多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Amulet Of Samarkand (The Bartimaeus Sequence)
販売元: Corgi Childrens
発売日: 2010-09-02
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 956円 [定価:¥ 956]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 496ページ
売り上げランキング: 36450位

多読国民のレビュー

全件11 人読んだ3 人読書中0 人興味6 人積読2 人
コメントなしも表示する
2011/10/14 By muramasa (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:7.5 / 語数:122,300)
<あらすじ>

精霊のBartimaeusはある日、Nathanielという少年によって召還される。Nathanielの命令は、Simon Lovelaceの家にあるAmulet of Samarkandを盗めというもの。なぜNathanielはこんな命令を出したのか?Bartimaeusは疑問に思いながらも盗みに向かうが、、、


<読みやすさ>

魔法や精霊の単語が難しかった上に、riftとか見たことない単語もたくさん出てきました。イギリス人作家だからかわざと難しくしてるんじゃないの?って思った位です。ただ、会話は平易な文章で書かれているのもあって、ストーリーがわからない、ということはありませんでした。ファンタジー系の児童書なら、ダレンシャン、デルトラクエスト、パーシージャクソンの方が圧倒的に読みやすいです。


<感想>

最初から1/3位までは主人公のねじ曲がった性格がどうも受け付けませんでした。ハリーポッターもそうですが、なんでイギリス系の小説って登場人物がひねくれてるんだろう(^^;)反面、Bartimaeusのドジだけど頭が切れるキャラはとても好感が持てました。個人的には最後の1/4位は面白かったので評価は☆3.5に近い☆4です。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ