多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Invasion (Animorphs)
販売元: Scholastic Paperbacks
発売日: 2011-05-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,013円 [定価:¥ 728]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 185ページ
売り上げランキング: 39971位

多読国民のレビュー

全件38 人読んだ24 人読書中0 人興味14 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/01/01 By ハリセンボン (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:4.8 / 語数:33,612)
動物に変身して何と戦うのかと思ったら・・・・スケールの大きな敵が待ち受けていて・・しばらく楽しめそう。面白かった、先が気になる!
thanks機能は会員のみ
2018/06/25 By tomodad (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:33,205)
面白いです。
終盤の戦闘シーンは、息を呑みます。
あまりに長いシリーズなので、続けるかどうか迷いましたが・・・思わず、ポチってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2017/11/02 By おっさん (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:33,612)
結構普通に面白い。
比較的簡潔で短い文章が多く、ちょっとテンパってる雰囲気など出しつつ、読みやすい。
動物になった時に、その動物の本能が出てくるのですが、これが何やら面白いのと臨場感が有る。
一冊の語数が少ないので、どんどん達成感を出していければいいなと思います。
4巻まで購入しちゃいました。

HMH Reading Counts のデータより
Interest Level: 6-8
Reading Level: 5.1
Lexile Level: 520L
Word Count: 33612

なるほど。内容は小学校高学年向けだけど、読みやすさはもっと低いんですね。
これは多読に向いているんじゃないでしょうか。
大人向けの本は難しすぎるが、幼児向けの本はさすがにのめり込めないという状況打破。
小学生高学年で良いのかというのは、置いといて。
thanks機能は会員のみ
2017/08/23 By アキラ (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.8 / 語数:33,612)
面白い!
他のことが何も手につかない程、夢中で読んだ。

小さい頃読んだジュブナイル小説や、漫画のように
ドキドキしながら読んだ
thanks機能は会員のみ
2017/02/19 By mokux (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.9 / 語数:33,612)
いやあ、痛快なSFエンターテイメントだった。一見、UFOやグロテスクな宇宙人など安易でベタな設定満載だが、主人公達の特殊能力=動物変身ギミックが絶妙なスパイスとなって、作品世界に独特の個性と奥行きを与えてくれている。

そしてアクションよし、迫り来る悪のスリラー要素もよし、かつキャラの描き分けや心理描写なんかもしっかりツボを押さえた堅実な筆力が頼もしく、誰もが楽しめるであろう娯楽性とポピュラリティに溢れる作品に仕上がっている。
thanks機能は会員のみ
2016/02/20 By まめぞう (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.8 / 語数:33,612)
ちょっと背伸びして読んでみました。分からない単語が結構あり苦労しましたが、大まかな話はとても面白かったです(たぶん理解度7割前後)。ラストの戦いのシーンはかなり緊迫感がありました。今の自分にはちょっとレベルが高すぎるようなので、2巻以降はもうちょっと上達してからにします。
thanks機能は会員のみ
2015/07/15 By 通りすがり (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:4.5 / 語数:33,612)
あのタドキストたちに有名なanimorphsシリーズの1巻!
~あらすじ~
主人公たちが良いエイリアンから受け取った力を使って、侵略を企む悪いエイリアン(カエル軍曹ではなく、ホントに悪いエイリアン)と戦う話です。
え!あの人も悪いエイリアン側なの?!とショックを受けつつ、動物に変身する力を使い頑張ります!
でも、動物の本能に人間の理性が引きずられるし、楽しいからって変身したままだと人間に戻れなくなる!
誰が敵で誰が味方かわからないし、先行き不安しかないよ!でも負けない!
thanks機能は会員のみ
2013/02/02 By ikuyam (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:33,205)
Kindleで読みました。知らない単語も結構ありましたが、Kindleの辞書を利用しながらであれば、結構さくさく読めます。宇宙からの侵略ものですが、特殊能力を授かった登場人物たちが動物へ変身する描写や変身した動物の本能の影響を受けてしまうシーンは結構細かくて楽しめます。巻ごとに主人公が変わるので、長く楽しめるかと思います。
thanks機能は会員のみ
2011/09/28 By ごっち (評価:3点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:33,205)
Amazonやブログでえらく高評価だったのと、入手困難だったのがKindleで発売開始になったというのに誘われて購入。
Kindleではまだ#5までしか出てませんが、なんと#54まであるそうな・・・長すぎ(-_-;)

主人公は子供たち。今回はその中のJakeという少年の語り口調で物語が進行します。
なので臨場感があり、ちょっとした場面にハラハラしたりドキドキしたりします。
ストーリーはさくっと言ってしまうと宇宙人との闘い。余計にハラハラドキドキです。
宇宙人の外見を描写した記述がよく出てくるので想像力が必要ですが、
想像できないとイマイチぴんとこないし、かと言って想像できてしまうとグロさにげんなりするかも。
よしあしですね^^;

巻ごとに完結ではないようなので(少なくとも本作のラストは「続き」って感じ)次が気になるんですが、
先を考えると・・・うーーーーーーん。
私は今のところ手を出す気にはならないです(汗
thanks機能は会員のみ
2005/08/24 By roco (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:4.0 / 語数:33,612)
結構面白いです。
ただ、シリーズの冊数が多すぎて、続けるかどうかは考え中。
thanks機能は会員のみ
2004/09/21 By Miki (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:4.0 / 語数:33,205)
Space shipを作れるほどの高度な文明を持つInvaderたちが、なぜかヤマタノオロチ(?)に変身して無敵になるというシュールな設定がツボにはまり、たいへん楽しく読了。
それにしても、こんな終わり方されたら絶対2巻を読まなあかんやん!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ