多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Sleepovers
販売元: Corgi
発売日: 2008-04-15
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 713円 [定価:¥ 691]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 6059位

多読国民のレビュー

全件76 人読んだ67 人読書中1 人興味7 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/05/14 By ぴよ (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:14,000)
初の一万語を越える本。
実は、最初に読んだ時は読まずに挫折した本でもあります。

お泊まり会のお話が5回、でも飽きずにわくわくしながら読めるJacqueline Wilsonはすごい。
thanks機能は会員のみ
2018/10/27 By .のん (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.6 / 語数:14,000)
Dadが話したのはわざとなのか?(笑
thanks機能は会員のみ
2018/07/31 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
転校生のDaisyは仲良し四人組に混ぜてもらいます。
それぞれのお誕生日にお泊まりパーティーをするのですが、Daisyはみんなにいってないことがあって自分の番がきたらどうしようと悩みます。

この著者の本をもっと読んでみたいと思いました。

私事ですが、この本で100万語通過できました。

ぴよより thanks機能は会員のみ
2018/03/12 By 梅Q (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:14,000)
ネタバレあり

お泊りパーティの話を5回も読まされるけど、飽きないのはさすが勲章作家だと思う。
人間関係がしっかり描かれているので、小さな出来事もドラマチックになる。
ただ、最後までクロエは成長もせず、恥をかいた事で主人公が溜飲を下げるという点が児童小説としてどうかとは思う。そこが減点。後は面白かった。
thanks機能は会員のみ
2017/10/23 By Miki (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
So...I have read this book before.
I thought so, but I was not sure.
Anyways, it was a good book, but I just hope that Chloe was being childish and she will turn over a new leaf and they will make friends again in the near future.

クロエ以外の3人の友達のリリーへの接し方が素晴らしいですね。
親御さんの育て方がいいんだろうなあ。
一方で、クロエの家庭の描写がちょっと色眼鏡で嫌だったなあ。
デブハゲの年喰ったお父さんと、不釣り合いなほど若くナイスバディのヘソピママ。
それって女性の価値を外見でしか判断できない(けどモテないから金でモノ言わせる)父親と、金に目がくらんだギャルの目くそ鼻くそカップルの象徴みたい。そんなだからこんな子供が出来るんだよみたいな描き方で、わかりやすいっちゃわかりやすいが、、、なんだかな。
クロエはたしかにやなやつだが、まだ幼いからそのひん曲がった根性もまだ直る可能性大!と信じたい。
thanks機能は会員のみ
2017/08/16 By niko (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
イギリスでも女子はけっこう同調思考が強いんだな。これまでなんだかんだ上手いことやってたであろうChloeは寂しさから意地悪に走っちゃったんだろうし。女子特有の人間関係や感情の複雑さが良く描かれていると思った。英語は覚えのある感覚が多いためか読みやすかった。
thanks機能は会員のみ
2017/05/16 By magicrose (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.0 / 語数:14,000)
Chloeのイジワルぶりが、あまりにも小学生の女の子のやりそうなイジワルで、思わず笑ってしまいました。必ずいるよね、Chloeみたいな女王様タイプ。たいてい1人じゃなくて似たようなのが2人でつるんでるもよだけど、この話では他の3人がいい子たちでDaisyの味方になってくれたので良かった。
Chloeのパーティでさんざんいじめられた後、いよいよ自分の番になって心配と不安でいっぱいの時の”Want to come and have a cuddle?”というDadの声かけは良かったなあ〜
Mikiより thanks機能は会員のみ
2017/03/10 By Jay (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:14,000)
誕生日の日にはそれぞれの家でsleep overをすることにしたDaisyたち。でも、Daisyの家には障害をもつ姉が。みんなにそのことを話していないDaisyはとても悩みます。特に意地悪なChloeのことを。

長さを感じさせず、すらすら読めました。
それぞれ趣向を凝らしたsleep overの様子が楽しかったです。
thanks機能は会員のみ
2017/01/24 By chizuru (評価:5点 / ジャンル:SA / YL:3.5 / 語数:14,000)

Jacqueline Wilsonの本は『Lizzie Zipmouth』 に続いて2冊目。こちらのほうが面白かったかな。ラストに意地悪なChloeと少しは仲直りするのかな…と期待していたけど、あっけない結末。障害を持つ姉との関係も描かれていますが、それよりもそれぞれのSleepoversの様子が楽しく描かれていて、とても面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2015/01/20 By NANA@英語多読家 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.8 / 語数:14,000)
Sleepoversに関する女の子の物語。
本当に、態度が悪いな〜というChloeが、主人公Daisyを悩ませます。
姉Lilyにも複雑な思いをいだいていますが、でもやっぱり姉妹なんだなあ、
と。つい最後はホロリとしてしまいました。
thanks機能は会員のみ
2014/07/12 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:14,000)
Daisyは転校生の女の子。
新しい学校で4人組お仲間に入れてもらって、楽しい学校生活が始まりますが。
その中のChloeだけは、Daisyにつらくあたります。
みんなはそれぞれの誕生日に、友達を自宅に招いて、バースデーパーティとしてSleepover(お泊り会)をして楽しみます。
5人順番に誕生日を迎えて、それぞれ趣向の凝ったパーティーです。
しかし、Daisyには悩みがあります。Daisyには姉のLilyがいるのですが、障害者で自分の意思で体を動かすこともしゃべることもできないのです。Lilyはそんな姉に辛く当たったりもするのですが、ほんとは大好きで、夜中にそっとLilyのベッドに忍び込んで、悩みを打ち明けたりしています。
そのLilyを友達が見たらどう思うか心配なのです、前の学校では、心無い友達が化け物扱いした経験があって新しい友達がどういう態度を示すか。。。
thanks機能は会員のみ
2014/03/20 By tomo (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.4 / 語数:14,000)
主人公のDaisyは小学生の女の子。
転校先の学校で仲良し4人組に入れてもらい、仲良し5人組となるが、その中の一人がちょっと意地悪。
その意地悪ぶりが小学生っぽい。
彼女たちは自分の誕生日にほかの4人を招いてお泊り会(Sleep Over)をして、その時に様々な趣向を凝らすのが楽しみとなっている。
自分の番が回ってくるDaisyは障害を持つ姉がいるため、Sleep Overにみんなを呼ぶのをためらってしまう。
障害を持つ子が出てくるようなお話は読んだことがなかったけど、そんなに重く書いておらず、むしろ、障害がいる子がいる世界が当たり前のように描かれているのが印象的でした。
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By piyo (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.4 / 語数:10,000)
転校してきた学校で、気の合いそうな子がいるのに、その子には意地悪な親友がいる。

グループの中に、自分の居場所はあるのかな、ってドキドキする気持ち。
私は、大好きなあの子の親友になれるかな?って悩む気持ち。
障害を持つ姉や家族に対する複雑な気持ち。

こういう気持ちがすごくリアルに描かれていると思います。

重いテーマを含んでいるのに、お誕生日のお泊り会を中心に話が進んでいくので、
重くなり過ぎず、どんどんページを進められました。
tomoより かほるより thanks機能は会員のみ
2013/02/15 By ポコポコ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
小学生の頃にお友達と、お菓子を買い込んだり、ディズニーのビデオを借りて
徹夜で見る(つもりで、結局は夜中に寝てしまった)お泊り会を懐かしく思い出しながら、読みました。

この主人公たちは、お泊り会を自分の誕生日にしているので、
パジャマパーティーの高揚感が文中に湧き上がっていて、
私もアルファベットガールズたちのケーキを食べたり一緒に遊びたいな、と思いながら
楽しい気分で読み進めることができました。

お友達5人組の中でも、ペアのベストフレンズが出来ていたり、
主人公のDaisyをいじめるChloeがいたりと人間関係の縮図があって始まる物語です。
お泊り会を経るたびに、少しづつ、人間関係に変化が出てきます。
面白くて、睡眠不足になりながら読み切った一冊です。^^
chizuruより thanks機能は会員のみ
2011/08/18 By shiranui (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
Daisyは新しい学校で、仲良し四人組の中にいれてもらった。
誕生日にsleepover party(お泊り会?)をしよう!ということになった五人。
しかし主人公Daisyの家には障がいをもった姉がいる。
さらに仲間のうちChloeはDaisyにとても意地悪。
ついにDaisy家でのsleepover partyの番が来る。
はたして、うまくいくの…?

Chloeが最初から最後まで改心しなかったのはさすがというか。
Chloeの言動をたしなめる子がいてもいいと思ったんだけど、ああいったことは日常茶飯事だったりするのかな?
(Marvinシリーズのクラスメートもけっこうひどいことしてたし…)
ラストはこれでよかったのか…?と思いつつ、
実際きれいに解決することは少ないんだからこれが自然なのかも。
thanks機能は会員のみ
2009/04/05 By tabby123 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:14,000)
多読を始めてはじめて泣けて、多読っておもしろいかもって思った一冊です。
5人それぞれのpartyの様子を思い浮かべながら読んでました。

Nick Sharrattの絵がとてもかわいらしくて、話にあってると思います
chizuruより thanks機能は会員のみ
2005/03/24 By Miki (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:14,000)
クロエいじわるすぎ…
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ