多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Life Story
販売元: HMH Books for Young Readers
発売日: 2009-11-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,054円 [定価:¥ 1,083]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 1733位

多読国民のレビュー

全件14 人読んだ11 人読書中0 人興味1 人積読2 人
コメントなしも表示する
2017/03/23 By Alyce bee (評価:4点 / ジャンル:SC / YL:4.3 / 語数:3,313)
こくのある絵を楽しみながら太陽の誕生から現代まで時間旅行する絵本です。現代になると絵の中に作家ご本人も登場するなど、仕掛けもたくさん。ジュラ紀など時代の分類名と両生類など生物の分類名が出てくるので、そこは辞書の助けを借りましたが、英文はリズミカルで易しいです。長く楽しめる絵本です。
thanks機能は会員のみ
2015/08/25 By あづさ (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:7.0 / 語数:3,313)
「生物と無生物のあいだ」の著者である福岡伸一さんが、石井桃子訳のこの絵本に子供の頃夢中になり、生物学者になったと聞き、そんな影響力の大きい本って、どんな絵本か読んでみたくなりました。リーバートンはこの本を書くのに8年もの歳月をかけてリサーチしたそうです。
"And now it is your Life Story and it is you who play the leading role." と最後のページにあります。背筋を伸ばして、生命力あふれる今を続けていかなくっちゃと思いました。 :)
870L
thanks機能は会員のみ
2014/11/03 By ran (評価:4点 / ジャンル:SC / YL:4.0 / 語数:3,313)
絵本にしてはなかなかの力作です。
宇宙の誕生から今に向けた「Life Story」が書かれていますが、ページを捲る毎に工夫がされていて
結構難しいけど感覚的に読める感じでした。

時代が生命の誕生以前から書かれていて壮大すぎますが、最近になるに連れて時間のスパンが短くなるところも良かったです。ただ生命なのでテクノロジーはほぼ一切出てきませんね。

脊柱動物とか恐竜の名前とか、日本語でも読めないであろう単語が豊富ですが、
敢えて覚えなくても感覚で読んでしまえばいいと思います。何回も読めば覚えるかもしれません。
絵本の中では文字数も多く、骨が折れますが多読にもオススメです。
Kenblishより じょにより thanks機能は会員のみ
2014/07/17 By weeny (評価:5点 / ジャンル:SC / YL:4.3 / 語数:3,313)
めぇぇぇぇちゃくちゃイイ!!!

Virginia Lee Burtonの絵本はほんとう〜〜に素敵。

古代の地球の環境や生物を示す用語がめちゃくちゃ難しく、半分以上の内容は予測という。
でもいいんだよな〜〜絵に迫力があるし、細かな書き込み含めてとにかく素敵な世界が広がっている感じ。壮大な地球の歴史を、舞台仕掛けで覗きみるみたいなロマンチックさがあって。

ほんとBurtonの実力は凄いです。そして、絵本にしては少しテイストが不思議。
シビアというか、お伽噺とは違うというか。どこかリアルなところがある。
主人公も家とか機関車とか、トラックなんかで、女性が書いた絵本なのにガーリッシュじゃないし。

図書館にバイオグラフィーがあったので、ちょっと覗いてみようと思います。
あと難しすぎるのでこれは日本語版を読んでみて、シマウマ読みで再読してみたいです。
thanks機能は会員のみ
2011/01/29 By kiko (評価:3点 / ジャンル:SC / YL:4.3 / 語数:3,500)
単語が難しいです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ