多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Junie B. Jones #4: Junie B. Jones and Some Sneaky Peeky Spying
著者: Barbara Park
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1994-05-24
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 686円 [定価:¥ 598]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 4923位
シリーズ:Junie B. Jones(vol.4)

多読国民のレビュー

全件25 人読んだ24 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/08/01 By 905 (評価:-- / ジャンル:EA / YL:0.0 / 語数:5,916)
金も払わずスーパーで勝手に試食する幼稚園の先生。油断してたな。
今回知ったフレーズ'Cat got your tongue?'は、頭の’Has the’を省略した形ということか。
thanks機能は会員のみ
2017/12/06 By Miki (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,916)
幼稚園児を持つすべてのお母さんを尊敬します。

わたしにゃ無理!!笑


36min/164wpm
thanks機能は会員のみ
2015/10/13 By mokux (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.3 / 語数:5,996)
前半部分はいつも通りJunieのわちゃわちゃした日常。
ちょっとマンネリかなーとは思う。でもここでちゃんと後へとつながる伏線がまかれてるのはさすが、うまい。
そして中盤にギョッとするようなハプニングもあったりで、あとは最後まで一気呵成…speedy quickに楽しめることうけあいである。

このシリーズは毎回テーマが明確で、一見はちゃめちゃな展開なのに、最後はいつも綺麗にスカっと収まるべきところへ収まるが素晴らしいと思う。
thanks機能は会員のみ
2015/01/31 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:5,916)
Junie B 面白いです。
今回は先生とのやりとり。
先生の行動もあまり日本じゃ見かけないような。。
thanks機能は会員のみ
2014/03/31 By ran (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.9 / 語数:5,916)
Junie B.シリーズの4作目。4作目になってくるとフレーズもいくつか板についてきます。
冒頭の部分とか、バスの中での友達との会話部分などで
同じフレーズが使われているので多読学習にはとてもいいでしょう。

その分、ややスキップした読み方にもなりやすいですがそれがシリーズ物のいいところ。
いろいろな学校のキャラクター達の性格も理解してきました。

今回は学校の先生の日常生活をひょんなことから覗くことになります。
その結果、「right」「wrong」の違いを多少理解しようという作者の試みがありますね。
Junie B.ちゃんの聞き分けがホント聞かないのでイライラもありますが、ほのぼのもあります。
thanks機能は会員のみ
2013/12/25 By お豆さん。 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.3 / 語数:5,916)
Junie B,はスパイの中のスパイ?
洗濯物のカゴの中から飛び出しておじいちゃんを脅かしたり。
弟に忍び寄って、わざわざ起こしてみたり。

そして、担任のMrs.に興味津々で家はどこなの?って聞くJunie B,…。
気になったら、もう止まらない。

スーパーで、偶然Mrs.を見かけて
Junie B,は、驚きの光景を目の当たりにする。

面白いんだけれど、前半は少し退屈だった…。
でも後半は盛り上がったよ!

おじいちゃんの入れ歯が吹っ飛ぶシーンは、ちょっとププッってなった。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ