多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Poppleton in Winter (Growing Reader: Level 3)
著者: Rylant, Cynthia(著) Teague, Mark(イラスト)
販売元: Cartwheel Books
発売日: 2008年10月01日
種別: ペーパーバック
価格: ¥860
在庫: 通常6~10日以内に発送します。
ページ数: 48ページ
Pigs: 233位

多読国民のレビュー

全件18 人読んだ17 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/03/24 By dack-san (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:790)
絵がほのぼの系なので期待していなかったが、みんな個性が強くて面白かった!
thanks機能は会員のみ
2018/01/31 By leap_kazu (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:790)
Growing reader level3だったので、大丈夫かとおもいきや、挿し絵があり内容はまぁまぁわかった。18人も読んでいることにびっくり
thanks機能は会員のみ
2016/08/09 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:790)
Poppleton 冬の巻。つららを楽しんだり、そりに乗りたくなったり、創作意欲が湧いたり。興味が尽きないPoppletonとそのお友達のお話です。Poppletonママも登場します。
thanks機能は会員のみ
2015/10/26 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:790)
いまでいうなら、完全にかまってちゃん体質のpoppletonさん。孤独を愛するくせにひとりだと淋しい。
自分の周りにいれば、こいつめんどくせえ、とうんざりするところだが、そんな彼を受け入れてくれる隣人や友達に囲まれて、またひと冬が過ぎてゆく。
美月より thanks機能は会員のみ
2014/01/20 By new_be (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:790)
ぶたのPoppletonの話。BOOK7。3話収録。
「Icicles」
皆の忠告も聞かず、家の軒下に下がる長いつららをそのままに、どころか日々の成長を楽しんでいた。ところがある日、不注意な小鳥が飛んできて・・・。終わり方が素敵。
「The Bust」
冬になると創作意欲がわいてくる。今年は何を造ろうか?Poppletonは起用だな。Cherry Sueの気持ちがわかる~。
「The Sleigh Ride」
雪深い日、橇に誘うがみんな忙しそう。がっかりしたところにドアベルが鳴る。挿し絵(電話を掛けるごとに出かける服装を整えていく様子)で橇へのワクワク感が伝わる。でも、がっかり。でも・・・!"just before midnight"で、「その日」のうちに・・・という気持ちが伝わる。これも素敵な終わり方。

このシリーズは本当にほのぼの。何冊か読んできたのでPoppletonのキャラクターもわかってきて更に楽しいのかも。なかなか頑固で凝り性、その上寂しがり屋な感じ。そんなPoppletonを分かってくれている友達。優しい気持ちで読み終わる。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/05/07 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.2 / 語数:790)
「Icicles」「The Bust」「The Sleigh Ride」の3つのお話が入ってます。
ほんと友達っていいいね。
寒い冬も吹き飛んでいっちゃいます。
最後のページのPoppletonの笑顔が最高です。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/03/14 By himawari (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.2 / 語数:790)
長~いつららの使い道は?
つらら、育てて?みたいな。
thanks機能は会員のみ
2013/03/10 By flocon (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.1 / 語数:789)
冬っぽいほのぼのとあたたかいお話で、とても気に入った本でした。
雪とかだけでなく、気持ちの感じからも季節感がよく出ていますね。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ