多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

No Time for Goodbye
販売元: Bantam
発売日: 2008-08-26
種別: マスマーケット
価格: ¥ 941円 [定価:¥ 939]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 480ページ
売り上げランキング: 73880位

多読国民のレビュー

全件11 人読んだ5 人読書中0 人興味5 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/04/16 By ぶーさーさー (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:6.5 / 語数:112,249)
朝起きて、家の中が静まり返っている。誰もいない。父も母も兄も。
何か緊急の理由があって出かけたかとな自分に言い聞かせ学校に行くも、帰宅してもやはり誰もいない。
さて、あなたはどうする?
という究極の状態に置かれた14歳の少女Cynthia、家族失踪の謎は不明のまま25年が経過し、夫Terryと8歳の愛娘Graceと共に暮らしているが、昔の事件を扱ったTV番組に出演後、事態は少しずつ動き始める。
で、物語はこの夫Terryの視点で語られて行きますが、時々、章と章の合間に謎の男女の会話がイタリック体で突如挟まれ、「えー何これ?・・どういう事?」って叫びながら読み進めることが出来ます。
英語は平易な方だと思いますが、口語表現で今一判りにくいところが、私のレベルでは所々ありました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/03 By muramasa (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:6.5 / 語数:120,000)
<あらすじ>
25年前に突然いなくなった家族。1人取り残された娘。25年たった今、身の回りで家族の存在をほのめかす事件が起きる。果たして家族は生きているのか?生きているならなぜ連絡がないのか?

<読みやすさレベル>
読みやすさレベルは6.5でしょうか。かなり読みやすかったです。ただ12万語あるので、読むのに11時間位かかってしまいました。私のwpmは180なので仕方ないです。

<感想>
真相は正直微妙でした(^^;)ただ、話の組み立ては緻密です。最後まで予想外の出来事が出てきて楽しめました。ツッコミどころもないので、ミステリーとしてはかなりレベルが高いと思いました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/28 By (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:5.0 / 語数:120,000)
目を覚ますと父、母、兄…家族が揃って消えていた。
置き手紙もない。
理由もわからない。
14歳のCynthiaの、両親と喧嘩した次の日の朝だった。
なぜ?自分が原因なのか?
そんな葛藤を持ったまま、伯母に引き取られ25年が過ぎる。
そして物語はCynthiaの夫が語り手と代わり、真相が徐々に明らかになって行く。

ーーーーー

これだけの長編を読むのは初めてだったので、流石に骨が折れました。
しかし、序盤はイマイチ話が進まないな…とダラダラ読んでいたのですが、
半分を過ぎた辺りから急加速。驚くほど速く読み進められました。

この本と、前回読んだ本のおかげで分厚い本を読むのには慣れてきたかも?

thanks機能は会員のみ
2012/02/19 By Nao3 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:5.0 / 語数:90,000)
朝起きたら、家族が消えていた。何の消息もないまま25年経ち、再び不可解な事件が起きて…
ストーリ展開が早く、飽きることがない。娯楽として楽しめる作品。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ