。
モーガン「北極に行ってらっしゃい~」
アニー「わぁ。ここ行くことができたらなぁ」
ジャック「ちょ。ちょっと待って。僕ら凍え死ぬから~」
といつものノリですね。容赦なくGOです。今回は向こうにモーガンが誰かが会いに行くよーとの事で。

本の世界とは言えハスキー犬の犬ぞり。北極グマ。。羨ましい。
母グマも含めて動物たちが優しい世界(´(ェ)`)(U´Д`)
最後はちょっと焦る展開でした。
モーガンの仄めかし方だと次からの冒険では他の図書館員との遭遇もありそうで楽しみ
thanks機能は会員のみ
2016/10/23 By timitti (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
北極にパジャマで行くなんてすごい(^^)ツリーハウスが行きたいところに行ってくれないこともあるんですね~今回も楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2016/09/29 By Alyce bee (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
現実ではちょっとあり得ない(これはそういうシリーズですが)シロクマとの一体感がうらやましかった。
thanks機能は会員のみ
2016/07/08 By とみー (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
今回のなぞなぞは自信満々だったのに間違えました。
結局全滅…。
それにしても、寒いところに行く時に薄着なのは、もう鉄板ネタなんですね。
thanks機能は会員のみ
2016/05/24 By Brin0404 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
Master Librarianになるために最後の試練で舞台は北極に~
白熊との交流や、最後のどんでん返しがドキドキ^^
thanks機能は会員のみ
2016/05/21 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
いよいよMaster Librarian最終試験!今回は最後の最後にどんでん返しがあり、どきどきしてしまった。
thanks機能は会員のみ
2016/03/10 By おっさん (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,659)
なるべく早く読んでみようと試みる。
おおよそ130語/分。
いまいち早くない上、内容があんまり理解できず。
まだまだですな。。。
thanks機能は会員のみ
2015/08/21 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,659)
Polar Bearの親子との交流が微笑ましかった。北極の体験はなかなかできないからワクワクする。「生きているモノ全てに感謝」は大事ですよね。
thanks機能は会員のみ
2015/08/03 By ヨツキ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,629)
今回は北極で白クマと出会います。

他の巻に比べて危機一髪の展開やドタバタのない静かな冒険でしたが、
その分、子供達が自然や動物の生態に興味をもてたようで良かったです。
thanks機能は会員のみ
2015/05/05 By ノブ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,660)
とうとう、達成しました!
このシリーズは面白いです。
が…
知らない単語がどんどんでてきます。
thanks機能は会員のみ
2015/02/09 By aoi (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,660)
氷上を這って進むシーンが面白かった。
thanks機能は会員のみ
2014/12/19 By tomo (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
話も面白くて楽しく読めました。
Polar Bearやseal hunterなどについて知ることができたのもよかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/12/03 By パピエマ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
ここまでしか持ってないので、とりあえず終了。
このシリーズは軽く読めるし可愛くていいですね。
CDを購入したので、今度は1-8まで聞き読みしたいと思います。
thanks機能は会員のみ
2014/11/08 By Pechi (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,659)
シリーズ第12話目。
Master Librarianになるため、最後のなぞなぞの答えを探して北極へ。
極寒の地に生きる人がどのような考えをもって自然と共存しているのかを垣間見ることができた。
thanks機能は会員のみ
2014/09/19 By ミー (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
北極を冒険します。seal hunterやpolar bear が出て北極の知識も勉強出来て面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2014/09/16 By Marsa135 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
Morganからだされた最後のなぞなぞを解くため、北極圏に送り込まれたJackとAnnie。
最後までドキドキしながら読むことができました。
thanks機能は会員のみ
2014/09/09 By magicrose (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
今まで読んだ中でいちばんドキドキして面白かったです。
それにしても、M、いくらなんでもひどい。
2人が凍死しなくてよかった〜
thanks機能は会員のみ
2014/06/01 By tombonomegane (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,724)
今回の冒険は北極です。
しかもパジャマ姿で。
うすい氷の上からの脱出、ドキドキしました。
thanks機能は会員のみ
2014/04/27 By kota (評価:-- / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:5,659)
最後のなぞなぞが終わりました。
thanks機能は会員のみ
2014/03/27 By ユウキ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,659)
飽きた……もはや義務的に読みました。
絵は今回も素敵でPolar Bears可愛いです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/12 By kitakuri (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,663)
magic tree house シリーズはやっぱり楽しい!
thanks機能は会員のみ
2014/01/01 By aibonn (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,659)
またもや防寒対策なしで極寒クエストに挑戦することになったジャックとアニー。親切なハンターの人に助けられたり、子熊とキャッキャしたり、母熊に大切なことを感じたり、目を奪われるような光景に出会えたり、そんな素敵なシーンがたくさんある今回のステージ。
thanks機能は会員のみ
2013/12/20 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.8 / 語数:5,659)
Master Librarianになるための旅の4つ目。
真夜中にふくろうに起こされたジャックとアニーは、森に向かいます。
そこには二人を待つモーガンがいました。
旅の目的地は北極です。ジャックは防寒対策をしてからと考えますが
モーガンから、対策はしてあるからと、せかされながら旅に出ます。
thanks機能は会員のみ
2013/12/18 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,659)
なぞなぞシリーズの最終巻、「Master librarian」になるための最後の試練は北極。
氷の上でシロクマの子どもたちと戯れるジャックとアニーは幻想的で、これまでのシリーズの中で一番子供らしい素直な表情を見せているのではと感じました。
さぁ、また新しい冒険が始まるぞ!
thanks機能は会員のみ
2013/10/07 By akaneko (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
28冊セットを子供用に購入しました。
でも大人も楽しめるシリーズです。
thanks機能は会員のみ
2013/09/13 By はぐれメタル (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,659)
シリーズ第12巻。なぞなぞシリーズの最終話です。今回の舞台はなんと北極!
ジャックとアニーの二人は、果たして最後のなぞなぞの答えを見つけることができるのか?
そして、念願のマスターライブラリアンになれるのか?

まず、今回の表紙のなんともほのぼのした感じが絵が素敵ですね!
ジャックとアニーの二人はパジャマ姿で北極に行くのですが、エスキモーに助けられ、
寒さをしのぐことができます。
そこで登場するエスキモーの挿絵の顔が面白すぎて、ツボでした!誰だ?このオッサン?!(笑)
thanks機能は会員のみ
2013/08/01 By もへ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,659)
パジャマで北極は寒い!今回は(も?)命がけ。
わからない単語が多めだったのでYL3。
thanks機能は会員のみ
2013/07/31 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,659)
3回目。

和書を読むときみたいに、イメージをはっきり思い浮かべながら読めるようになったかな!?

確かに、寝ている子供を起こし、せかしてパジャマのまま呼び出し、
帰る時までriddleを出して、解くまで まだ寒さにさらす(苦笑)!?
thanks機能は会員のみ
2013/07/09 By rachel (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,659)
本作は分からない単語が多めでした。ようやく4つのなぞなぞを解いたと思ったら・・・。
3シリーズ目の最終話。モーガンとお別れする時、いつもちょっと切なくなります。
ジャックとアニーは色々な場所へ出かけ、いろんな楽しい冒険をするけれど、
最後は我が家のありがたさを感じるんだよね。
次のシリーズを読むのが、待ち遠しいです!
みなさん書かれていますが、モコモコのふたりとこぐまの挿絵、本当に可愛いね!
thanks機能は会員のみ
2013/06/22 By トリプルアクセル (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,663)
今回のriddle の答え、メタファーの意味の部分について考えてみると…..この物語深いなって感じました。Polar bear との場面のイラストがかわいいなぁって最初見ていたのですが、単にかわいいだけでなく物語の核心を浮き彫りにしていたと思います。ジャックとアニーのPolar bearに真に共感する体験、一体になって同じことをする、それも心境も一体にしてという体験がとても貴重であることを教えられました。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/05/01 By Peggyりりー (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,659)
何で夜、寝ている子供達を起こしてまで寒い北極に送るかな~、モーガンは一体何を考えているの?
不思議な人物です。
thanks機能は会員のみ
2013/04/11 By Elephan (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:5,724)
北極での冒険物語。
やっぱり子ども向けだからか、ちょっと物足りない気がします。
そんな向きには、こちらもFact Trackerが出ているので、併せて読むと面白いかもしれません。

northern lights、一生に一度はこの目で見てみたい!
thanks機能は会員のみ
2013/02/01 By himawari (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,659)
annieの純粋さと優しさで動物と話せるのかな
それにしても怖そうな動物と普通に話せるってすごい!
thanks機能は会員のみ
2012/12/24 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.8 / 語数:5,659)
今回は北極へ
Riddleを解いて、さあ帰ろうと思ったらw
次が読みたくなります。
thanks機能は会員のみ
2012/12/06 By Bucky (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,659)
今回は「北極」。挿絵のモコモコの服+αが可愛すぎる! ストーリーは勿論、絵でも暖かい気持ちになれます。

しかし、最後の最後でアレ。よく頭まわったなーと関心。
thanks機能は会員のみ
2012/11/29 By こきま (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.9 / 語数:5,659)
第三シリーズ終了です。心温まる描写が多くて北極の話なのに読了後心がほっこり。riddleは「そう来たか!」とまた予想が外れ・・・。最後のサプライズは、まあ予想どおりかな。次から新たなシリーズ、ますますハマリそうです。
thanks機能は会員のみ
2012/10/27 By まめぞう (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.4 / 語数:5,659)
Magic Tree House12冊目です。
コートを着てモコモコの二人がとってもかわいいです。北極グマと遊ぶ姿(挿絵)もかわいい。
予想がはずれましたが、riddleの答えにはなるほど~と思いました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/13 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
Magic Tree House12冊目で、今回の舞台は北極。今回のriddleは答えを見てなるほど、と思いました。なかなかriddleの文凝ってますね。
ついにJackとAnnieは今回のミッションをクリアしてMaster Librarianの一員となったけど、次からの冒険はこれがどう関わってくるのかな。
thanks機能は会員のみ
2011/12/04 By マリン (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.3 / 語数:5,659)
Magic Tree House12冊目。そして大きなストーリーも4冊ごとにまとまっていて、今回でまた一区切り。
シリーズを読んでいて、だんだん読みやすく感じてきました。そして、ちょっとわかりづらい文章も挿絵が助けてくれます。最後お家に帰る前に、ハラハラしましたが(笑)楽しく読み進められました。
santana01より thanks機能は会員のみ
2011/11/17 By (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,724)
12冊目のMagicTreeHouseシリーズ。
今回の舞台は北極でした。
寒い場所にいく時に限って軽装な2人(笑)

今回は読み易くてスラスラ読み進められた感じ。

それにしてもこの2人はこの若さで色々な国や時代に行けていいですね。羨ましい(笑)
thanks機能は会員のみ
2011/11/13 By しるく (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:5,668)
第3シリーズ、ラストのお話。
最初から、いつになくハラハラさせられ、あっという間に読み終えました。
最後のなぞなぞを解き終えたあとの・・・この展開はよかったです。
thanks機能は会員のみ
2011/08/07 By ran (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
マジックツリーハウスの12冊目。4冊ごとに区切りがあるので今回で第3弾が完結します。

今回はriddle(謎)を解いていくものでしたが、この方法は
読みはじめに「何だろう?」って予測するので楽しく本が読めます。
しかも今回は答えは良く作ってあったと思います。
そして最後の最後にも「おっと」って展開がありましたね。

このシリーズは勉強になることも多いです。
今回は北極だったのであまり知らないことも多く、単語もちょっと難しめと思いました。
といっても挿絵の補助もあるのでスイスイ読める良本だと思います。

次回シリーズも楽しみです。
Lourdesより thanks機能は会員のみ
2011/05/08 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:5,659)
4巻ごとに話がまとまっているMagic tree houseなので
今回でまた一区切りついた。

9~12巻は毎回「なぞなぞ」を解いていくのだが
最終巻では最後に・・・

さらに13巻から本格的にAdventureが始まる様子で
ますます目が離せないな。

毎回いろんな時代・場所に移動するので
とても勉強になることが多いです。

Jackのセリフにもありますが、
「どうしてAnnieは動物の言葉がわかるんだろう」

ほんと、全世界の子どもたちがこのシリーズに夢中になっていくのが
わかる気がします。
thanks機能は会員のみ
2011/05/01 By j138 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:5,659)
ついに、このシリーズも完結。終わり方も心温まる感じでgoodです。
今回も、少し聞き慣れない単語が多かった気もします。
#またもや、他の人のレビューなしだ・・?
ranより thanks機能は会員のみ
2009/03/27 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.7 / 語数:5,659)
2回目。
thanks機能は会員のみ
2003/09/23 By Miki (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:6,000)
寒そうなところには必ず薄着で行く羽目になるふたりwww
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ