多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets
著者: Dav Pilkey
販売元: Scholastic Paperbacks
発売日: 1999-02-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,018円 [定価:¥ 725]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 128ページ
売り上げランキング: 52831位
シリーズ:Captain Underpants(vol.2)

多読国民のレビュー

全件31 人読んだ30 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/04/27 By 梅Q (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.0 / 語数:5,528)
一巻と同じ感想でそれ以上でもそれ以下でもない。
thanks機能は会員のみ
2018/01/10 By Miki (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:2.8 / 語数:5,528)
読む順番間違えた。
子供って圧倒的にこういうネタ好きですよね。
う●こドリルとか(笑

ただ、度目かの年女にはワクワクはしなかった。
Diaperの方が可愛くて好きだな。
thanks機能は会員のみ
2017/03/07 By おっさん (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:2.8 / 語数:5,528)
楽しい。
挿絵が多く、面白く、半分漫画を読んでるようなものですね。

個人的には「To Make a Long Story Short」と後半のエピソードを一言で終わらせる、
そういう遊び心が好きです。前作にも有ったような。。。
thanks機能は会員のみ
2016/11/21 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.8 / 語数:5,957)
大好きなおバカ系第二弾。期待どおりのハチャメチャぶりで,今作も笑わせてくれる。前作で当初意地の悪そうだった校長の顔も,気のせいか憎めない顔に見えてくるのは,物語にハマっている証か?
生物を生み出す3Dプリンタ,脇役のMelvinくんの天才ぶりがすごい!
知らない単語も出てくるが,豊富なイラストが理解を助けてくれるのも前作どおり。
'INVENTION CONVENTION DETENTION SUSPENSION PREVENTION' の韻を踏むフレーズが翻訳版ではどうなっているのかな。
ネタバレになってしまうが,ラスボスを倒したのが Captain Underpants ではないのが少し不満。二作目にして早くもスーパーヒーロー脱落か?
thanks機能は会員のみ
2016/10/31 By ももも (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.0 / 語数:5,957)
おもしろかった〜。
thanks機能は会員のみ
2016/07/22 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:4.0 / 語数:5,528)
実に、おバカでくだらない感じがまた楽しく読めるので、個人的には好きな作品です(笑)とにかく、とんでもない2人組ですね〜(笑)
thanks機能は会員のみ
2014/09/26 By Marsa135 (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:5,528)
悪ガキHarold とGeorgeの二人組は学校主催の発明コンテストの出展禁止を言い渡された腹いせに会場の体育館にいたずらをしかけます。
が、クラスメイトのMelvinの告げ口で校長先生にばれてしまい、居残り部屋でお仕置きを受けることに。
そのあと、学校で大変な事が起こります!!
電車の中で読んでいると人の視線が気になる表紙のイラストで、Frannyシリーズに似た展開です。
好き嫌いは分かれると思いますが、おバカで罪のないお話なのでわたしは面白く読めました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/15 By お豆さん。 (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:5,595)
今回も2人は、イタズラ三昧。
やり過ぎ感があるぐらいの
イタズラだけれど憎めない。

今回は2人のミスで、とんでもないモンスターを出現させてしまう。

キャプテンアンダーパンツは、無事モンスターを倒せるのか?!
飲み込まれた先生を助けられるのか?!

…今回もツッコミどころ満載だった。

面白かったよ!
thanks機能は会員のみ
2013/10/23 By star0109 (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:3.9 / 語数:5,538)
 やっぱり、面白い。
thanks機能は会員のみ
2012/02/15 By シャール (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:4.3 / 語数:5,528)
前作が馬鹿馬鹿しく楽しめたので、続きを読んでみました。
相変わらず私の英語力ではわからない単語が多く出てきましたが、挿絵が豊富なのでどんどん進める事ができました。
童心に戻って楽しめる方にはおすすめです。
thanks機能は会員のみ
2009/02/02 By ran (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:4.3 / 語数:5,528)
CaptainUnderpantsの第2弾です。
話は1作目を読んでいないと、分からない部分があるので
1作目から読んだほうがいいでしょう!

相変わらず、バカバカしいノリのお話です。
子供向けの本なのですが、自分としては大人もバカバカしさを
楽しめる内容だと思います。

この本は全ページにわたって挿絵があるのですが、
じっくり読んでいると細かいところも凝ってるんですよね!

展開は基本的に1作目と同じでした。
天才バカボンが町を歩けば、レレレのおじさんにあって
お巡りさんに出会うような…ちょっと違うかな?

とにかくこの本は1作目を読んで、そのノリに馴染めれば
全部読むに値する本ですね。気軽に読めるので、難しい本を
読んだ後の休憩にピッタリです。
自分もその読み方で、出ている本を最後まで読もうと思います。

最後の作者紹介まで、しっかり読みましょう。
作者の子供心が本当に出ている作品だなぁと感じるはずです。

あと、やっぱし電車で読んでると、斜め後ろの視線が少し気になります・・・

YLは4としていますが、確かに単語は見慣れないものも意外とあります。
でも挿絵が全面にあるし全然平気です。
ただ、現地の子供たちのように汚い言葉を覚えそうw
(まぁ、面白ければ。それで良いんですが)
シャールより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ