多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

*STREET LAWYER                     PGRN4 (Penguin Readers (Graded Readers))
著者: John Grisham
販売元: Pearson ESL
発売日: 2001-03-05
種別: ペーパーバック
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 164381位
シリーズ:Penguin Readers 4

多読国民のレビュー

全件35 人読んだ26 人読書中0 人興味8 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/07/07 By こーた (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:98,900)
容はまとまっており、佳作だと思う。
んが、個人的には心から楽しめずモヤモヤ感が拭えない作品。

あらすじ:エリート弁護士がボランティア精神に目覚め、路上生活者のためのStreet Lawyerに!
これだけ見ると単純に「いい話」、ご都合ながらハッピーエンドで読後感も悪くない。

※以降、おっさんの汚れた人間性に触れたくない方は読まないことをお薦めします※

モヤモヤ感の要因はいくつかある。
まずは文化の違い。アメリカンセレブはボランティアに目覚めがち。
自発的か社会的圧力かは不明だけど。
おそらく宗教に根差したこの価値観のプロパガンダ作品に思えてしまう。
もちろん、文化として素晴らしいと思うよ。

脱線するけど、おっさん道徳の教材嫌いなんだよね。
答えは一つではないけど、教育として導きたい方向は見えている。
いま風に言うとポリコレ的な。これ以上踏み込むのはやめておこう。

あとはありきたりながら、登場人物の掘り下げが浅くて人となりが見えない。
妻、同僚、敵対勢力あたりはもうペラッペラ。
ドラッグアディクトのおばちゃんとの交流なんぞ最低限にして、
相棒となる路上弁護士の過去とか描写してくれれば物語に厚みが出るのに。

主人公も信念というか、人としての芯が見えず感情移入できない。
転職も成り行きの神の啓示だし、なんか軽い。
夫婦生活が破綻していた妻と実にアメリカンな事務的離婚、でもちょっと未練。
→【ラストシーン】一ヶ月後にはケアワーカー女子とイチャイチャしてましたとさw
Oh! What a Life!!ってか?ふざけんな。

萌えキャラはとくになし。
陪審に持ち込むとめんどいから示談にするあたりのプロセスは面白かった。
thanks機能は会員のみ
2018/11/21 By megmeg (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:4.0 / 語数:16,436)
ジョン・グリシャムの「路上の弁護士」リトールド版。どうしても短いせいか唐突に話が進みますが,それでもはらはらと楽しめました。法律用語の勉強にもなります。
thanks機能は会員のみ
2016/08/07 By のんのん (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:7.0 / 語数:98,900)
使われている単語は、法律とは関係ないところでもかなり難解でした。文の構成も倒置が多用されており、一度読んだだけでは理解できず、戻って読み直すことも多々ありました。
thanks機能は会員のみ
2014/09/14 By RtoA (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.8 / 語数:16,436)
Misterというホームレスの出会いによって弁護士Michaelの人生は大きく変わります。
Who did the eviction? Misterの最後の言葉から物語が進んでいく。

法廷もので難しいかな?と思ってたのですが、そんなことはなく楽しく読めました。
John Grishamは有名な方なのですね。面白かったので他の作品も読んでみたいです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/19 By Boggy (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:98,902)
高収入の大手法律事務所を辞め、
ホームレスを支援する小さな法律事務所に転職する主人公。

主人公に転職を促すセリフ、
"You don't do it for the money, you do it for your soul"

低収入だけど意義のある職業に変われるか?
そんな問いかけを自分にしてみましたが。。
thanks機能は会員のみ
2013/11/08 By plum (評価:4点 / ジャンル:SI / YL:6.0 / 語数:98,900)
レビュー対象商品:The Street Lawyer(CD版)
学生の頃にグリシャムの別の作品を翻訳で読んでいて、難しかった記憶があって避けていました。
実はわかりやすい英語だという評判につられて読んでみたら、本当に読みやすい文章でした。
社会人の方には、ハリーポッターやナルニアよりも読みやすいかもしれません。
ストーリーも、最初にショッキングな事件が起こって、どんどん話に引き込まれて、続きが気になってしまう力がありました。
thanks機能は会員のみ
2013/01/12 By とー (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:16,407)
エリート弁護士が ある事件をきっかけに、 生き方を考えなおします。
thanks機能は会員のみ
2012/12/03 By てつわん (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.8 / 語数:16,407)
法廷ものリーディングの入門編として最適なのでしょうね。
読みやすかったです。
thanks機能は会員のみ
2012/11/17 By dadmam (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:7.0 / 語数:98,900)
Grishamの法廷物は、アメリカの裁判の様子がよくわかる、優れた教材です。私の読書においても、裁判所のシーンの理解をおおいに助けてくれています。ただし、現実離れした金額が争われていて、一攫千金的なイメージのところがどうも少し気になっていました。
このStreet Lawyerは、人生は「お金を得たから成功」とする考え方から、お金と地位が得られ なくても、自分の納得する生き方を思いきって生きる方向にかじとりがされた点が、とても気に 入ってます。
Grishamの作風が変わった作品ですね。
thanks機能は会員のみ
2011/12/23 By ハードワーカー (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:15,704)
生き方に共感を覚えました。
thanks機能は会員のみ
2011/04/10 By mint01 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.0 / 語数:16,407)
弁護士はどうあるべきかを描かれたもの。少しお堅い内容ですが問題なく読めました。原書はもっと面白いのかな!?
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ