多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Who Was George Washington? (Who Was?)
販売元: Penguin Workshop
発売日: 2009-01-08
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 994円 [定価:¥ 698]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 60600位
シリーズ:Who Was...?

多読国民のレビュー

全件22 人読んだ21 人読書中0 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/06/09 By おっさん (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.5 / 語数:6,875)
アメリカの歴史を垣間見るのに有用です。
リンカーンもそうですが、意外と私にはその偉大さが分かりません。
でも、非常に人気が有るわけです。

英語は比較的素直で読みやすい、多読用に良書だと思いました。
後半は少し単語が分かりにくかったですが、予想しやすいので辞書を引かずに大意がつかめました。
thanks機能は会員のみ
2015/10/21 By Gray Cat (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:2.8 / 語数:6,875)
ジョージ・ワシントンの伝記。
独立戦争を率いた、偉大なる、アメリカの初代大統領というイメージしかなかったが、
読み進めてみると、支配的な母親との葛藤に苦しんだ少年時代、
農場主として農園を運営していた時代、
その後、壮年期になって戦場で指揮官をすることに。
しかも決して華々しい戦歴はなかったが、
部下に敬意をもって接し、部下に篤く信頼される人物だったという。
各章にワシントンの25歳、55歳などの肖像イラストがあり、実感がわいた。
thanks機能は会員のみ
2015/06/25 By ヨツキ (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:6,875)
アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン。

予備知識なく読みましたが、特別な才能や偉業といったものは感じませんでした。
実は「農場での静かな生活を望む、物静かで実直な人物」というイメージの人だったのですね。

そんな彼が当初劣勢だったアメリカを勝利と独立に導き、嫌々ながら初代大統領に就任して国の形をつくってしまったなんて、歴史は面白いと思います。傲慢なワンマン型ではなく、部下を信頼することで誰からも信頼されるリーダー。なかなか素敵です。
thanks機能は会員のみ
2015/04/26 By Yuami (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.1 / 語数:6,875)
今のアメリカの政治体制はこの人が導いたからこそ出来上がったのだなと読んでて感じました。
thanks機能は会員のみ
2015/03/11 By annmi* (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.2 / 語数:6,875)
本当に名前しか知らなかったんだなぁ…と思いました。
実の母との確執や、元は農場主だったこと、実は入れ歯だったこと…当時の戦争や歴史は元より
パーソナルなことも知れて、なかなか興味深かったです。
(インディアンの迫害とか、書くとまずそうなことは書いてないですけどね…)
勉強になりました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/26 By Mr.H (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:6,875)
アメリカの歴史は全くの無知なので勉強になりました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/23 By yasuharu1204 (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:3.2 / 語数:6,875)
ジョージワシントンがいかにアメリカ合衆国を独立に導いたかを知ることができる一冊でした。
thanks機能は会員のみ
2013/02/25 By majiro (評価:3点 / ジャンル:BI / YL:3.0 / 語数:6,875)
The great root president!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ