多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Three Little Wolves and the Big Bad Pig
販売元: Turtleback Books
発売日: 1999-10-01
種別: 学校
価格: ¥ 2,187円 [定価:¥ 2,206]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 32ページ
売り上げランキング: 34362位

多読国民のレビュー

全件36 人読んだ32 人読書中0 人興味4 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/06/21 By Nonono (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:1,251)
可愛くて思わずニヤニヤしてしまいます。
展開は読めるのですが、読後感も良くおススメです。
解らない表現もあるので、是非再読したいです。
thanks機能は会員のみ
2018/05/02 By megmeg (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:1,250)
ストーリーも面白く,子供の遊びの英語表現や,面白い言い回しがあって楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2018/04/21 By ハッカ飴 (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:2.5 / 語数:1,251)
ブタが世界の乱暴なリーダーたちに見えた(笑)
thanks機能は会員のみ
2018/04/08 By 雪うさぎ (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.5 / 語数:1,251)
イラストがすごく良い
そして豪快なブタの挙動とオオカミの可愛らしさと3匹の子豚との対比を思い出してとても楽しくなってしまう
絵本としてただただ楽しむにはとても大好きな本

・・・星を1個減らしたのは物語の意図に説教臭いものを感じてしまってへそ曲がりな自分は鬱陶しく思ったからです。そんな気分の時もあるよねってことで。
ユウキより thanks機能は会員のみ
2017/05/17 By 一聖 (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:1.6 / 語数:1,251)
三匹の子豚の狼と豚が反対になったヴァージョン。豚の悪人面がいい味を出している。多読で読みながら爆笑したのは初めてかも。難しい単語も想像できる範囲、5点満点以上です。また何度も読みたい作品。ps:笑えたのでコメディにしました。
雪うさぎより thanks機能は会員のみ
2016/04/10 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:2.5 / 語数:1,251)
Look at those eyebrows on their faces!
I've never seen such adorable wolves before.


3匹のこぶたのパロディなのかな?
こんなかわいいオオカミは見たことないってくらいかわいいです。(ホントにかわいいです。)
いっぽう、ブタの悪いこと!すっごい悪い顔が笑えました。
最後は意外な展開ありで物語性もちゃんとあるので◎。

英語は意外に難しい表現がありますが、絵が手助けになって読めると思います。

難しい表現の例を引用:
No sooner had they finished than big bad pig came plowling down the road and saw the house of concrete that the little wolves had built. 
thanks機能は会員のみ
2016/03/02 By かほる (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:2.5 / 語数:1,251)
数年ぶりに読んで楽しかった。
三匹のこぶたならぬ三匹のかわいい狼と悪い大きな豚の話。
お母さんに「これからは自分たちで家をたてて暮らしなさい。でも悪い大きな豚にはくれぐれも気をつけるんですよ」と言われて三匹のかわいい狼が自分たちで家をたてます。そこへ大きな悪い豚がやって来て・・・

動物たちの絵が味わいぶかい。
個人的にはバドミントンしてる絵が好き。
thanks機能は会員のみ
2015/05/22 By new_be (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:1,251)
抱きしめたくなるほど愛らしい3匹の子オオカミと、悪い大ブタの話。子オオカミたちが建てた家を次々破壊する大ブタ。行き着いた先に、子オオカミたちが建てた家とは・・・。
タイトルや話の流れから、かの有名な童話の逆転パロディーであることはすぐにわかる。しかし、オリジナルと違い、子オオカミたちは、3匹で1軒の家に住み、最初に建てたのは煉瓦の家。そして、子オオカミたちも大ブタも現代的な資材や道具(少々物騒)を使っている。どんどんエスカレートするのかと思いきや、オチが平和。オリジナルよりもみんなが幸せになる。オリジナルからの引用もあるので原書と読み比べるのも楽しいかも。
本来はとても平和な気持ちで読み終われるはずなのだが、エスカレートする一方のように感じる現実を省みて、お話のようにこの世界がなればどんなに良いことかと思い、ちょっと沈んだ気持ちになってしまった。
この作品の作者は、先に読んだジョン・バーニンガムとは夫婦関係。夫婦で絵本作家。
thanks機能は会員のみ
2014/12/28 By _ふみ (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:2.0 / 語数:1,252)
すごい面白かった。
thanks機能は会員のみ
2014/03/08 By クロワッサン (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:1,252)
(「おおきな、意地の悪い豚には気を付けて」と「母親の言葉をまもった3匹のオオカミに子供たち。
この設定って・・・?通常であれば、逆?よね。
豚は、弱い動物、オオカミは強い動物。
そんな先入観を最初から、壊してくれた絵本。

強くて、堅固な家を建てることばかりを考えていたオオカミくんたち。
これって・・・ちがっていたんですね。

強さに対して、「強さ」で対抗しても、相手は、さらに攻撃をしてくる。
ほんとうに大切なことは・・・なにかしらって、思わせられました。
thanks機能は会員のみ
2013/04/17 By kio-kio (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:1,251)
ぶたがすごい悪くて、ダイナマイトで家を吹き飛ばしちゃったりして、そこまでやる?って感じだったけど、
最後はほのぼのとした結末でした。

優しい気持ちを持つことは大切ですね。

kindleでaudiobookも買ってみました。BGMがよくて、臨場感もあってよかったです。
英語も分かりやすいです。
thanks機能は会員のみ
2013/03/15 By magicrose (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:2.5 / 語数:1,253)
大爆笑!!
そして、ひとしきり大笑いした後、ふと我に返って、もう一度読み直して・・・
これは、ただ面白いだけではなく、なかなか深い絵本だと感心しました。

big bad pig という暴力に対して、強固さで対抗しようとした
three little wolvesは、みごとに打ち砕かれてしまいます。
力に対して力で対抗してもだめだというのならば、何があるというのか・・・

作者が用意した「答え」には、うーんと唸らされました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/20 By かほる (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:2.5 / 語数:1,251)
3びきのコブタならぬ3びきのちいさな狼と悪いブタのお話。

かわいい絵と読みやすい文章。
リズムよくて楽しかった。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ