多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Junie B. Jones and Her Big Fat Mouth (Junie B. Jones #3)
著者: Barbara Park
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1993-08-24
種別: ペーパーバック
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 154215位
シリーズ:Junie B. Jones(vol.3)

多読国民のレビュー

全件23 人読んだ23 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2015/04/20 By mokux (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.8 / 語数:5,494)
相変わらず汚い俗語のオンパレード、そしてこれもいつもながらの爽やかなエンディングの読後感に癒される。

ただ話は一巻や二巻のようなドラマ性に乏しく、いささか平凡なスクール生活であった。
やはり物語にするんだったら、もうちっとドラマ性なり事件性が欲しいものだ。続刊に期待しようっと。
thanks機能は会員のみ
2015/01/29 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.0 / 語数:5,498)
Junie B. Jonesシリーズ,今回も面白かった!
幼稚園児なのに、みんなおませで笑ってしまいます。
thanks機能は会員のみ
2014/03/28 By ran (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.9 / 語数:5,494)
Junie B. Jonesシリーズ3作目
今回の作品は結構素直で面白かったです。

幼稚園で"Job day?"ということで皆が大人になったら何になりたいか?
その格好をして投稿をするイベントがあります。

Junie B. Jonesがそのイベントでタイトルにある通り"Big Fat Mouth"なんですが、
果たして結果は?ストーリー的にうまく使った作品だと思います。
今後も楽しみですね。
thanks機能は会員のみ
2013/12/13 By お豆さん。 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.9 / 語数:5,494)
今回もJunie B,は、はちゃめちゃ。

将来何になりたいか…、クラスメートの皆は
看守さん、アーティスト、スーパーヒーロー…色々ある。

ディズニーランドのミッキーマウス云々の会話は
日本ではきっとタブーだなぁとニヤニヤしてしまった。

#2で生まれた弟もしっかりでてくる。
寝た赤ちゃんに懐中電灯を当てて起こしちゃったシーンがあったり。

今回も面白かった。
ranより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ