多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Who Was Pablo Picasso? (Who Was?)
著者: Kelley, True(著) Who HQ(著) Kelley, True(イラスト)
販売元: Penguin Workshop
発売日: 2009年10月29日
種別: ペーパーバック
価格: ¥684
在庫: 一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
ページ数: 112ページ
History: 12位
Painting: 16位
Sculpture: 9位
シリーズ:Who Was...?

多読国民のレビュー

全件21 人読んだ20 人読書中0 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/12/10 By burame (評価:4点 / ジャンル:HI / YL:3.0 / 語数:4,803)
まさに天才ってこういう人の事を言うんだな〜。
そしてなんてエネルギーに溢れた人。
これまではトリッキーな絵を描いた芸術家という認識しかなかったけれど、この本を読んで生涯に渡って新しいアートを探求していった人なんだということがわかった。美術館に行ってみたい。
thanks機能は会員のみ
2015/06/08 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.8 / 語数:5,391)
「ゲルニカ」「泣く女」などの作品で知られるスペイン生まれの巨匠、ピカソの生涯の物語。
作品制作の技法の変遷、二度にわたる大戦と転居、生涯幾度もの恋愛と結婚、
画家としては珍しく非常に成功し裕福な生活を送ったことなど、
豊富なイラストとともに紹介している。
意外にも、難しい単語も少ない。全体に、楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2015/04/24 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:7,500)
世界的に有名な芸術家ピカソの伝記です。
ピカソのことは独創的な絵画を描く芸術家というイメージぐらいでしか知りませんでしたが、彼の人生には第一次、第二次世界大戦があり、幾度も恋に落ち、一つの芸術スタイルに落ち着くことなく、常に新しい芸術を生み出し続ける芸術界の第一線で活躍する偉大な芸術家だという印象に変わりました。
それと平和の象徴であるハトは、ピカソがデザインしたポスターが始まりだったんですね。
thanks機能は会員のみ
2014/09/14 By うまと昼寝 (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:7,500)
キュビズムを考案したのが若いころと知ってびっくりしました。ピカソの子供のころの絵を見てみたいです。
thanks機能は会員のみ
2014/09/02 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:7,500)
ピカソ、面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2013/01/30 By jirokanayama@gmail.com (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:7,500)
One of the most important artist!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ