多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

*LADY IN THE LAKE PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))
著者: Chandler, Raymond(著)
販売元: Pearson Education Limited
発売日: 1999年11月01日
種別: ペーパーバック
価格: ¥1
在庫: 在庫あり。
ページ数: 48ページ
学習: 24229位
Instruction: 14394位
Mysteries: 183位
シリーズ:Penguin Readers 2

多読国民のレビュー

全件53 人読んだ51 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/03/15 By megmeg (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:7,669)
レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウシリーズ。リトールド版ですが、マーロウのドライなかんじが出ていてよかったです。YL2~3あたりの多読用としてはとてもおすすめです。
thanks機能は会員のみ
2018/11/16 By kyurohy (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:7,000)
空いた時間で細切れに読んだから、誰が誰でと思い出すのに苦労した。一気に読めばもう少し面白かったんだんでしょう。それでも楽しめる展開。翻訳版も読んでみたくなりました。
thanks機能は会員のみ
2017/04/21 By みろりんちゃん (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:7,100)
話の展開が早く,次はどうなるのだろう?とワクワクしながら読み進むことができた。
thanks機能は会員のみ
2016/07/14 By としどう (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.3 / 語数:7,100)
私立探偵の話。ストーリーは単純で、登場人物もそれほど複雑ではなかったので楽しめた。ちょっとオチが読めてしまったのが残念。
thanks機能は会員のみ
2016/07/10 By Ayangel (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
私立探偵が殺人事件に巻き込まれてゆくお話です。

英語は平易でとても読みやすいと思います。
よくあるパターンのクライムサスペンスですので
カチッとハマれば一気に読めると思います。
いわゆる王道ですね。


わたしは一気に読むことが出来ましたよ。
thanks機能は会員のみ
2016/04/24 By hakgen (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,669)
この長さにいまだ慣れてこない。集中力がつづかず、それぞれのキャラクターがどの役割なのか把握できなかった。ひとつひとつの文はむずかしくないのに、まとまりとして理解する能力が足りないなーと痛感。
thanks機能は会員のみ
2015/12/15 By Miki_cchi (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.2 / 語数:7,137)
一気に読まないと登場人物たちがどういう関係だったかなど忘れてしまって、何回も読み直した。面白く読めたが最後はやはりもっと盛り上がりが欲しかったかな。
thanks機能は会員のみ
2015/11/26 By ひらぞう (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.2 / 語数:7,100)
探偵物。
面白かったです。推理小説とは違って、読者が推理できるように作られていない?と思うのですが、少しづつ全体が見えてくるので、気になって一気に読みました。表現も独特?な箇所がいくつかあって、面白かったです。後日、再読したいと思います。
thanks機能は会員のみ
2015/11/12 By 空猫 (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:7,100)
レイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」ものの一、『湖中の女』の簡約版。マーロウは銃は持たないし、荒事を避けるタイプの探偵で派手なアクションがほとんどなく、見せ場といえばタバコを吸いながら淡々と事実を語るところだから、語数制限があっても雰囲気が感じられる。登場人物が多くて分かりにくいというレビューを事前にいくつか見たけれど、総勢10数名は決して多くはないし、同時に出るのは最大で4名だし、場面ごとに話が完結するため分かりにくさは特にないと思う。
thanks機能は会員のみ
2014/12/11 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
先に読まれた方のレビューを見て登場人物が多そうなので
最初からメモしながら読む進めました。
内容もよくわかって、結構面白く読めたと思います。
登場人物が多いと覚えられないのがネックです・・・。
thanks機能は会員のみ
2014/04/10 By noriyorino (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
登場人物が多くてごちゃごちゃしてて読み進めにくかった。
最後はあっけなかった。
thanks機能は会員のみ
2014/03/14 By tomodad (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:7,100)
レイモンド・チャンドラーの探偵もの。ハードボイルドの雰囲気はある方だと思います。
多くの方が書いていらっしゃるのと同様、登場人物の多さに振り回されました。途中からメモを取りながら読んだのですが、ストーリーに集中できませんでした。
thanks機能は会員のみ
2014/01/12 By 長女リリ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:7,100)
by looking at the title,I thought that a lady was living in the lake.But when I read it ,it was more like a murder scene!But since I like detectives so I read it anyway...
長女リリより thanks機能は会員のみ
2013/07/11 By たいふ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:7,100)
チャンドラーの有名作品のretoldですね。
このレベルの語彙とボリュームでこれだけ雰囲気が出てるのは凄いと思います。
ハードボイルドが好きな人にはオススメできそうです。
thanks機能は会員のみ
2013/06/13 By santana01 (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
レイモンド・チャンドラーの私立探偵フィリップ・マーロウものということで期待をして読みましたが、やはりこの語彙とボリュームでは少し辛いのかなという印象です。
ハードボイルド的な雰囲気やマーロウの仕草等にはそれらしさが伺えましたが、話の筋になるとかなり端折られているようで、「???」な場面や登場人物の行動が腑に落ちないところも多く見受けられました。
thanks機能は会員のみ
2012/09/18 By まめぞう (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,669)
私も、登場人物が多すぎでよく分からなくなってしまいました。雰囲気は好みなのですが…
thanks機能は会員のみ
2012/09/11 By runneco (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,669)
サスペンス物。なんか登場人物が多すぎて、途中でわけわからなくなってしまった。
もうちょっと読解力が必要と思いました。
単語はあまり難しくないので、読みやすい方だと思います。
thanks機能は会員のみ
2011/02/25 By Jack (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.2 / 語数:7,100)
探偵ものが好きな人には面白い本かもしれない。
個人的には、物語が坦々と進んで少々退屈に感じた。
thanks機能は会員のみ
2010/10/26 By chi-ka (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
推理小説は、先が気になってどんどん読めてしまうのですが、この作品は登場人物が多い上に人間関係が複雑で、途中何度か前のページに戻って確認する作業が必要でした。
santana01より thanks機能は会員のみ
2005/04/11 By yakko (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
複雑な人間関係を解きほぐすマルロー探偵の活躍に引き込まれる。
thanks機能は会員のみ
2004/07/28 By roco (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:7,100)
人の名前が多くてややこしかった。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ